クラフトフェアまつもと

はじめての松本とYAYOIちゃん展

3年前の一人旅の写真を見返してみたら、旅の空気自体がなんだか懐かしくて、しみじみしてしまったのでアップしてみます。 毎年5月に開かれ、いろいろな作家さんがお店を出される、長野県松本のクラフトフェア。松本は雑貨やさんが多くて、雑貨やら器やらが好きな私は一度訪ねてみたいと思っていました。 通算で8年ほど務めた職場の期限が満了になり、再雇用の応募はしないことに決めて、4月末でフリーに。ちょうど母の納骨もすんだ直後、いろいろなことが終わって、なんだか頼りないくらい自由になった時で

スキ
36

クラフトフェアまつもと2021出展!【追記あり】

【5/12追記】残念ながら2021年のクラフトフェアまつもとは中止となりました。とても楽しみにしていましたが、また安心して開催できるときが来るのを待ちます。また松本でお会いできますように! 毎年楽しみにしているクラフトフェアまつもと。今年もエントリーしておりましたが、選考結果が届き、夫、今年も無事出展できることになりました。 開催詳細はコチラ。 クラフトフェアまつもと 2021年5月29日・30日 あがたの森公園(松本市) <ヨメメモ番外編> 平島家、昨年のクラフト

スキ
2

crafts days は2月16日で一区切り

委託販売のネットショップ crafts days (の)ショップはいよいよ2月16日までです。 大事なことを言い忘れていました。このcrafts daysの企画は、これまで35年間続けてきたクラフトフェアまつもとが昨年中止になったことが大きく関係しています。 クラフトフェアまつもとが中止になったことにより、出展機会を失った作家たちを紹介するとともに購買につながる場所を提供したいというのが目的のひとつです。 そしてもうひとつ。中止にしたことによりクラフトフェアまつもとをこれま

スキ
4

crafts days のショップは2月16日まで

crafts days のnote記事のほとんどには作り手たちのショップへのリンクが記載してあります。ほとんどは恒常的なショップなのですが、そのなかには2月16日までの期間限定のショップが混じっています。 今回の12月に始まったcrafts daysの企画では、普段はなんとなくインターネットを遠くに感じている作り手、手を出したくてもきっかけがなく臆している作り手にも参加してほしくて自分でネットショップを開かなくても販売できる仕組みを作りました。 かなりアナログぽい感じです。作

スキ
3

crafts days ショップと特設ショップ

crafts days に参加の作り手の作品が購入できる iichi のなかのショップの話をします。紛らわしいことに「crafts days ショップ」と「crafts days 特設ショップ」という名前を使い分けています。一つにできればわかりやすかったのですが、今回はきちんと名前を決めるより前に物事が進んでいきました。 crafts days 特設ショップcrafts days 特設ショップは、crafts daysに参加の作り手のショップが集まっています。ここのリンクを

スキ
5

Today's Pick UP

(たぶん)日替わりで crafts days に参加の作り手の作品が表示されるページを作りました。iichi に並ぶ作品の中から10品を選んでいます。特設ショップに参加の作り手は106人、それだけの作品を一度に見るのはひと苦労なこと、見やすい量にしてみたいと思いました。 そしてこの企画で腐心したのは作り手の名前や作品の並び順、はじめにあるれば目につきやすいけれど、特設ショップは106人、note だけに参加の作り手も含めると114人です。最後のほうになると目につきにくくなり

スキ
2

crafts days の参加者

crafts days は、クラフトフェアまつもとを開催する松本クラフト推進協会とハンドメイド、クラフト作品が購入できるネットのマーケットプレース iichi が共同で立ち上げた企画です。 行ったり来たりして楽しんでもらいたい。クラフト、工芸品、ハンドメイド、手づくり、といろいろな言われ方をしますが、個人でだったり少人数で作っている日用品があります。それらのものは程度の差はあれなんらかの形で作り手の個性を映し出しています。その個性の源を直接に問いかけるのではなく、作り手の身

スキ
6
再生

crafts days 作り手の日々と作品

:CRAFTS FAIR MATSUMOTO x iichi ☆ crafts days 2020年12月1日グランドオープン☆ →→ https://note.com/iichi/m/mce0fe0c24b89 2020年36回目のクラフトフェアまつもとの開催が中止となったことから松本クラフト推進協会とiichiは共に「crafts days(クラフトデイズ)」という作り手の制作背景や日々を知り、作品を閲覧・購入できる新たな試みを開始しました。 0:33 crafts days上棟式(オープニングイベント) 1:28 crafts daysについて 2:24 crafts daysの「読みもの」について 4:04 crafts daysを使ってみて 5:10 「crafts day」の役割と「クラフトフェア」の今後 ☆クラフトフェアまつもと http://matsumoto-crafts.com/ ☆iichi https://www.iichi.com/

スキ
4

KJ'sGlass

金魚の一輪挿し お水が入っているようで入っていない、小さな一輪挿しです。 金魚すくいの帰りのイメージで制作しました。 初期のころと制作方法を変えたりと試行錯誤を重ねております。 はじめまして 東京や富山でガラスを学び、現在は千葉県にて制作しております。 犬や猫が大好きです。 ものづくりの相棒 熱いガラスは素手では触れないので、水にぬらした新聞紙で形を整えます。焦げて真っ黒になりますが使い込むと手になじんできます。 私は破れるまで使います。新聞紙は簡単な梱包にも使え

スキ
5

山本たろう

作品 空や海の青が好きで、陶磁器の学校で学んでいた頃にトルコ釉を研究しました。 沖縄の修行時代にシノギ技法を学び、自分なりにアレンジを加えて制作し続けています。日々の暮らしの中のアクセントになれば嬉しいです。 はじめまして 工房は自然に囲まれた京都の山あいにあります。工房の裏は山なので、四季の移ろいを感じながら一人で作陶しています。春には山菜を摘んだり、夏には蛍を観賞しながら暮らしています。 ものづくりの相棒 長年愛用している道具や窯、材料なども大切な相棒ですが…

スキ
13