慈愛の魂が宿る。龍神祝詞帳第5段予約受付中

表紙は、龍神祝詞帳の表紙に使う和紙です。
私は鎌倉に住んでいるので、比較的手軽にこういった美しい和紙を手に入れることができるので、ありがたいなぁと思います。

ここの和紙がとてもステキなので毎回こちらで仕入れています。

その龍神祝詞帳、現在第5段のご予約受付中です。

お一人お一人に、一冊一冊、手づくりでお届けしています。
製本も手作り、そして祝詞も直筆。

祝詞の文末には、龍体文字で、持ち主さ

もっとみる
「スキ」をありがとうございます!
2

【護符作成】お守り別素材部分のデザイン

また、ちょっと時間が空いてしまいましたが、今回は別素材部分のデザインをしたいと思います。

前回の記事はこちら

エネルギーを蓄積し、ゆらぎを与える外側部分

外側部分は、複数の素材を組み合わせることで、エネルギーを蓄積するだけでなく、微妙な揺らぎを生み出すことで、そのエネルギーを放出するという目的がありますので、前回の動力部分の外側にエネルギー蓄積とゆらぎを目的とした素材をつかいたいと思います。

もっとみる

【護符作成】お守り動力部分のデザイン

ちょっと時間が空いてしまいましたが、いよいよ、お守りのデザインに入っていきたいと思います。

動力部分のデザイン

動力に関しては、コンセプトでは動力源として、オルゴンエネルギーを発生させるということにしましたが、オルゴンエネルギーは、周囲からの影響を受けるので、オルゴンエネルギーの部分に、フラットでポジティブなエネルギーが集中していくようにデザインします。

このときフラットなエネルギー源として

もっとみる

初めまして!護符の世界にようこそ

初めまして(*´艸`*)

癒しの護符をお届けしている
ピーポンパパパと
宮乃かぽりです。

お届けするのは珍しい絵つきの護符です。

護符って何?
何でお守りみたいな効果があるの??

…という方も多いと思いますので

護符の誕生や
効果的な使い方など

護符にまつわるお話を
色々していきたいと思っております。

護符の世界はオモシロいです!

よろしくお願いいたします。
(*^_^*)

【護符作成】コンセプトを決める④

いい加減にコンセプトを固めて、そろそろデザインに入りたいところです。ほぼ宣伝もしていない、こんなマニアックな記事を読んで下さっている方には感謝です。

ということで、今までの記事は下記の通りです。

【現代ならではの技術と素材を使う】

これは新しい発想でお守りを作るのならば、必須ともいえる条件だと思っています。

そもそも、お守りというのは、新しい素材がでるたびにアップデートされてきたものでした

もっとみる

【護符作成】コンセプトを決める③

自分でも、コンセプトを決めるだけで、これだけ長くなるとは思っていませんでしたが、書き始めるとつい止まらなくなってしまうので、なんとか、今回はシンプルに行けたらと思います。

これまでの内容は下記からご覧下さい。

【色々な使い方が可能】

これについては、お守りなので、身につけておくことで呪いから身を守るという力さえあれば、オーケーといえば、オーケーなのですが、貧乏性なのか、せっかくならば、色々な

もっとみる

【護符作成】コンセプトを決める②

前回に引き続いて、お守りを作るためのコンセプトを決めていきたいと思います。前回を読んでいない方は下記からどうぞ。

【継続期間が長い】

ここは個人的に重要はポイントだと思っています。お守りというと、持っているだけでOKと思われがちですが、呪いから身を守るという意味で考えると、そんなに長く持つものではありません。

お守りなどに魂入れをする、開眼をするというのは、宗派によって呼び方に差はあるものの

もっとみる

【護符作成】コンセプトを決める①

久しぶりにオリジナルのお守りを作るに当たって、まずはコンセプトを固めようと思います。

大前提

・本来の意味でのお守りに立ち返る
・呪い(悪い想念、エネルギー)から身を守れる

まずはここを抑える必要があります。一般的なお守りは神仏の加護によって身を守って貰うものが多いわけですが、そういったお守りは、どれだけきちんと作ったものであっても、持つ者の心がけが重要になってきますので、より汎用的にしたい

もっとみる

今の時代だからこそ、お守り作ろう

先月あたりだったか、Twitterでお守りに関する話が出ていました。

神社仏閣によっては、業者が作ってくれたお守りを、とくに何もすることなく、社務所にならべるのということを業界関係者の方が語っていたのを覚えています。

きちんとした神社仏閣や、作法がわかっている人たちなら、もちろんそんなことはせずに、きちんと魂入れ、開眼などをするわけですが、そういった方法すら伝えられていない神職や、僧侶が結構い

もっとみる

食べ物と体の内部からの浄化プログラム札のご紹介

もしあなたが霊的によくないものばかり食べていたとしたら…

想像しただけでも背筋が寒くなりませんか? 食事は毎日決まってとるものです。

どこで採れた材料で作っているのか。どうやって輸送されたのか。誰がその料理を作ったのか。その経路で霊が憑いたり、術がしこまれていたりしていたら、あなたには霊的によくない物が蓄積してしまうということになるでしょう。

もしかしたら、あなたの体調がよくないのは、運が悪

もっとみる