ユウセイ社長|人事で価値を上げる人事の@UP

📍営業や接客業 📍ビジネススキルの基本 様々な場面で使える内容を発信中! ▶株式会社ア…

ユウセイ社長|人事で価値を上げる人事の@UP

📍営業や接客業 📍ビジネススキルの基本 様々な場面で使える内容を発信中! ▶株式会社アット・アップ代表 経営者 ▶プレゼンテーション協会理事 ”感情デザイン”のお問い合わせ増えています✨ #相互フォロー #フォロバ ※遅くなることもありますが必ずお返しいたします🙇

最近の記事

  • 固定された記事

「現在の自分は本当に望んだ状態ですか?」”感情デザイン”で、自分の「生きる目的」と「行動」が見つかる!感情デザインベーシックコース

お世話になっております! 株式会社アット・アップのユウセイです。 本日6月2日は、株式会社アット・アップ創立から14期目を迎えることとなりました!今後とも、皆様のお役に立てる情報や、お力添えができれば幸いです。 創立14期目でもある2023年6月2日(金)に EQ(心の知能指数)をはじめ様々な心理学やコミュニケーションスキルを シンプルに分かりやすく構成し、カジュアルに成功哲学と コミュニケーションを学ぶことが出来る 感情デザインベーシックコースをリリースしました! 感

    • 【口だけの人、仕事を「実行できる」社員に育てる。能力の5段階に基づく人材育成】

      こんにちは!ユウセイです。 突然ですが、質問です。 あなたの職場にはこのような方はいませんか? 「やると言ってやらない人」”やると言ってやらない人”、”口だけの人”。 口だけは威勢が良く自信満々で、 その通りにしてもらえたらこの上なく頼もしいのですが、 残念ながら実際にはなかなか仕事に反映してくれません。 そのうえ、本人も実力が無いことを自覚している場合、 多くは「不安」や「焦り」と言ったネガティブな感情から 無意識に不機嫌な振る舞いをとってしまうこともあるため、 結

      • ”強い”チームの共通したコミュニケーションとは?”勝てない”チームの事例も交えて徹底解説

        こんにちは。ユウセイです。 今回の記事では、 強いチームのコミュニケーションについてお伝えしていきます。 勝てるチームにあって、 勝てないチームに無いコミュニケーションとは、なんでしょうか? 強いチームの要素として、 誰もが認める意志の強さや、高い技術なども在りますが、 この記事では、どのチームでも始めることのできる コミュニケーションにフォーカスしてお伝えしていきます。 最後まで読んでいただけますと幸いです。 ■ 強いチームの定義まずはじめに、 今回の記事では「強

        • プロの人事コンサル企業、アット・アップが”評価”ではなく、”考課”を使う理由

          こんにちは! ユウセイです。 今回の記事では、 アット・アップが人事制度において、 「人事”評価”制度」ではなく、「人事”考課”制度」 を使う理由をお伝えいたします。 1.アット・アップが使う、人事考課制度とは「人事考課制度」と「人事評価制度」の言葉はいずれも、 従業員の業績や能力を評価するためのシステムや制度として 使われることが多く、同様のニュアンスとして認識されています。 一般的には、従業員の職位や給与・賞与に係る制度のことを、 人事評価制度と表されているケースが

        • 固定された記事

        「現在の自分は本当に望んだ状態ですか?」”感情デザイン”で、自分の「生きる目的」と「行動」が見つかる!感情デザインベーシックコース

          厳格な目標管理による社員のモチベーション低下はなぜ起こるのか?原因と解決策を徹底解説

          日頃より、記事を読んでいただき誠にありがとうございます。 早速、本題に入っていきます。 今回のタイトルである、 「厳格な目標管理による社員のモチベーション低下」 と言うことですが、 目標またはノルマとは、 セールスにとって、切っても切れない関係ですよね。 極端な話、セールスの存在意義でもある目標(ノルマ)ですが、 そんなノルマを高い水準で常にクリアしてるのが、 トップセールスパーソンと呼ばれる人たちですね。 トップがいる一方で、スタッフの中には、 毎月・毎日「目標・ノルマ

