部下育成

社長の分身を育てていますか?

【ビジネスを一つ上の次元に引き上げる】
 コンサルタントの 杉本 智です。

普段の業務をしている中で
「もう一人俺がいてくれたらなぁ、、、」
とか、
「コピーロボットがあればなぁ、、、」
って思うときありませんか?

実際にうまく回ってる会社って
社長の分身をつくる仕組みが整ってるんです。

だから、幹部との意思疎通もできて、
現場を任せられるリーダーもどんどん育つんですね。

そして、これが究

もっとみる

部下の退職を引き留めるときのポイント

【ビジネスを一つ上の次元に引き上げる】
 コンサルタントの 杉本 智です。

先日から、
部下育成のポイントについて
記事を書いています。

というのも、
中小企業は残念ながら
超優秀な社員さんってなかなか採用できません。

なので、
社内で育成していくしかないんですよね。

社員を育成する気が無かったり
育成する仕組みが無い会社は
まちがいなく、今後、
自然淘汰されていきます。

この優秀な部下

もっとみる

【社長は孤独】というお話

【ビジネスを一つ上の次元に引き上げる】
 コンサルタントの 杉本 智です。

昨日の記事では、
自発的に動く部下を育てるには、
「安心できる場をつくる」ことが大切
というお話をご紹介しました。

そして、この話って
社長自身にも当てはまるんです。

どういうことかと言うと、
「社長は孤独である」
と世間では言われています。

私も実際そうだと思います。

というのも、
立場的な問題もあり
経営に関

もっとみる

部下が3倍速で成長するために絶対に必要な条件とは?

【ビジネスを一つ上の次元に引き上げる】
 コンサルタントの 杉本 智です。

本日は、社長のコンサル1件と
セミナー講師をしているクライアントの
受講生向けに動画撮影を4時間行いました。

ちなみに、
私のメインの仕事は、2つあります。

1つは、
社長向けのエグゼクティブコーチング
です。

主に、

・思考の整理
・本当にやりたいことの言語化
・現在抱えている経営課題に対するアドバイス
・社長

もっとみる

[読書記録7]「部下ノート」がすべてを解決する 望月 禎彦、高橋 恭介

「部下ノート」がすべてを解決する
望月 禎彦、高橋 恭介 著

部下育成においてどう育てていけばいいのか、上司は悩んでいる。
どこの企業も、急部下は育たないし、ダメな部下だからといってすぐに人を変えらない。
基本的には今いる「できない」と思っている部下を手間暇かけて育てていくしかない。
そこで本書で紹介している「部下ノート」
部下の気になった行動や言動を最低1行ノートに書くだけ。そして自分が

もっとみる
ありがとうございます!
5

明日からできる!部下のモチベーションを簡単に上げる方法

こんばんは
一条洪龍です。

部下のモチベーションを上げるのって難しいですよね。
ほめる、叱る、コーチングなどのコミュニケーション、魅力的なビジョンを掲げる、リーダーシップの発揮の仕方、うんぬん・・・。

マネジメントの研修やビジネス書籍に、色々な方法論が紹介されていますが、コミュニケーションやリーダーシップに関する内容が多いかと思います。

ですが、個人的に気に入っており、なおかつあまり一般的に

もっとみる
キタ━(゚∀゚)━!!
4

教育係のネイリストさんに伝えたい!人を教える時のファーストステップ

わたしが教えている後輩、 この前○○について教えたのに全然できていなくて、どうしたらいいかわからない、、、

誰かを教える立場にあるとこんな経験をすることってありますよね。

教えたのに、何でなにも変わってないの?理解できてないの?何なの?どうしてなの?

と、思うことわたしもたくさん経験してきました。

わたしについての自己紹介はこちらをどうぞ𓅫

ワーママネイリスト a n r i

話しは

もっとみる

なぜあの人は期待通りに動いてくれないのか

「若手の部下が主体的に動かない」
「年上の部下がさくさくと仕事を進めてくれない」



管理職の方々にとって「部下」に関する悩みは尽きることがありません。

「あの人が期待通りに動いてくれるといいのに」というのは、管理職に限らずきっと多くの方が抱える思いではと思います。

ではなぜ、人は自分の期待通りに動いてくれないのでしょうか。

今日は、「期待外れ」が起こるメカニズムとその対策をご紹介し

もっとみる
ありがとうございます!あなたは今、何を感じていますか?
9

「叱責」は、取り扱いが難しいツールです

皆さんは部下や生徒、あるいは自分のお子さんが何かやらかした時、どんなふうに対応していますか?

大声を張り上げて怒鳴りつけている人もいるでしょうし、逆に粛々と言って聞かせる人もいるでしょう。どんなふうに対応するのがいいのか一概には言えませんが、一般的には「感情に任せて怒る」のは避け、客観的にミスを洗い出し、どうしたら再び同じミスを繰り返すことを避けられるのかを本人に考えさせるのが良いとされています

もっとみる
嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
18

困難を投げ出してしまう部下をどう導けばよいのか?

会社を経営するようになってから四苦八苦していることってたくさんあります。今日はその中の問題の一つを共有したいと思います。

僕の会社の日々の業務は極めて円滑に進んでおり、普段は特に何か指示する必要もなければ、監視する必要もありません。フィリピンでは従業員の遅刻や欠勤が割と普通なので、従業員を必要よりも20%ほど多く雇っておくというのが定石なのですが、僕の会社では遅刻も欠勤もありません。たま〜に遅刻

もっとみる
ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
30