若手職人の絶望日記

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きていこうとする、希望にあふれた職人の生きざまをご覧あれ。僕はアウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動しています。https://erakko.jp/
固定された記事

エッセイ第二弾

おひさしぶりーふです。 旅と手仕事にフォーカスしたウェブマガジン、「tabitote」さまで連載中のエッセイの第二弾が公開されました。 ぜひご覧ください! https://tabi

通りすがりのカズキ君

先週の日曜、東京からカズキ君が遊びに来て一緒にお昼ご飯を食べた。 5年半ぶりの再会であった。 彼と知り合ったのは6年前の6月。 夕方頃に北海道の夕張を走っていると、…

北海道延長 その3

北海道滞在の8日目の夕方。 後からやってきた友人のMを新千歳空港で見送り、またしても1人で北海道に残った。 その日は3連休の最終日だったので、ただ飛行機のチケット…

北海道延長 その2

空港で2泊3日をともにした3人を見送り、3日後にやってくる友人Mを待つべく北海道に1人残留した私。 その日はネットカフェで1泊し、翌日からの2日間はまた宿に戻ることに…

そして北海道延長へ

ジャガイモが餅へと変わるにはもう少し時間がかかる。 私はイモを送ってからもしばらく北海道に滞在していたのだ。 4人で2泊3日を過ごした「真冬の北海道で薪ストーブを…

そしてジャガイモ餅へ その2

スプレーボトルを直してやったことでバナが私を尊敬してやまなくなってからというもの、1〜2年に1回くらいのペースで会う機会があった。 そしていつしか尊敬しているはず…