          厳格な目標管理による社員のモチベーション低下はなぜ起こるのか?原因と解決策を徹底解説

          【導入事例】人事考課は、「評価」ではなく「人の成長」のため|株式会社HOKUJOH様インタビュー

          皆さん、こんにちは! 株式会社アット・アップのユウセイです。 本記事を選んで読んでいただき ありがとうございます✨ このnoteでは”人事評価制度”をより良くしていく”をテーマに 皆様にとって有益な情報をお届けしてまいります。 気になる方は引き続き購読していただけると嬉しい限りです。 今回は、弊社の人事考課制度を導入いただき運用を頂いております 株式会社HOKUJOH様の導入事例をご紹介致します✨ ※アット・アップでは、人事評価制度と同等な仕組みを、 人事考課制度と

          【導入事例】人事考課は、「評価」ではなく「人の成長」のため|株式会社HOKUJOH様インタビュー

          集合研修をしても効果が持続しない原因【チェックシート付き】

          皆さま、こんにちは! 社員の能力を高めるために、 集合研修を取り入れる会社は多いと思います。 そんな研修のあるあるとして、 研修後2~3日は、熱がそのままの状態を維持できているけど、 そこから先は、熱が冷めて元通りになってしまう‥‥ なんてこと、経験しているのではないでしょうか? なぜ、こういうケースが起こってしまうのか? 今回の記事では、 【集合研修をしても効果が持続しない原因】をお届けします。 考えられる代表的な3つの原因はこちら。 詳しくは、一つ一つお伝えしてい

          集合研修をしても効果が持続しない原因【チェックシート付き】

          人事コンサル企業が推奨する、役職・役割に求めることの具体化とは

          1、役職に求めることの具体化とは今回の記事のテーマであり、結論はこちら 「役職や職位に求めることは言語化されている必要がある」です。 なぜ言語化が必要なのか解説していきますね。 まず始めに、皆様に想像していただきたいのですが、 突然ですが、皆様が経営者になったとします。 事業は美容コスメの店舗販売です。 そして、店舗数は順調に増えて現在は4店舗を運営しております。 2、現場でよく起きる問題ココまでの道のりは順調ではあったものの、 店舗拡大で徐々に現場から会社に対する不

          人事コンサル企業が推奨する、役職・役割に求めることの具体化とは

          5月配信ラインナップを公開!~人事のアット・アップ~

          皆様こんにちは アット・アップの人事マガジンを配信しはじめて、 1ヶ月が経ちました。 改めて、ご閲覧いただき誠にありがとうございます。 今回は、これまでに配信してきた過去記事をご紹介いたします! 1.経営者、人事担当者向けTOPICS■@UPの人事制度とは 弊社アット・アップが考える人事制度の目的とは、「人の成長」です。 制度の軸となる最も大事な3つの「目指すべき状態」が、 1、会社が目指しているコト 2、社員が求めているコト 3、役割(役職)に求めているコト です。

          5月配信ラインナップを公開!~人事のアット・アップ~

          面談に欠かせない三種の神器とは?人事コンサル企業のプロが直伝

          皆さん、こんにちは✨ 株式会社アット・アップのユウセイです! 本記事を選んでいただきありがとうございます✨ このnoteでは 「人事の取り組みで「人」が望む未来を創る」をテーマに、 皆様に有益な情報をお届けします。 興味のある方はぜひ購読してくださいね! ■ 今回のテーマー 面談に欠かせない三種の神器 この三種の神器とは、 弊社アット・アップが自社の人事考課制度で 実際に活用している3つのツールでございます。 活用の意図からメリットを簡潔にお伝えしていきますので、

