若手職人の絶望日記

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きていこうとする、希望にあふれた職人の生きざまをご覧あれ。僕はアウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動しています。https://erakko.jp/

若手職人の絶望日記

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きていこうとする、希望にあふれた職人の生きざまをご覧あれ。僕はアウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動しています。https://erakko.jp/

    マガジン

    • 職を捨てて旅へ出よ

      旅の孤独な時間も愛するようになった先に待っていたものとは。 erakkoのコンセプトをじっくり掘り下げていきます。 少しでもみなさまのこれからの人生の過ごし方の参考になると幸いです。

    • 移住の記録

      【漆工房は今まで通り京都市山科区に。木工房を南丹市八木町に移す二拠点移住の記録】

    • 嗚呼、職人の絶望日記

      京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。 父は職人歴50年のガンコ者。 絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きていこうとする、希望にあふれた職人の生きざまをご覧あれ。 アウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ日記など。

    記事一覧

    気まぐれ自転車旅行 その6

    気まぐれ自転車旅行 4日目 四国を一周する予定が、突然の気まぐれで北海道に行きたくなって出発3日目の23時に京都に帰ってきた。 朝5時半の目覚ましで起床して暖かい服…

    気まぐれ自転車旅行 その5

    気まぐれ自転車旅行 3日目 小豆島から高松へとフェリーで渡り四国へ上陸したものの、猛烈に北海道に行きたくなった。 港から少し走ったマクドナルドでビッグマックセッ…

    気まぐれ自転車旅行 その4

    気まぐれ自転車旅行 3日目 広島のしまなみ海道から四国に渡る予定が、温泉に入るためだけに岡山からフェリーで小豆島へと渡ってきた。 前夜は念願の温泉につかり、誰も…

    気まぐれ自転車旅行 その3

    気まぐれ自転車旅行 2日目 岡山県の日生で小豆島行きフェリーの乗船チケットを買った。 すべては一日走った汗を温泉で気持ちよく流すためである。 16時20分の出港まで1時…

    気まぐれ自転車旅行 その2

    気まぐれ自転車旅行 2日目 暑い。秋も深まり始めて涼しくなる季節のはずが、とにかく暑い。 日中は自転車を漕いでいると汗まみれになるし、野宿をした昨晩はテントの中…

    気まぐれ自転車旅行

    気まぐれ自転車旅行 1日目 2週間の休暇で、久々にフル装備自転車での旅行。 京都を出発してちょっくら四国まで。 京都から広島の尾道まで行き、しまなみ海道を渡ってか…

    漆塗り職人、保育士になる。

    かねてより目指していた保育士資格取得の試験に合格した。 職人×保育士の組み合わせを極めたら、次は上級職としてパラディンとかゴッドハンドとかになれるかしらん。 …

    漆塗り職人、保育士を目指す その9

    保育士資格取得のための二次試験。 その言語表現試験の待機中に話しかけた清楚な女性はなんと、12歳も年下のハタチくらいだった。 試験前という事もあり、緊張の中での会…

    漆塗り職人、保育士を目指す その8

    いよいよ保育士資格取得のための二次試験(実技)の日がやってきた。 朝8時半に試験会場となる京都の某女子大学にて当日の流れの説明を受ける。 配られたスケジュール表…

    漆塗り職人、保育士を目指す その7

    一次試験である筆記の結果通知が届いた。 「実技試験受験票」と表に記載されていたので、中を開くよりも先に一次を通過していた事がわかった。 事前に選択していた「言語…

    イトコのお菓子屋さん

    島根県出雲市の親戚のお菓子屋さんがホームページをリニューアルされました。 見てね❤️ 7年前。 自転車で日本一周してた時に、冬の3ヶ月間居候させていただいてました。…

    縁側の屋根を改修す

    我が小屋をある人はこう言った。 「戦後のバラック小屋みたいだね。」 慣れると自分ではまったく気にならなくなるどころか、わずかばかりでも手直しをすると、良くなった…

    畑の喫茶スペース

    工房移転予定の田舎物件には畑がついている。 もう2ヶ月も前の話になるが、その畑の一角を兄が「キャンプ場にする」と言い出して掘り返された旨を書き記した。 その結果、…

    漆塗り職人、保育士をめざす その5

    4月末に保育士試験の1次が終わり、自己採点では合格ラインを越えていたので2次試験まで一休み。 そして私は4月の新年度から、それまで勤務していた2〜3歳児の保育補助には…

    漆塗り職人、保育士を目指す その4

    保育士試験の当日は雨だった。 キラキラした笑顔で「ちばたちぇんちぇー!」と言ってくれる子ども達に胸を張って会うためにも頑張らねばなるまい。 試験対策については、…

