山羊アキミチ

詩/作詞/エッセイ/詩小説/1983年生/石川県/執筆、作品提供、その他お問い合わせや…

山羊アキミチ

詩/作詞/エッセイ/詩小説/1983年生/石川県/執筆、作品提供、その他お問い合わせやご依頼等はTwitterのDMにて受け付けております🐐。Twitter:@ yagimichi83

マガジン

  • エッセイ・コラム・ショートショート等々

    ヘッダー画像は尊敬するナンシー関さんの著書です。

  • 詩・作詞

    詩や歌詞を書いてます。

  • 小説・詩小説

    小説のようなものや短い詩の物語のようなものなどをまとめたお部屋。

  • 短編シナリオ「しんけんやっ!!」

    このシナリオは なないろ所属俳優ユニットしんけんやっ!!をモデルに (勝手に)書かせていただいたフィクションです。

  • 山羊日記

    なんやかんやでエッセイぽい日記です。 日記っぽいエッセイでもあります。 雑記です。思ったことを書いてます。

最近の記事

  • 固定された記事

【朗読】ウグイスが鳴いた日

https://youtu.be/L52Tu4BnZq4?feature=shared 2022年5月、人生ではじめて自身の作品を朗読化していただき世の中に発表したのがこの「ウグイスが鳴いた日」でした。 詩のような短編小説を書いてみたく当時の自分には少し実験的な試みで挑戦でした。 夢を追いかける主人公のモデルは僕自身でもあり縁あって出会った友人でもありました。 この作品はとても不思議な歩みをたどることになります。 きっと作者と読者の見つめる景色、方向が重なったり交わったり弾

    • 【コラムエッセイ】儚い夏

      また還暦前の若い俳優さんが亡くなった。 急性心不全。突然のお別れであった。 その俳優さんの名前をYahooニュースで目にしても正直お顔が浮かんでこなかったのですぐに検索してお写真を拝見。 あ!あの映画の人だ! 紐がするするすると記憶のいくつもの穴に吸い込まれていく。 「運命じゃない人」という映画では主演をされていて確かに僕はこの作品を観ていた。いい意味で派手じゃなく、といっても地味でもない不思議な存在感を放つ俳優さんだった。 ここまで言及しておきながら、あえてその方の名前は書

      • 【作詞】ひとでなし

        今じゃ考えられないと 今ではよく耳にするけど そんなひとでなし 昔でも考えられなかったと 蓋をされた命たちがいたはずだ 妙に馴れ馴れしくて 程よく着崩したフォーマル そんなひとでなし 明日になれば何もかも忘れてる あのこの顔も呼んだ名前も 頬杖つく時は決まって左手 薬指のプラチナこれ見よがしに そんなひとでなし 寄せ付けたくないのは虫 それでも蓼食うもの好き誘ってる 証言は又聞き重ね薄まる一方 すべては他人事に成り果てる そんなひとでなし 信じられない過ちを繰り返す 命

        • 【詩小説】七日の耳鳴り

          日本酒の一升瓶を咥え 頬が膨らむまで含み 長い列に並んだ人たちの掌に 勢いよく噴射する男 赤い顔 眉間に尖ったいぼ 受付と書かれた名札を 首からぶらさげている やっと私の順番だ 全身傷だらけで沁みはしないかと 恐る恐る掌を差し出した 他人事みたいに痛みもない 血や土で汚れていた腕も 洗い流されていた 青白い背中は もう見当たらない 果てしない荒野が広がる 空を見上げた 御影石を 綿菓子にすると あんな雲になるのだろうか 微かな青さえ 砂粒ほども見当たらない きっとこの世

        • 固定された記事

        【朗読】ウグイスが鳴いた日

        マガジン

        • エッセイ・コラム・ショートショート等々
          140本
        • 詩・作詞
          40本
        • 小説・詩小説
          18本
        • 短編シナリオ「しんけんやっ!!」
          7本
        • 山羊日記
          58本
        • 朗読
          2本

