香道

香道体験会レポート:令和元年「香筵 伽羅の香りを聞く会」@東京国立博物館 茶室 転合庵2019年11/23(土・祝)

令和元年・御即位記念 伝説の名香「蘭奢待」の東京初公開
雅やかな和の香りに遊ぶ香道体験会レポート
蘭奢待の伝来に関する複雑な歴史も合わせて掲載

正座なしで本格派の聞香・香道の雰囲気を楽しめる、毎年人気の香道体験会「伽羅の香りを聞く会」第6弾。

令和元年の御即位を記念して、東京国立博物館(東博)で特別公開された「蘭奢待」と、香道の歴史についてのミニ講座付きの香道体験会、開催当日レポートをお送り致

もっとみる
大吉
7

香木と妻

2016年に10年以上お付き合いを続けてきた中学校の同級生と結婚した。中学の頃から「私は看護士になる」と宣言してきた妻は、その夢を叶え、現在もその仕事を続けている。誇り高く仕事をし、家事もそつなくこなす妻には本当に頭が上がらないのだが、一つだけ大きな不満があった。

それは、私の大好きな「香木」を「そこら辺に落ちているような木じゃん」と一蹴すること。これに関しては私も黙っていられないと、言い争いを

もっとみる

祖父母の香りと“去来”

私は自他ともに認めるおじいちゃん・おばあちゃん子である。大好きだったふたりは、もうこの世にはいない。しかし、今でも私の心の大きな支えである。だから、どんなに仕事が忙しくても、1カ月に必ず1回は墓参りに行く。

祖父母の墓石には、祖父の字で「去来」という文字が書かれている。祖父母とはあれほどたくさん話をしてきたのに、なぜ「去来」なのか知らずじまい。祖父の血を色濃く継いだと親戚中に言われるが、やはりそ

もっとみる

お香と名香「蘭奢待」について知る香道体験会を開催@11/23(土祝)東京国立博物館 茶室「転合庵」

「香道(こうどう)」とは、香木の香りを楽しむ日本の芸道のこと。お香=香道は、茶道や華道に比べると、まだまだその存在や内容をよく知られてはいないのが現状です。しかし、馥郁たる香木の香りに遊ぶお香の醍醐味は、末長く伝え遺すべき魅力に満ち溢れています。

そのようなお香の魅力を味わって頂く良質な機会を作りたいと思い、年に一度、東京国立博物館で初心者歓迎・正座なしで参加できる香道体験会を開催しています。

もっとみる

早速みちるちゃんのまんがをご購入してくださったかたが!どうもありがとうございます。続きますので、楽しんでいただけると光栄です。10月末更新を目指しております^^

ありがとうございます!励みになります
4

「香道」 ~ 漂うように 〜 (4)

余白の匂い
日々漂う匂いの体験と思いの切れ端を綴る「はなで聞くはなし」 

前回の記事: 「盆会(ぼんえ)」 ~ いかれたBaby ~ (3)

香りを”聞く”と言い慣わす世界に迷い込んで十余年。
この九月、「香道」を始めて新しいひと回りの年を迎えた。

”香り好き”ではないが”匂い”には興味があった。
「○○は鼻が利くから。」
母からは冷蔵庫に残ったお肉や魚の「お鼻見」をよく頼まれた。

中学三

もっとみる

ピンセット香道

入澤香木研究所
「敷居が高い」と思われがちの香木・香道ですが、私は単純に香木の香りに魅了され過ぎて、その敷居を感じる間もなく不躾に接してしまったと今さらながら猛省しています。しかし、香木・香道を通じて私と関わっていただいた方々は、皆様素晴らしい人間力をお持ちでした。この連載は若輩者である私にご指導・ご鞭撻下さった諸先輩方、そしてこれから香木に触れることになる方に向けて、これまでの感謝とともに、香木

もっとみる

「路面」~ 闘場(アレーナ)の香気 ~(2)

余白の匂い
香りを「聞く」と言い慣わす世界に迷い込んで十余年。日々漂う匂いの体験と思いの切れ端を綴る「はなで聞くはなし」 

前回の記事:「水際」 ~ 塩素と陽射しとちょっとハナミズ ~(一)

昔雑誌で見かけたフレグランスの紹介が妙に印象に残った。
焼けたゴムの匂い、火打石の匂い、なめし革の匂い…

狭かった私の嗅覚の地平線をザクりと切り拓く新鮮な語彙達。
”…男たちの心に潜む闘争心に火をつける

もっとみる