「夢の浮橋」制作企画

東京・京都を拠点とする芸術団体です。ピアノと朗読のアンサンブルを探究しております。no…

「夢の浮橋」制作企画

東京・京都を拠点とする芸術団体です。ピアノと朗読のアンサンブルを探究しております。noteでは音楽朗読劇の公演情報や、創作表現に関する話題をお届けいたします。事務局<yumenoukihashi@googlegroups.com>

最近の記事

  • 固定された記事

【水縹色のお知らせ】2024年8月 ピアノと和歌で紡ぐ音楽朗読劇《ドビュッシーと藤原定家》

2024年8月3日(土)4(日)、ピアノと朗読のアンサンブルによる音楽朗読劇を上演いたします。以下、概要となります。お心に留めていただけましたら幸いです。 [公演タイトル](仮) ピアノと和歌で紡ぐ音楽朗読劇《時を超えて出会う ドビュッシーと藤原定家》 [日時] DAY1 2024年8月3日(土)開演15:00(開場14:30) DAY2 2024年8月4日(日)開演15:00(開場14:30) [場所] 旭堂楽器店サンホール(京都市) [公演概要] ピアノと朗読のアンサン

    • 【映像配信】〔京都編〕ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」

      2023年5月27日(土)、渋谷美竹サロン(東京都渋谷区)にて、ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」を上演いたしました。 ※東京都の芸術支援機構 アーツカウンシル東京による紹介ページはこちら お客様より、 「和歌とピアノの融合が印象的だった」 「ピアノと朗読のアンサンブルは初めて聴いたが、素晴らしかった」 「時空を超えるストーリーに引き込まれた」 「音楽、美術、人生(教え学ぶこと、受け継ぐこと等)における深い考察と学びがあり、味わい深い作品だった」 「文句なしに上質。緻

      有料
      1,000
      • 【映像配信】〔パリ編〕ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」

        2023年5月27日(土)、渋谷美竹サロン(東京都渋谷区)にて、ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」を上演いたしました。 ※東京都の芸術支援機構 アーツカウンシル東京による紹介ページはこちら お客様より、 「ピアノと朗読のアンサンブルは初めて聴いたが、素晴らしかった」 「時空を超えるストーリーに引き込まれた」 「美しい音色と見事な演技の融合!すてきな時間でした」 「音楽、美術、人生(教え学ぶこと、受け継ぐこと等)における深い考察と学びがあり、味わい深い作品だった」 「文

        有料
        1,000
        • 【ダイジェスト動画】5/27(土)ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」

          2023年5月27日(土)、渋谷美竹サロン(東京都渋谷区)にて、ピアノと朗読で紡ぐ音楽朗読劇「夢の浮橋」を上演いたしました。多くの方にお運びいただき、心より感謝申し上げます。 ※全編視聴はこちら:パリ編・京都編 ※東京都の芸術支援機構 アーツカウンシル東京による紹介ページはこちら お客様からは、 「ピアノと朗読のアンサンブルは初めて聴いたが、素晴らしかった」 「時空を超えるストーリーに引き込まれた」 「美しい音色と見事な演技の融合!すてきな時間でした」 「音楽、美術、人生(

        • 固定された記事

        【水縹色のお知らせ】2024年8月 ピアノと和歌で紡ぐ音楽朗読劇《ドビュッシーと藤原定家》

          【ダイジェスト動画】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          2022年8月14日(日)、京都コンサートホールにて音楽劇&ピアノ協奏曲を上演いたしました。当日のダイジェスト映像を公開いたします。 当日は多くの方にお運びいただきました。心より御礼申し上げます。

          【ダイジェスト動画】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          【若葉色のお知らせ】2023年5月 新作の音楽朗読劇を上演いたします

          2023年5月27日(土)、ピアノと朗読のセッションによる音楽朗読劇を上演いたします。※当日の映像はこちら。多くのお客様にお運びいただき、感謝申し上げます。 ピアノがお好きな方、朗読劇がお好きな方、パリと京都にご関心のある方、音楽史や美術史にご興味のある方……など、多くのお客様に楽しんでいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

          【若葉色のお知らせ】2023年5月 新作の音楽朗読劇を上演いたします

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          2022年10月29日(土)、タカギクラヴィア松濤サロン(東京都渋谷区)にて、2つの古都に由来するピアノ曲&音楽劇をお届けいたしました。出演は、新進気鋭のピアニスト片山柊と、俳優の堀田貴裕(東映京都俳優部・東映剣会)。 音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』(作:ふるたみゆき)では、2つの古都を舞台とした物語とともに、劇中曲『夢の浮橋変奏曲』(作曲:神山奈々)が改訂初演されました。 多くの方にお運びいただき、心より感謝申し上げます。 お客様からは、 「片山さんのピ

