食彩アドコム @ 食こそ温故知新

『発酵のある暮らし、微生物と生きる』 食事は、毎日自らの口に入り血となり肉となるからこ…

食彩アドコム @ 食こそ温故知新

『発酵のある暮らし、微生物と生きる』 食事は、毎日自らの口に入り血となり肉となるからこそ、生産者の顔や生産過程や製造方法にまつわる思いや物語が気になります。美味しいだけでなく、健康や環境への影響を基本から一緒に考えませんか。https://shokusaiadcom.shop/

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

~わたしの思いと活動について~

私は、(株)食彩アドコム代表の中須といいます。京都市(2020年9月に転居)都内に暮らす50代です。2020年5月からnoteを始めました。 noteを始めたきっかけ、それは自身の経験から会社を立ち上げた理由と同じで、食に対する思いを共感する仲間の輪を広げたい、という思いからです。 よろしくお願いします。 1.私たちの活動食の明るい未来を見据えて、化学に頼らずに各地に代々伝わる発酵食品や特別な地域でしか生産できない商品を一時的にも途絶えさせることないよう応援したい、とい

    • +2

      イチゴの花がらんまん!

      • 吉野山の大名行列を偶然見た

        わたしが吉野山に訪れたとき、偶然にも吉野山では花供懺法会という千年の歴史を持つお祭りの日だった。 それは、蔵王権現の御神木である山桜が満開になったことをご本尊に報告する行事。 奴・僧侶・稚児・鬼・山伏・大名籠など10万石の格式の大名行列が竹林院から金峯山寺本堂まで練り歩く。 金峯山寺というと、役小角が開基した修験道の総本山。 高野山、熊野三山、吉野山、は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されているって。 知らなかった~😅、でも金峯山寺も重要な構成要素だったので

        • +12

          一度は行ってみたかった日本一の桜の名所「吉野山」、石舞台古墳、高松塚古墳壁画

        • 固定された記事

        ~わたしの思いと活動について~

        マガジン

        • 家庭菜園の話
          111本
        • 伝統行事
          7本
        • 【保存版】素晴らしい記事
          16本
        • お米作りの話
          9本
        • 甘味を楽しむ
          9本
        • ちょっとブレイク
          50本

        記事

          人生の扉

          全国各地で桜「満開のラッシュ」となった週末。 桜を愛でる幸せな気分とともに、ふと竹内まりやの曲が頭を過ぎる。 満開の桜や 色づく山の紅葉を この先いったい何度 見ることになるだろう ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ 平和な世の中を願いながら、、、 人生折り返し地点を過ぎると考えてしまいます~ 一日一日を大切に! 最後までお読みいただきありがとうございました。

          +9

          春の陽気 ~今日の畑~

          春の陽気 ~今日の畑~

          +8

          自然栽培への道(4) ~秋植えブロッコリーが~

          昨年10月に植えたブロッコリー、3月初旬に真ん中の頂点に出来る直径10㎝超の頂花蕾を収穫してから放置していたんです。 そろそろそのブロッコリーを片付けようかと様子を見に行くと、なんと畑は昨年11月に蒔いた緑肥の種が育ち一面雑草だらけのよう。 片付けようとしたブロッコリーはというと、雑草のような緑肥(ヘアリーベッチ)と同じ高さにひっそりと佇んでいる。 で、よく見るとブロッコリーの側花蕾がたくさんできていた、思わぬ収穫😋 これは葉や茎の要素を補ってくれるという緑肥ヘアリー

          自然栽培への道(4) ~秋植えブロッコリーが~

          ふたばあおいふたたび!

          一昨年の4月に知り合いから戴いた二葉葵。 少し前まで一切姿を消していたのにいつの間にかひっそりと枯葉の中から顔を出してた。しかも花も付いている! 今年は春から縁起がよさそう😊 因みに二葉葵は、 賀茂神社の神紋賀茂神社は京都最古の歴史があり、かつてこの地を支配していた賀茂氏かもうじ(加茂・鴨・加毛を氏の名とする氏族)の氏神を祀る賀茂神社(上賀茂神社と下鴨神社)の神紋。 上賀茂神社のHPによると、 『葵は古く「あふひ」と読み、「ひ」とは「神霊」神を意味し、葵とは「神と逢

          野生絶滅したコウノトリの復活!

