いがらしみきお

【遠回りのルッキズム】今日の風に吹かれて

【遠回りのルッキズム】今日の風に吹かれて

 たとえば、漫画の『ぼのぼの』で、ヒグマのカシラが「かっこいい悪いをヌキにして生きられると思うか?」と自分自身に向けて問い、「生きられやしねえよ」と余裕なさげに答えるとき、それを否定する言葉をわたしは持ちません*¹。否定できる側に立っているわけではないし、立とうともしていないと書く方が正確になるでしょう。“自分が自分であること”、すなわち履歴や一貫した性格を引きずって生きることを前提にすることで、しっかりと社会に繋がれている気でいます。明文化されている法律と同じように、ルール

76
『羊の木』 元凶悪犯受刑者11名を受け入れた名もない町の戦慄を描く鬼才2人の狂気

『羊の木』 元凶悪犯受刑者11名を受け入れた名もない町の戦慄を描く鬼才2人の狂気

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部) 【レビュアー/堀江貴文】 山上たつひこといえば、『がきデカ』 で、いがらしみきおといえば『ぼのぼの』で超有名なギャグ漫画家だ。 そういえばギャグ漫画家は一世を風靡するギャグ漫画を出し尽くすと精魂尽き果てて、それ以降一線から去ってしまわざるを得なくなるという話を聞いたことがある。確かに長期にわたってギャグを生み出し続けているギャグ漫画家は少ない。 そんなギャグ漫画家の中でも超弩級のヒッ

おはようドグ〜!(´ω`)ドグ子の青春のバイブル『ぼのぼの』は、いがらしみきおさんの代表作ドグ。表紙を見てお気づきになられたかもしれませんが、ぼのぼのの世界にもコ●ナ的なものが現れたんだドグ〜!(*´Д`)真剣に読んでたら面白くて、笑っちゃった。今日も一日、ドグッといこうね〜!

おはようドグ〜!(´ω`)ドグ子の青春のバイブル『ぼのぼの』は、いがらしみきおさんの代表作ドグ。表紙を見てお気づきになられたかもしれませんが、ぼのぼのの世界にもコ●ナ的なものが現れたんだドグ〜!(*´Д`)真剣に読んでたら面白くて、笑っちゃった。今日も一日、ドグッといこうね〜!

65
ぼのぼの人生相談「みんな同じなのでぃす」

ぼのぼの人生相談「みんな同じなのでぃす」

       「介護を経験した人は最強なのでぃす」byシマリスくん 「ぼのぼの」私は去年知りました。 もとは”ぼのぼのくん”こと可愛いラッコの子供が主人公の漫画。 そして、この本はその”ぼのぼの”の世界にいるシマリスくんとぼのぼのくんが私たちの悩みに真剣に答えてくれる本。 この人生相談は最高だ。 相談者を追い詰めることも、導くこともせず、ただ自然体のぼのぼのくん達が”人間たちの悩み”をテーマに雑談を繰り広げて行く。 読んでると、ほっこりし、そして柔らかい気持

1
いがらしみきお『誰でもないところからの眺め』を解釈する

いがらしみきお『誰でもないところからの眺め』を解釈する

いがらしみきおと言えば『ぼのぼの』が有名で、次いで『忍ペンまん丸』だろうか。自分が小学校高学年ぐらいのころに、『ぼのぼの』の10巻を親がいきなり買ってきて、家族一同でハマった。独特のギャグセンスと、ちょくちょく挟まれる哲学的なテーマが好きだった。13巻ぐらいまで家族で共有して読み、自分が一人暮らしになってからは特に氏の作品は読まなくなった。 ただ、一つ気になることがあった。もうどこで読んだのか、まったく思い出せないのだが、以下のような批評を見たことがあったのだ。 いがらし

3
#枡野と短歌以外の話 第1回ゲスト #内田かずひろ 氏@rodacoco トークアーカイブ一時間半!!! 自作エッセイ朗読を含むあとがきトーク一時間以上!(感想もまとめます)

#枡野と短歌以外の話 第1回ゲスト #内田かずひろ 氏@rodacoco トークアーカイブ一時間半!!! 自作エッセイ朗読を含むあとがきトーク一時間以上!(感想もまとめます)

ご静聴ありがとうございました。以下の動画アドレスは内緒にしてください。

17
120作目:ぼのぼの(95年版・いがらしみきお原作)

120作目:ぼのぼの(95年版・いがらしみきお原作)

こんばんは、Umenogummiです。 120日目ですね、4か月! 今日はこちらのマンガ原作のほのぼのとゆる~い、ちょっと哲学的なアニメです。(マンガは読んだことがないので) ぼのぼの(いがらしみきお原作) アザラシのぼのぼのはのんびりしていて、独特な感覚を持つ男の子。アザラシながら二足歩行をしており、いつも森でシマリスくんやアライグマくんと何か楽しいことをして遊んでいます。 ぼのぼのは想像力が豊かで、いつも行き過ぎた想像をしてしまいます。特に有名なしまっちゃうおじさ

2
🐈"儀式の途中"のその後🐱 (いがらしみきお•不幸装置•田舎とニュータウン)

🐈"儀式の途中"のその後🐱 (いがらしみきお•不幸装置•田舎とニュータウン)

2月1日に気づいた儀式的な光景。画伯ちゃんなりの推察と、ファンタジーな空想によって猫の仕業だと決めつけた。 じゃないと、意味がわからなさすぎて不安で眠れなくなるからね。 近くにある公園の中で唯一、そしてその公園の中でもたった一つのベンチにこんなに大量の石たちが存在しているとね... 前回のnote↓↓↓ あの日からこのベンチの横を通り過ぎるたびに、チラッと様子を伺うようになっていた。 一日経っても変わらず、一週間経っても変わらない。 かと思えば1ヶ月経つと、石の量が

38
病室にて #8

病室にて #8

皆さま如何お過ごしですか? どうも、天蒔柊太郎にごさります。 今回の「病室にて」、早速参りましょう。 今朝、朝食後の問診で、体温が37.5度と言われまして。 (朝食は相変わらず未完食) あらまあ、お熱が出てらっしゃる。 昨日の夜、少しばかり、はしゃいでしまったからかしら。 などと、他人事のような感覚にございました。 体調は普段とそれほど変わらないので、午前中の入浴へ。 髪を乾かすため、病室に戻って参りますと、清掃の方がいらっしゃり、床の掃除をば。 その際に「これは…薬で

5