焼けるような日差しを浴びた墓に供えた、真紅の薔薇と白いトルコ桔梗

墓参り客で繁盛する花屋の前に車を停めて待っていた僕は、妻が買ってきた花束を見て、まるでお祝いの席に向かうようだと思った。  

「無量寿」と大きく刻まれた墓。

妻は、真紅の薔薇と白いトルコ桔梗が主役の束を広げて、供えた。
僕は墓石を水で流して、線香の束に火を付けた。
墓の前でしゃがんで、並んで手を合わせた。

僕は、ジリジリとした日差しが返って頭の中を静かにしてくれたような気がした。
1分なのか

もっとみる
ありがとうございます
2

今年、最も日焼けしたこの日
陽射しは強いものの、まだ春と夏の間で
日傘を畳んで撮影していた為
七分袖のシャツの跡がクッキリと。

真夏の今は、どれだけ撮り難かろうが
撮影中も日傘は差したままで。

街中でも、日傘を差す男性を見掛けると
思わず拍手を送りたくなります。

年々夏の暑さが危険な程で
日傘を推奨する小学校もある今
年齢や性別で、躊躇う事がなければ良いな…

【 薔薇・ロサ ケンティフォリ

もっとみる
さんきゅ~ ゆぁ ♡
3

最新レッスンスケジュールと申し込み方法

*ROSE FLORIST レッスンスケジュール ♪

日時:8月27日 (木) 9:50~12:00

場所 : 福岡市南区 (申込みを頂いた方に、詳細をご連絡します)

体験も随時受付中です

*個人レッスンは、随時募集中 ♪

お気軽にお問合せください ♪

お問合せと体験申込みは、LINE公式アカウントからメッセージ下さい。

もっとみる

サフラン色に染まりながら

あいまいな季節に わたしは彼女のことを思いながら……

 午睡(きっと わたしは愛よりも眠りの力に屈しただけなのだ)
  そのとき
   午後は美しかった夢の続き
    なぜ ひとは過ぎ去ったものだけを
   純粋な光りと響きに閉じこめることができるのか
  不用意な問いかけが
 懐かしい眠りの訪れを 妨げる
 (人生の親戚には ほど遠い気がする)

 ―――そう言えば 彼女はサフランの黄色が好

もっとみる
ありがとうございます
1

檸檬(レモン) Vol.132

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★この note は、かつてわたくしが発行していたメールマガジンを再構成したものです。楽しんでいただければ幸いです。本文中のURLはほとんどがリンク切れしていますので、興味のある方は自分で検索してください。

★今のわたくしからひとこと..
梶井基次郎は、20篇余りの小品を残し、1932年、31歳の若さで亡くなっています。
━━━━━━━━

もっとみる
さんきゅー
4

桜の木と薔薇

今朝、いつものように庭の植木に水やりをしながらふと見ると黄色い薔薇が咲いていた。この薔薇の木は白バラで夏中たくさんの花を咲かせているが、黄色の花が咲いたのは初めてだ。

不思議なのは色だけでは無い。花びらの形や咲き方も違う。接木など高度かつ面倒な事も一切やっていない。突然変異としか思えない。
世の中には説明が付かない事が沢山ある。
私の勝手な想像だが、これはもしかしたら桜の木からの御礼なのではと思

もっとみる
Thank you so much 🥰
8

勘違い

高層ビルの植垣の中に潜んでいた赤い非常灯が

真っ赤な薔薇に見えた

なんて素敵な勘違いなんだろう

ありがとうございます!
1

手作り風鈴体験へ

今日は多摩美術大学の生徒さんがやってるガラス工房に行ってきまして、オリジナル風鈴を作ってきました!
自分で風鈴に絵を描いて、それを削って、色をつけました。
意外と削る時に力がいるのが大変で、手が何度も痛くなりましたが(力を入れないと器具が暴れるのです)…結構上手くできたのでは?!と満足です(自画自賛)

こんな感じです↓

ちょっとボケちゃってるけどぞうさんがいます。
これだと見やすいかな?

もっとみる
幸パウダー✨
6

発想力は感覚力だった!? この身体、感覚に捧げてます!の巻

少し前から

夜中の丑三つ時に

必ず目覚め

行きたくないけど

トイレにいき水を飲み.....

おばあちゃんが生存時

夜中に起きてしまい

その後眠れなくて

おうどん、こねたとか

良く言ってて

わたくしも、もはや.......👵

と思ってましたが

今朝は5時半くらいまで

睡眠継続~🎉㊗️

太陽がすでに昇りはじめて

あ~なんて爽やかな朝🌅

全身にセロトニンを浴びて

もっとみる
ありがとうございます🎉
17