CHRO

CEO(Chief Ebisu Officer?)

経営者の肩書を見ると
代表取締役社長兼CEOと
名乗られている方もいる。
代表取締役社長とCEOって何が違うの〜?
という質問があったので簡単にご説明を。
まず「代表取締役社長」とあるが
実はコレも分けなければいけない。
代表取締役/社長に分けられる。
「代表取締役」は会社法という法律上で
規定されたものだ。
「社長」は社内で規定されたものである。
取締役が会社の方針を決める。
社長は職責上のトッ

もっとみる
偏執狂的批判的感謝を申し上げます!
8

MISSION言語化のススメ

「MISSIONの言語化」がなぜ大事なのかについて、note書くよ!
とお伝えしていたので、有言実行してみようと思います。笑

あなたの(仕事の)MISSIONは何ですか?
明確に答えれる人は少ないのではないでしょうか。

そもそも日本人は、「言葉にする」事が得意でない気がしています。
日本には、”それとなく察する”という日本人特有のコミュニケーションがあります。
一方、欧米などは、言葉ではっきり

もっとみる

キミは何のために「学ぶ」か

こんにちは。
hachidori人事責任者の「さとか」です。
この3連休皆さんは何をして過ごされましたか?

超インドアな私は、普段、休みといえば、「家で死んだように眠る」事をルーティンとしておりましたが、今年の私は一味違うぞ!ということで、この3連休は「良質な学び」の時間を過ごすことが出来ました。
というのも、今年の個人的な目標は、

LEAD THE SELF
~自らを律し、真の「戦略人事/H

もっとみる

人事がコミットすべきは、「採用決定」ではなく「入社後の定着と活躍」だよ、という当たり前のお話

こんにちは。
hachidori人事責任者の「さとか」です。

今日は人事の仕事の中でもかなり大きなウェイトを占める「採用」についてのお話。

よくありがちなのが、採用担当者は、「採用決定」で満足してしまって、そこで息切れてしまうという状況。
ちゃんと現場から求められた「採用数」にはコミットしたし、あとは現場でよろしくお願いします。
が、しばらくたって、ふと気づいたら、せっかく採用した人材が定着・

もっとみる

キャリアは偶然の出会いから(前半)

普段は、キャリアを支援する側ですが、最近過去の自分を振り返る機会が多かったので、今までの変遷を纏めてみました。私の場合は、色々な人との縁で新たな機会に恵まれてたキャリアです。現代表のAllPersonal創業する前までの、自分のキャリアの変遷を綴りたいと思います。今日は前半です。

キャリアのスタートは、上京後、アルバイトを掛け持ちし過ごしていた20歳のある日、リクルート社員の方々と偶然に出来た縁

もっとみる

今注目の「非定型業務マネジメント」とは?

上司からの無理難題、他部署からの催促や要求、部下からの悩み相談……すべて集中するのがミドルマネジメント層だ。一方で、今やマネジャー職は、全ての時間をマネジメントのみに費やす人は少なく、組織統括の責任も負いながら、自身のプレイング業務に忙殺されてしまう場合も多いだろう。

ミドルはまさに組織の要であり、次のようなマルチな役割が求められる。

・上司と目標や方針をすりあわせ、上位目標を具体的にメンバー

もっとみる

部下のやる気スイッチ

先日投稿した新たに開始する1on1マネジメントのプログラム内容を、少しずつ公開したいと思う。読者の皆さんのお役に立てると嬉しい。

報酬を多くもらえれば、「やる気」が高まるのが常だろう。しかし、報酬だけがやる気の源泉とは言えない。

エドワード・デシ教授の著書「人を伸ばす力」では、やる気に関する実験が紹介されている。大学生をAとBの2つのグループにわけて難しいパズルに取り組む実験で、はじめは両グル

もっとみる

僕のマネジメントは最悪だった

CHROアカデミー「CANTERA」で、今月15日からマネジメント層向けの新プログラム「CANTERAコーチング研修(1on1マネジメント)」を開始する。
このプログラムを創り、マネジメントを志す人に届けるのが、CANTERAを始めた頃からの目標の1つだった。その理由は、過去、僕自身のマネジメントが目も当てられない程にひどく、多くの部下を、疲弊させてしまった原体験にある。

部下を疲弊させたマネジ

もっとみる

「人事に正解は無い」という言葉に逃げない

これは、CLUB-CHROアカデミー「CANTERA」の講義を行う上で、私自身が意識している言葉の一つである。読者で「人事に正解は無い」という言葉を耳にする事があるのでは無いだろうか。私が考えるのは全く逆で、答えはあると考えている。何故なら採用や人事施策の成功は、事業の成功であり、それ以外の何物でもないと考えているからだ。だとすれば、必ず各社毎に異なる人事の正解が存在し、その責任を人事は全うしなけ

もっとみる

毎日が奇跡であるという事実

毎日GoodシナリオとBadシナリオの両方を
振り子の如くイメージして生きている。

一例だが、
Goodシナリオは毎朝9時にみんなが笑顔で
元気良くオフィスに出社すること。

Badシナリオは全員オフィスに誰1人として来ないこと。

だから「仕事のやりがいは?」って問われると
「毎朝9時にメンバー全員が誰1人欠けることなく
オフィスに集まること」と心から思っている。

毎朝決まっ

もっとみる