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          2022年8月14日(日)、京都コンサートホール(ムラタ)にて、京都・パリを舞台とした音楽劇&ピアノ協奏曲を上演いたしました。多くの方にお運びいただき、心より感謝申し上げます。 音楽劇の舞台は、21世紀の京都と19世紀パリ。主人公のピアニストは19世紀の芸術家とともに古代の楽譜を集め、欠落を作曲し、幻の名曲の復活上演に臨みました。 劇中で「幻の名曲」として演奏された新作ピアノ協奏曲(作曲:神山奈々)は、片山柊がソリストを務めました。劇音楽およびピアノ協奏曲の演奏は、京都フィ

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル 京都公演が無事終演いたしました。多くのお客様にお運びいただき、感謝申し上げます。8/14(日)の音楽劇コンサートに向けて、一同精進して参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 写真左:神山奈々(作曲)中央:片山柊(ピアノ・作曲)右:ふるたみゆき(小説・脚本・演出)

          【御礼】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          【曙色のお知らせ】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          「夢の浮橋」制作企画は、「歴史に学び、未来を創造すること」を軸に活動する芸術団体です。2022年8月には、京都・パリを舞台とした音楽劇&ピアノ協奏曲を京都で初演いたします。 ※当日の映像はこちら。多くの方にお運びいただき、心より感謝申し上げます。 ぜひ、多くの方にお運びいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

          【曙色のお知らせ】京都・パリ 2つの古都のためのピアノ協奏曲―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』より

          【曙色のお知らせ】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          「夢の浮橋」制作企画は、「歴史に学び、未来を創造すること」を軸に活動する芸術団体です。2022年6月・10月には、京都・パリを舞台としたピアノリサイタル&新作音楽劇を開催いたします。以下、詳細のご紹介です。 チケットはe+(イープラス)で取り扱っております。また、当団体によるチケットの取り置きも承ります。<yumenoukihashi@googlegroups.com>までお問い合わせください。

          【曙色のお知らせ】京都・パリ 2つの古都のための片山柊ピアノリサイタル―音楽劇『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』他

          【団体プロフィール】「夢の浮橋」制作企画

          「夢の浮橋」制作企画は、東京・京都に拠点を置く芸術団体です。ピアノと朗読のアンサンブルによる、音楽朗読劇のシリーズを制作・発表しております。 長期にわたり、異分野のアーティストによる共同制作を継続し、「未来の古典」となり得る巨大な作品群を創出いたします。 沿革 特色 公演映像 中心メンバー お問い合わせは事務局<yumenoukihashi@googlegroups.com>までお願いいたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

          【団体プロフィール】「夢の浮橋」制作企画

          【夢色の浮橋】小説家の橋_ふるたみゆき

          「橋」という言葉から、皆様はどのようなものをイメージされますか。 ふるさとの川に架かる橋。能舞台の橋掛かり。虹。横断歩道。あるいは、誰かへ届ける歌。 いずれも「橋」とは、遠く離れた何かと何かをそっとつなぐものだと思います。ピアノ独奏曲『夢の浮橋変奏曲』も、そのようなコンセプトから生まれました。 『夢の浮橋変奏曲』は、ふるたみゆき著の音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』に登場する楽曲です。 物語の中では主人公・鍵一が作曲するピアノ独奏曲になります。モチーフは、数

          【夢色の浮橋】小説家の橋_ふるたみゆき

          +7

          【夢色の浮橋】雲の写真たち_片山柊

          【夢色の浮橋】雲の写真たち_片山柊

          +6

          【水色のフライト】小説家のフライト_ふるたみゆき

          朝の明るい空港に着くと、搭乗時刻まで間がありました。水色の飛行場は人もまばらで、待合室からはみずみずしい機体が眺められます。 さて友人を待ちながら、星座神話について考えを巡らせました。… そも星座の起源は古代エジプト。すでに正確な暦が在ったと聞きます。紀元前6世紀に至れば、バビロニアにて太陽の円軌道上の12星座が定められ、約300年後のギリシャでは48星座に。その後、約1,500年間に亘り愛用されて来た星図は、大航海時代を迎えて大きく拡がります。船乗りたちが見つけた南半球の

          【水色のフライト】小説家のフライト_ふるたみゆき

          【水色のフライト-Playlist】ピアニスト・片山柊

          ピアニストのプレイリスト第6回目、今月のテーマは「水色のフライト」です。 このコラムを始めて早くも半年が経ちました。年月の早さは毎年感じますが、気がつけば梅雨も明け7月ももう下旬…先月のプレイリストを作っていた頃が既に遠い記憶のように感じられます。確か東京から名古屋に向かう新幹線の中で書きました。先月は上旬に三重県、中旬に横浜、下旬には愛知と北海道での演奏がありました。未だ公演の延期・中止が多い中、僕は運よくどの公演もそういった事から免れました。特に下旬に行った北海道は印象

          【水色のフライト-Playlist】ピアニスト・片山柊