    漆塗り職人、保育士を目指す その3

    きちんと保育士資格を取り、気持ち的にもしっかりと「ちばたちぇんちぇー(しばたせんせい)」になろうと思ったのが、保育士試験の2週間前であった。 9科目ある筆記試験の…

    気まぐれ自転車旅行 その6

    気まぐれ自転車旅行 その6

    気まぐれ自転車旅行 4日目

    四国を一周する予定が、突然の気まぐれで北海道に行きたくなって出発3日目の23時に京都に帰ってきた。

    朝5時半の目覚ましで起床して暖かい服装を自転車の荷物に加えて再び出発。
    つい3日前にも走った亀岡方面の峠を再び越える。

    120km走って暗くなる頃に舞鶴港に到着。
    久々の自転車旅行に加えて連日120kmを超える距離を走っていたので、23時の乗船開始までにたまらずベン

    もっとみる
    気まぐれ自転車旅行 その5

    気まぐれ自転車旅行 その5

    気まぐれ自転車旅行 3日目

    小豆島から高松へとフェリーで渡り四国へ上陸したものの、猛烈に北海道に行きたくなった。

    港から少し走ったマクドナルドでビッグマックセットを食べながら、一日も早く北海道行きフェリーが出る京都舞鶴港へ行く方法を調べる。

    すると、ついさっき出てきた高松港から、14時00分発ー18時45分着の神戸行きフェリーがあるではないか。

    そして、神戸港から舞鶴港までは最短ルートで1

    もっとみる
    気まぐれ自転車旅行 その4

    気まぐれ自転車旅行 その4

    気まぐれ自転車旅行 3日目

    広島のしまなみ海道から四国に渡る予定が、温泉に入るためだけに岡山からフェリーで小豆島へと渡ってきた。

    前夜は念願の温泉につかり、誰もいないキャンプ場に泊まった。

    この日は島の反対側にある港から再びフェリーに乗って高松へと渡る事に。
    11時に池田港を出発するフェリーに乗船する。

    もう一時間後には久々の四国である。
    時計回りの短めルートではなくて、高知県を通るガッツ

    もっとみる
    気まぐれ自転車旅行 その3

    気まぐれ自転車旅行 その3

    気まぐれ自転車旅行 2日目

    岡山県の日生で小豆島行きフェリーの乗船チケットを買った。
    すべては一日走った汗を温泉で気持ちよく流すためである。

    16時20分の出港まで1時間半近くあったので、待合所のベンチに腰掛けて持参した文庫本を開いていた時だった。

    都会的なオーラを放つ真っ赤な口紅に、緑色のショートヘアを後ろへかきあげた若い女性が入ってきた。

    顔立ちでいうと、若手女優の永野芽郁さんに似てい

    もっとみる
    気まぐれ自転車旅行 その2

    気まぐれ自転車旅行 その2

    気まぐれ自転車旅行 2日目

    暑い。秋も深まり始めて涼しくなる季節のはずが、とにかく暑い。

    日中は自転車を漕いでいると汗まみれになるし、野宿をした昨晩はテントの中が蒸し暑くて深夜まで寝付かれなかった。
    どうやら今年の10月は例年に比べて高温になるらしい。

    そして2日目も暑い。
    のんびり行きたい所ではあるが、四国に入るまではキャンプ場も野宿する場所も少ないのである。

    そして温泉も少ない。
    その

    もっとみる
    気まぐれ自転車旅行

    気まぐれ自転車旅行

    気まぐれ自転車旅行 1日目

    2週間の休暇で、久々にフル装備自転車での旅行。
    京都を出発してちょっくら四国まで。

    京都から広島の尾道まで行き、しまなみ海道を渡ってからのルートで迷う。

    四国を時計周りに走って、徳島からフェリーで和歌山に渡る、距離も短めのんびりコース。
    しかし、瀬戸内側は割と都会が多いので自転車旅としては少し物足りない。

    もう一つは、しまなみ海道を渡ってから反時計回りに走って高

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士になる。

    漆塗り職人、保育士になる。

    かねてより目指していた保育士資格取得の試験に合格した。

    職人×保育士の組み合わせを極めたら、次は上級職としてパラディンとかゴッドハンドとかになれるかしらん。

    漆塗り職人、保育士を目指す その9

    漆塗り職人、保育士を目指す その9

    保育士資格取得のための二次試験。

    その言語表現試験の待機中に話しかけた清楚な女性はなんと、12歳も年下のハタチくらいだった。

    試験前という事もあり、緊張の中での会話ではあるのだが、とっても相性がいいぞという空気が濃厚に漂っていてトキメク。

    これが噂に聞く「吊り橋効果」というやつだろうか。
    私も緊張しているが、隣の彼女はもっと緊張しているようで、ため息がふるえていた。
    一方の私はトキメキにふる

