ヴィーナスのふせん 20/07/04

4カ月を経て今日を迎え、言霊により寄り添える始まりとしたい。

わーい♪ 感謝です🌸
1

心ここにあらざれば、見るとも見えず、、、

目にはモノが映っていても、
急いでいる方に心が行ってしまい、見えていても見えていないという言葉です。

出かけようと、急いでいる時に忘れ物を思い出したことはありませんか。
いつもの場所を見ても見つからない、
家中探しても見つからない…。

あきらめて、後日ゆっくり探すと、
いつものところにあって、あれっ?と思ってしまう。。

心がどこにあるかで、物事は簡単に変わってしまいますね。
こころもとなし、

もっとみる
スキをありがとうございます!ツキの10ヶ条。その8「親孝行する」

魂を刻む Tattooという行為

Tattooを彫るという事の意味
それはもう 各個人個人それぞれに色々とあるだろう

僕自身が20年間 彫師・タトゥーアーティストとして
延べ2000作品以上を彫って来ているので間違いない

ファッションであれ自己啓発であれ
あるいは その時の勢いだけであれ
その「時」魂が揺れた事は間違いないのだ

その揺れ 魂の鼓動・振動・波動というものを
肌に刻むという行為がTattooだ

例えばマオリ族(

もっとみる
嬉しい!!
2

【きみの筆文字カード20】

おお20回目の投稿💗
なかなか順調(つぶやきだけど)

嬉しすぎです
1

儒教の中の易経 古事記と言霊 17

易経に於て人の心の先天構造を示すものに太極図がある。

易経の解説書である繋辞伝に「易に太極有り、是れ両儀を生じ、両儀四象を生じ、四象八卦を生ず」と言って、この太極図が物事の現象を生じる原因となる人間の心の先天構造を表わしている事を示している。

言霊学の天津磐境と易経の太極図は同一の図形である事が分かる。

言霊学による心の先天構造である天津磐境の原理が先に発見され、その後その原理を概念と数の法

もっとみる

言霊の発見と変遷 古事記と言霊 15

五千年以前、おそらくアジアのどこかの高原地帯において賢人のグループが集まり、人間の心とはいったい何であるかの研究が続けられていた。

そして長い研究の結果、人間の心の全構造とそれを構成している最小単元を解明することに成功した。

それは言葉という人間精神の究極の構造原理でり同時に言葉の原理でもあった。

人間が人間という種を保持している限り決して変わることのない永久不滅の原理法則。

 時がきてこ

もっとみる

五十音図 古事記と言霊 14

アイウエオ五十音図が、なぜ右の行の母音が上かアイウエオの順で並び、横の上段がアカサタナハマヤラワの順で並んでいるのか?

人間は口から発音する以前、頭で考えている時も、実は言葉で考えてるのである。心の動きとは言葉の動きと言ってもよいでしょう。その心の動きを深く深く探っていきますと五十音の言霊に行き着く事になるのである。

言霊とは、人間の精神を構成している根本要素ということ

科学への態度とは全く

もっとみる

次元 古事記と言霊 13

心の次元、言霊ウの次元、オの次元、アの次元、エ次元、言霊イ次元など

言霊ウ・欲望本能の次元。
言霊オ・記憶や知識の次元。
言霊ア・感情の世界の次元。
言霊エ・選択機能の次元。
言霊イ・創造意志の次元。

「知らないから知りたいそれはオの次元、本当に知りたければアに行かないと。」

イザナギ・ミの二神である言霊イ・ヰの創造意志がその実際の働きである八つの父韻となって活動して、舌先を使って音をだして

もっとみる

天地の初発の時 天岩戸神話 古事記と言霊 12

神倭朝十代崇神天皇によって世の表面から隠されてしまった言霊布斗麻邇の原理の存在に日本人が気付く時、古事記の神話の初めの言葉「天地の初発の時」が、その常識と誰でも考える「天と地」または「この太陽系宇宙」、即ち今日の天文学や宇宙物理学等で謂う外界の宇宙空間の事ではなく、それら外界の宇宙空間を見ている私達人間の内なる心の広がり(宇宙)の事なのだ、という事に気付いて欲しいという奥なる願望が秘められているの

もっとみる

言霊布斗麻邇復活 古事記と言霊 11

言霊原理隠没の二千年の暗黒時代に、最初にその原理の存在を知り、復活の仕事を始められたのは明治天皇とその奥様、昭憲皇太后。

(明治天皇、昭憲皇太后)宮中賢所と皇太后が一条(藤原)家からもたらした文献に基づいて言霊言の葉の誠の道の研究に志された最初の人である。

明治天皇の崩御と共に明治は終わり、その言霊学研究の流れは大正天皇には伝わらず、民間に流出

人間の心の現象を対象の客観として調べることから

もっとみる