          一度絶滅したコウノトリの野生復帰に尽力したという兵庫県豊岡市にあるコウノトリの郷公園にいってみたところ、人と自然に関する興味深い知識の数々が。 赤ちゃんを運んでくるというコウノトリは人間による営み(生息環境の悪化)の犠牲者だったようだけど、豊岡市の弛まぬ努力のおかげで嬉しい復活を果たしてきてることがわかって安心😊 加えて嬉しいことに、その地に行くと約2mもある翼を広げてわたしを迎えてくれました😊😊 コウノトリ絶滅まで明治10年(1877年)まで日本全国で見ることができた

          野生絶滅したコウノトリの復活!

          咲いた~咲いた~ チューリップの今年初開花、咲いたのは一輪だけだけど。 昨年約40個の球根を植えたので、これからどんどんいろんな色の花が咲き乱れるのかな~楽しみ。 3月21日には雪で埋もれていたけどよく頑張ったね。

          咲いた~咲いた~ チューリップの今年初開花、咲いたのは一輪だけだけど。 昨年約40個の球根を植えたので、これからどんどんいろんな色の花が咲き乱れるのかな~楽しみ。 3月21日には雪で埋もれていたけどよく頑張ったね。

          蕾が顔を出し始めたチューリップにまさかの雪が、、、 もう3月下旬、、、昨年はもう咲いてた花もあったのに、、、

          蕾が顔を出し始めたチューリップにまさかの雪が、、、 もう3月下旬、、、昨年はもう咲いてた花もあったのに、、、

          面白い現象に遭遇(藤の実がはじけてる)

          今日、公園を歩いていると、木からなにやら枝のようなものが不定期にパチンパチンと音を鳴らして木から落ちてくる。 危なーい。 と思い、子供だったら注意をしなきゃと見渡しても人の入れる場所ではなく、鳥か動物の仕業かと。 その様子が、こちら(目を凝らしてよく見てください笑)。 地面を見てるとこんな感じ、ポタポタと落ちてくる。 わたしがじっと不思議そうに見てると、犬の散歩をしている地元の人がきて、「珍しいねー」と声をかけてきた。 そこで聞いてみると、どうやら「藤の実」がはじ

          面白い現象に遭遇(藤の実がはじけてる)

          駅伝の歴史ここに始まる

          今年1月中旬に東京上野で偶然見かけた興味深い石碑、 そこには日本最初の駅伝が上野不忍池で始まったと書いてある。 その石碑によると、 わが国最初の駅伝は、東京奠都50周年記念大博覧会で「東海道駅伝徒歩競争」が大正6年(1917年)4月27日から3日間開催、そのスタートは京都三条大橋、ゴールは東京上野不忍池という。 更にネットで調べてみると、博覧会の名称は「東京奠都50年奉祝博覧会」は京都から東京に都を移して50周年を記念した大イベント。 石碑にも記してある東海道五十三次

          カモさん何してるの?

          近所の公園を歩いていると、カモさんが木陰で何かをくわえている様子。 魚か何かかな~、とスマホのカメラでズームして見ていると、、、 どうやらわたしは見てはいけないものを見てしまったようです しかも写真まで撮ってしまった😓。。。。 https://youtu.be/jB8zphfT-GY その後、雄カモはすました顔で去っていきました。。。 初めて見た~、鴨の交尾! もう春だもんね😊 最後までご覧いただきありがとうございました。

          2024年(甲辰年)初投稿

          フォロワーの皆さん、こんにちは。お元気ですか? 今更ですが、今年初めて投稿します。 これまでの間、noteを読むことや書くことができませんでしたが、今日からぼちぼち少しずつ再開しますので、引き続きよろしくお願いします。 今年は元旦に能登地震が起き、翌日には羽田空港で旅客機と支援物資を運ぶ海上保安庁の航空機が衝突して炎上しました。 北陸の方々、知り合いを含めて心配をしたのも束の間、同じ日に父が救急車で運ばれ、緊急入院と手術を受けました(先月27日に無事退院しました)。 2