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士を目指す その8

    漆塗り職人、保育士を目指す その8

    いよいよ保育士資格取得のための二次試験(実技)の日がやってきた。

    朝8時半に試験会場となる京都の某女子大学にて当日の流れの説明を受ける。

    配られたスケジュール表によると私は、9時半頃に言語表現の試験開始予定となっていた。
    その後、11時頃から音楽表現の試験を受ければ自由解散である。

    9時半からの言語表現試験は、絵本を使わず身振り手振りで3分間の童話を読み聞かせるものだ。

    待機室で試験官に名

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士を目指す その7

    漆塗り職人、保育士を目指す その7

    一次試験である筆記の結果通知が届いた。

    「実技試験受験票」と表に記載されていたので、中を開くよりも先に一次を通過していた事がわかった。

    事前に選択していた「言語表現」と「音楽表現」の2つの実技試験を通過すれば保育士資格が得られる。

    言語表現は3分間で童話を話すというもので、音楽表現は課題曲2曲を弾き歌いするというものである。

    「試験は1ヶ月先やし、まだまだ余裕。」と思っていたら、あれよあれ

    もっとみる
    イトコのお菓子屋さん

    イトコのお菓子屋さん

    島根県出雲市の親戚のお菓子屋さんがホームページをリニューアルされました。
    見てね❤️

    7年前。
    自転車で日本一周してた時に、冬の3ヶ月間居候させていただいてました。

    創業当初は和菓子屋さんでしたが、今は洋菓子も作られています。
    シュークリームやケーキ類が大好きです😘

    縁側の屋根を改修す

    縁側の屋根を改修す

    我が小屋をある人はこう言った。
    「戦後のバラック小屋みたいだね。」

    慣れると自分ではまったく気にならなくなるどころか、わずかばかりでも手直しをすると、良くなった部分ばかりに目がいってホレボレするという状態になる。

    しかし、わが小屋をバラック小屋たらしめている要素は改善されてしかるべきである。

    まずは縁側の庇(ひさし)部分から取りかかろうか。

    トタン波板の屋根は錆びているし、その裏側に貼って

    もっとみる
    畑の喫茶スペース

    畑の喫茶スペース

    工房移転予定の田舎物件には畑がついている。
    もう2ヶ月も前の話になるが、その畑の一角を兄が「キャンプ場にする」と言い出して掘り返された旨を書き記した。

    その結果、悲惨な沼地が生み出されてしまい、どうにも修復不能な状態になってしまったのである。
    なので、いっそのことレンガ敷きのスペースを作る事にした。

    椅子とテーブルを置き、日除けにタープを張れば、緑に囲まれたティースペースが出来上がるという寸法

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士をめざす その5

    漆塗り職人、保育士をめざす その5

    4月末に保育士試験の1次が終わり、自己採点では合格ラインを越えていたので2次試験まで一休み。

    そして私は4月の新年度から、それまで勤務していた2〜3歳児の保育補助には入っていない。
    今はホームページの運営管理や、外部発信などの取り組みに向けて職員室でパソコンのキーボードをカタカタする日々である。

    友人から保育の仕事に誘われたのも、ホームページ制作が出来る事が大きな理由の一つであったのだ。

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士を目指す その4

    漆塗り職人、保育士を目指す その4

    保育士試験の当日は雨だった。
    キラキラした笑顔で「ちばたちぇんちぇー!」と言ってくれる子ども達に胸を張って会うためにも頑張らねばなるまい。

    試験対策については、保育の仕事に誘ってくれた友人も問題丸暗記力について太鼓判を押してくれていたが、

    「暗記を過信して問題をよく読まず早合点して誤った解答をしないか心配、、、」

    と言っていた。

    的確な指摘であると私は舌を巻いた。
    さすが我が友人である。

    もっとみる
    漆塗り職人、保育士を目指す その3

    漆塗り職人、保育士を目指す その3

    きちんと保育士資格を取り、気持ち的にもしっかりと「ちばたちぇんちぇー(しばたせんせい)」になろうと思ったのが、保育士試験の2週間前であった。

    9科目ある筆記試験のうちの7科目は前回の受験で合格しているので、残すは「保育の心理学」と「子ども家庭福祉」という2科目である。

    その日から、あらゆる仕事を放棄して出来る限り試験勉強に時間を費やした。

    そしてようやく、手持ちのテキストの内容の薄さに気がつ

    もっとみる