        記事

          【作詞】あなたを信じてる

          気が済むまで荒んだあとは おもいきり愛をそそぎましょう 健気に咲いた花だから あなたは誰より美しい 何も持たないわたしでも この身を盾に守ります 声をつぶさないで 心を水に沈めないで どんなあなたも わたしは信じてる 眠りに落ちるまで悩んだあとは おもいきり泣きぬれましょう 健気に咲いた花だから あなたは誰より美しい 何も知らないわたしでも 持てるすべてを捧げます 誇りを捨てないで たやすく明日を託さないで どんなあなたも わたしは信じてる 煙の在処も探さないのに 理由を

          【作詞】あなたを信じてる

          【コラム】仲間由紀恵のトリック

          僕の中で仲間由紀恵は「TRICK」の山田奈緒子で止まっている。 熱烈で熱狂的なファンというわけではないが少しだけ歳上のきれいな女性として仲間由紀恵は常にテレビの向こうにいてくれた。 はじめに書いたが僕の仲間由紀恵像はあの独特でどこか一筋縄ではいかない堤幸彦ワールド全開のドラマ「TRICK」の主人公、山田奈緒子なのだ。 あまりにも強烈なキャラクターであった。垢抜けない地味で芋っぽいセーターやカーディガンにこたつのようなロングスカートを身にまとい風呂なしぼろアパートでさえないマジ

          【コラム】仲間由紀恵のトリック

          MROラジオ「松本俊明の夕暮れノクターン」24年5月8日放送回

          石川県の歴史あるラジオ放送局MROラジオで今年4月からはじまった新番組「松本俊明の夕暮れノクターン」。 毎週水曜の18時30分から45分の15分間の番組である。 パーソナリティーは世界的に活躍されている作曲家でピアニストの石川県観光大使でもある松本俊明さん。そして一緒に番組を支えてくれているのがMROアナウンサーの石橋弘崇さんである。 ロンドンや東京での出来事や思い出、音楽制作やもちろん石川県のエピソードも織り混ぜながら多彩なトークで楽しませてくれる。なんといっても松本さんの

          MROラジオ「松本俊明の夕暮れノクターン」24年5月8日放送回

          【詩小説】水の奥

          ひとりの男性俳優が亡くなったとネットニュースが訃報を告げた。 死因は脳出血(脳卒中の一種)。突然死だった。 その俳優はまだ還暦前で僕の思春期にいわゆるゴールデンの時間帯で主役を演じていた。 先輩俳優からは「まだ若すぎる」「順番が逆だ」とやりきれない声が続々と寄せられた。 僕はその俳優の名前を検索してSNSのアカウントを見つけた。数日前に笑顔で仕事への意気込みを綴った更新が最後になったことを知った。 本人にしか思い当たらない誰にも言っていないちょっとした体の不調があったのかはわ

          【詩小説】水の奥

          【詩】生き直し

          朝日が昇る ゆっくりと 変わらずに 街の輪郭が くっきりと 浮かんでく まだ昨日から抜け出せず まだ昨日すらひきずったまま 起きなきゃ 今日に乗り遅れぬよう なのに時が止まる 生まれ変われるなら 生まれ変わりたい 今 でも 生まれ変われないから わたしは生き直す 生き直すことならできるでしょう 月が顔を出す ゆらりと 変わらずに 街の瞼が ぼんやりと 霞んでく まだ今日の真ん中で まだ今夜に追いつけないで 眠らなきゃ 明日に嫌われぬよう なのに時が止まる 生まれ変われるなら

          【詩】生き直し

          【詩】異国人

          オーストラリアのトニーはどうしてメリーポピンズを例えに出して笑っていたのだろう 何を言っているのかなんとなくわかるのにどうしても言葉で答えられない 大きなスナック菓子の自動販売機がペプシブルーにてかっていた校舎の隅に 白塗りの道化師に扮した女子たちにいつの間にか囲まれて僕はとりあえず笑った 脂身のないステーキ肉が病みつきになるほど美味しくて生まれてはじめて3枚食べた 冬の空と雲と絵になる金髪の少年の膝まで浸かった海の水 僕はカメラのシャッターを押した 好きな硬貨をあげるよとた