          面談に欠かせない三種の神器とは?人事コンサル企業のプロが直伝

          話しが下手な人の原因とは?話しが上手くなれば面談の質も上がる。

          株式会社アット・アップのユウセイです! この記事を選んで読んでいただき、ありがとうございます。 今回の記事では、 面談の質を上げるプレゼンについてお伝えしていきます。 話し上手になれば、間違いなく面談の質が上がります。 是非、一つ参考にしてくださいね🎵 ■話が上手い人が持つ共通のスキル話が上手い人とは=「プレゼン」が上手い人です。 プレゼンとは、自分の考えや思いを相手に伝える手段の事ですが、 多くの人は、営業やコンベンションなどのシーンを イメージする方も多いかと思

          話しが下手な人の原因とは?話しが上手くなれば面談の質も上がる。

          人事のプロが伝える、絶対にやらない評価項目の設計とは

          皆さん、こんにちは✨ 株式会社アット・アップのユウセイです! 今回は、過去の記事にて アット・アップのコンピテンシーについてお伝えしました内容を、 より具体的にお伝えしたいと思います。 テーマはこちら▼ 「アット・アップが絶対にやらない、評価項目の設計について」 評価者と、被評価者の認識のズレが起こらないような設計についてご紹介していきます それは聞いていませんでした、とか それは知りませんでした、など 評価に不満が生じない方がいいですよね! 今回のアジェンダは以下の

          人事のプロが伝える、絶対にやらない評価項目の設計とは

          人事制度に取り入れている、@UPの独自理論

          皆さん、こんにちは!株式会社アット・アップのユウセイです。 本記事を選んで読んでいただき、ありがとうございます✨ 突然ですが、質問です。 現在の会社は”本当に”望んだ状態ですか? 望んだ状態が出来ているという経営者様もいると思いますが、 弊社がこれまでに関わってきたクライアント様には、 ・”本当は”もっとこういう会社にしたい ・”本当は”理念浸透させたい ・”本当は”やる気に満ちた社員を増やしたい‥‥ ‥‥このように、”本当は”こうありたいと、強い願望を抱く、 会社

          人事制度に取り入れている、@UPの独自理論

          なぜ、社員は報酬に不満を感じるのか。その原因と解決策

          皆さん、こんにちは!株式会社アット・アップのユウセイです。 本記事を選んで読んでいただき、ありがとうございます! 本日は、 人事考課制度において皆様が気になる報酬制度についてお話しいたします。 1.報酬制度の効果と課題報酬制度には、人事考課の結果に基づいて、 適切な報酬やインセンティブを渡すことで、 社員のモチベーションを高め業績向上となる効果があります。 一方で、実際に多くの企業で起きている課題とは、 社員のモチベーションを上げるはずの制度が、 報酬を渡しているのに

          なぜ、社員は報酬に不満を感じるのか。その原因と解決策

          【導入事例】社員の成長・やりがいに繋がる人事考課制度|株式会社テレマ様

          皆さん、こんにちは!株式会社アット・アップのユウセイです。 本記事を選んで読んでいただき、ありがとうございます✨ このnoteでは”人事制度”をより良くしていく”をテーマに皆様にとって有益な情報をお届けしてまいります。気になる方は引き続き購読していただけると嬉しい限りです。 今回は、弊社の人事考課制度運用を頂いている株式会社テレマ様の導入事例をご紹介致します✨ ー個々の成長が組織の成功を支える、組織を強くする人材育成 沖縄県南風原町兼城に本社を構える株式会社テレマ様

          【導入事例】社員の成長・やりがいに繋がる人事考課制度|株式会社テレマ様

          【実例紹介】人事評価制度が上手くいかないワケ

          みなさん、こんにちは!@UP のユウセイです。 今回の記事では、 なぜ人事制度がうまくいかないのか、 制度を作ったものの、運用がされず形骸化されてしまうワケを解説していきます。 ■ 形骸化から脱した過去かく言う、弊社でも過去に同じような事は起きていました。 形だけの評価や、 時間がないことを理由に後回しにされてしまう面談など、 当時を振り返ると、社員からは「面倒くさい取り組みだな〜」と 思われていたのかもしれません。 その一方で、組織に人が増えると 査定結果や給与に対

          【実例紹介】人事評価制度が上手くいかないワケ