+2

❨93❩1971.12.3 金 晴(夕方雨) 呑米ただ今グアテマラ

昼前、10ドル銀行でチェンジする。 山・草原の景色がジャングルに変わり、多少国が変わったという気がする。 あちこちにポリスが沢山ある点、メキシコと違う。 やはり、ここも、俺をめずらしそうな顔で眺める。 こっちがむしろおかしい。 今日は、待望のパイナップルの生が食えた。 とりたてのホヤホヤを、一つ丸々かじって食べた。 うまいこと。 グアテマラ・シティーは行かない事にした。 どうせ金を使うだけで、大した事ないだろう。 もう12月だ。 あちこちでクリスマスの用意が見られ

スキ
3
+3

自転車で長旅に出るときに必要なもの

京都→茨城間691kmをマウンテンバイクで走ってみた結果、準備したもの、必要だったもの、必要になったものをまとめたい。装備自体はその人のスタンスにもよると思うが、旅に出る人の参考になればハッピー。 めんどくさい人用まとめ --------------------------------------------------------------------------------- 絶対いる 服・ライト・モバイルバッテリーかそれに準ずる物・雨具・ スマホ・手袋・お尻パッド

スキ
1
+36

【自転車旅】パリからフォンテーヌブロー②

   11月初め、パリからフォンテーヌブローまで約70キロの自転車旅。 第1話はこちら↓  【パリからフォンテーヌブローまで】 【マックで朝食を済ませ出発】 11月初めのフランスは思ったより寒く、自転車で走っているとどんどん寒くなりたまらずにマクドナルドへ。暖まりながらマックで朝食を食べていたら、少しずつ日もでてきたので出発。  外に出るととても暖かくて、私達を苦しめていた寒さは何処かへ消えた。寒くないだけでとても元気が出て、次の冒険に向けてウキウキしてくる。  パ

スキ
3
+2

❨91❩1971.12.1 水 晴(時々雨) メキシコ最後の日

昨晩の蚊のひどかった事。 ロバと馬とニワトリと蚊に悩まされながら、やっと夜明けをむかえた。 ホッとした。 1時間か2時間置きに、目を覚ました。 よっぽど夜走ろうかと考えた。 しかし、危ない目に合うよりはマシだと思い、とどまった。 明るくなって、無事夜を越えた喜びを味わう日が、もう何日あったことか。 そして、これからも続いてゆく・・・・・ サッパリしない朝だったが、今朝は農家のセニョーラに、ミルクと妙な食物をもらって食った。 朝飯代が助かった。 この辺は、いくつも美れ

スキ
3
+11

自転車に乗って旅する韓国~釜山への旅3日目

釜山へ向かう旅3日目。いよいよ最終日です! と思ったら、2日間のライディングですっかり疲れが溜まってしまい、早朝に起きることができず・・・😅 出遅れてしまいましたが、今日は最終日。天候もサイコーだし、頑張って力を絞っていきます! まずは山を越えなければいけません。そして牛浦沼地の区間も。 ススキが風で揺れる音を聞きながら何時間も走ると・・・ 目的地の釜山に到着。 韓国第2の都市でありながら、広大な自然も共存している釜山。 港町のイメージが強いと思いますが、実は多くの山

スキ
2
+1

❨90❩1971.11.30 火 晴 グアテマラに向かって

暑い日だった。 朝、ガススタンドでシャワーを浴び、自転車を掃除して、サッパリして出たまではいいが、うだるような暑さ。 あちこちで休みながら、兎も角も100km以上走った。 薄暗くなった頃、百姓の家の前の木 かげにダウン。 親切なおばさんで、ミルクを飲ませてくれた。 今日、気分悪かったのは、途中の小さなレストランで、卵焼きとコーラ、ミルクを食べ、10ペソも取られたこと。 Arriage〜100km以上 @OpenStreetMap Andy Allen

スキ
3

私のプチ自転車旅

今日、久しぶりに自転車に乗った。 行き先は自転車で15分弱の文房具店。ストックが無くなった消しゴムを買うという目的はあるものの、あってないようなものだった。 冷たい風が吹く中、車庫の奥底に追いやられていた自転車を引きずり出し、タイヤに空気があるか確かめてみる。案の定空気はなくて、前後輪のタイヤに空気を入れるところからスタート。 空気入れの口金をタイヤのバルブに取り付けようと屈んだ所で、ある違和感に気付く。 あれ? こんなにタイヤの縁って褐色だったっけ? 真相は分から

スキ
9
+4

【南米 自転車放浪記】№1なぜ私は有名国立大学を中退したのか?

こんにちは。長野県茅野市の工務店エルハウスです。 エルハウスには、20代の頃、自転車でアフリカや南米を旅してしたメンバーがいます。このメンバーが、自転車で南米を放浪していた頃のお話をご紹介していきます。 アルゼンチンのブエノスアイレスから世界で一番南の町ウシュアイアまで。 南の方のエリアをパタゴニア地域と呼びます。 自然が美しく、暴風の吹き荒れる、半砂漠です。 アウトドアブランドのパタゴニアの名前はこのパタゴニアから来ています。 すみません、地図の赤線は適当です。 もちろ

スキ
12
+2

❨88❩1971.11.28 日 晴 ニルテペク到着(Niltepec)

今朝は、店のばあさんに追い立てられる様に店を出た。 ちょっと気分悪かったぜ! ここからの道はまっ平ら、楽々コースだ。 こういったコースへ入ると、つい休む回数が減り、疲れが重なる。 今日は何km走っただろう。 午前中90km位走ったと思う。 午後50km,合計約140km走ったと思う。 Niltepecにダウン。 公園の横で飯を食ったが、なんと!40、50人のガキが、俺を見物するため集まって来た。 その中で夕食を食わなければならなくて、マイッタ、マイッタ! あまりうまい

スキ
3
+11

いつかどこかの旅先で

昨年の夏、旅行した時の事を書こうと思う。なぜ今書こうと思ったかというと、今年は旅行せずに終わりそうで気が狂いそうだからだ。 一口に旅といってもそれぞれ旅行観はあるものだ。つまるところ旅行に何を求めているか。それは優雅な休息であったり、非日常の刺激であったりする。絶景や秘湯を求める人もいれば、美食を求めて地方の名店に訪れる人もいるだろう。 例えば三宅日向女史は「引き返せるうちは旅ではない。引き返せなくなった時に、初めてそれは旅になるのだ 」という言葉を残している。今いるこの

スキ
4