          【詩】異国人

          【作詞】君がいる

          畳で眠る16の君がいる 腹をわずかに収縮させ 呼吸を確かめる夜 何年か前より少し小さくなって 今 君は生きている 僕の目の前に君がいる 君が生きている今 この気持ちを残しておきたくて いなくなってしまったら もう二度とこの気持ちは残せないから 僕が後悔から学んだことは これまでそれは失ってから残したこと 悲しみは深く ただ一色で 無理に明るく強がった 空回りのことばが並んでいた 失ってからではもう二度と この目の前の命を 嘘偽りなく残せないことを やっとわかったから 僕

          【作詞】君がいる

          【エッセイ】情熱の疑問

          僕はこどものころよく親に「ねぇ、なんで?」と疑問に思ったことはとにかく尋ねてばかりいた。 なぜ空は青いのか。なぜこどもが生まれるのか。 とるにたらないことから答えに困ることまでなんでも「なぜ?なに?」と質問ばかりしていた。 親からすればとても面倒臭いこどもだったろう。 三つ子の魂百まで。 その名残りをひきずって今も生きていることは自覚している。 ただ人に聞かなくなっただけで常に悶々と自分の中で「なぜ?」は巡っている。 そんな大層な事ではないのだ。 最近25歳の若者と話す機会

          【エッセイ】情熱の疑問

          【詞】ふたたび

          今はわからなくていい ただ聞いてくれるだけでいい そして忘れるくらい時間が過ぎて ふたたび思い出して そのときなにを感じるか 考えて理解して動いて 自信はないけれど 伝えておきたい 眠る前 いつものように 反省するかもしれない それでも生まれた素直な思いを ことばで託したい 今はわからなくていい わかるものではないから 自信はないけれど 伝えておきたい このことばがあなたの中に 埋められて 待ち続けて 掘り起こされて ねえ? どんな意味をもつだろう 希望を託したあの

          【詞】ふたたび

          【作詞】青い華

          青い華 黙って咲いた 弱くてごめんなさい わたし ぽつりつぶやいた 冷たい雨の中 すれ違うと会話が一瞬止まるの わたしの歩き方そんなに可哀想? 気まずくてね 堪らなくてね なるべく裏道選ぶんだ 遠くでこどもの遊ぶ声がしたり たまたま風の通り道だったり 本当 わたし しあわせ 青い華 頭を下げた 馬鹿でごめんなさい わたし以外気づかれず 静かに風に揺れ あんなに美味しそうに飲むじゃない わたし一滴も受けつけないから 味気ないでしょ つまらないでしょ せめて酒のあては一緒に

          【作詞】青い華

          【エッセイ】おっさんだった

          最近一人称を「僕」で統一していたが今回は「私」に戻して書いてみようと思う。 今回の内容からすると「私」の方が空気感に馴染むと考えたからである。 私は今までことあるごとに「松潤と同い年だからまだ若い」とか「ニノ(二宮)とも同じだし、なんなら櫻井翔より年下なんだからまだまだ全然若い」などと己を鼓舞するように、思い込ませるように、呪文のように言い聞かせて安心してきた。なぜ嵐しばりなのかはチャリを漕いでMDウォークマンを聴きながら登校していた高校生のころを引きずっているからなのだと

          【エッセイ】おっさんだった

          【作詞】ひとりじゃない

          寂しいですか あなたは今 わたしも同じ気持ちでいます 見えていますか 同じ月 わたしは足を止め見上げてます 毎日汚れた音や言葉が胸を傷めます そのたび耳を塞いで世界遮ります 今 静かにイヤホンを外します 弾けて散った星の花火 流すなら 輝く涙を 溢れるままに 解き放ち  ともに 空に還しましょう 届きましたか あなたへの手紙 何を書いたか覚えてません 伝わりますか この想い わたしはずっと大好きでした 天を巡る河に時間があるのなら 愛の火も永遠に消えず漂っている ま

          【作詞】ひとりじゃない