自家中毒

子供の病気:自家中毒とは

風邪を引いているらしい下の子の食べ残しを食べてしまって私も風邪を引いたらしいです。喉が少し痛い気がするのと、なんかしんどいです。風邪だな。でも今朝もまた食べ残され「食べといて」と頼まれました。

「あなたの食べ残しを食べて風邪をもらったみたいなのにまた私が食べなきゃいけないの?」って聞くと「もう風邪ひいたんだから一緒だよ」と言われました。理屈は合っています。

子供の食べ残しはやはり母親が食べるこ

もっとみる
素敵な1日になりますように♫
43

虐待と虐めとケトン血性嘔吐症

私は、小学生の時に、工作や絵がとてもよく評価されていて、いじめられっ子だけど、工作とか絵に関しては人気者だった、みんながキラキラ目を輝かせて、すごーい!!!!って寄ってくきた。

私は、海外映画のプレシャスに出てくる主人公のように、つらく悲しい多いをした時に空想をして現実逃避をしてきたので、想像力がとても豊かだったのです。今もそうかもしれないです。

けど、これは、悪いこともおこすのです、それにつ

もっとみる
ありがとう
1

うな重のショック

食べ物のことだといろいろと書きたいことが次々あふれ出してくるので、もういっそのこと、この路線にどっかりと胡坐をかいて座り込みデモでもしたいような気もしますが、地道に区議会だよりの記事とかも書いていたりします。ただどうしても楽しい記事のほうが書いてる側も幸せなので、政治関連の記事作成はゆっくりでいいかなとか思っています。

さて、今日は私の中で比較的歴史が浅い付き合いの『うなぎ』について、とくに『う

もっとみる
スキありがとうございます。
6

不登校を選ばなかった僕が新世界への修学旅行をする理由 佐藤恒平

こんにちは佐藤恒平です。
新世界への修学旅行先のひとつ、山形県朝日町のゲストハウス松本亭一農舎で働いています。
僕は他のメンバーと違い不登校の経験のない人間です。そんな僕がなぜこの企画に携わろうと思ったのかを、不登校が出来なかった子供時代を振り返りながらお話ししたいと思います。

10月15日〜17日
新世界への修学旅行開催!参加者募集中>>

***
僕は学校が好きでした。学ぶこと、競うこと、そ

もっとみる

小鳥の囀りは脳神経を食む。Twitterアカウントを持たない理由

現役IT屋なのに、Twitterアカウントは現在一つもありません。
大学生(2009年)〜新卒くらいまでは私個人の公開アカウントが実在していたのですが、諸事情により消しており、公開アカウントはそれ以降作っていません。厳密にいうとたまーに非公開アカウントは作っていたのですが、現在はそれも全て消しています。
Twitterを見る時はRSSリーダー経由か、ブラウザで外部から見れる範囲にしています。
この

もっとみる
感想note書いていただけたら、めっちゃ読みに行きます!
6

え?髪を染めただけで摂食障害。恐怖!!新生活をきっかけに摂食障害、入院、会食恐怖症、パニック障害発症~

春ですね。みんな卒業したのか、大学デビューなのか髪色が派手な子を見かけるのが増えました✨

入学おめでとう(〃⌒ー⌒〃)ゞ
もしかしたら、この記事を読んでいる人で浪人生になっちゃった人もいるかもしれないけど、僕も浪人したけど、実は浪人時代が一番楽しかったんだよね、て30代になってきても思う。彼氏その時期いなかったし、バイトに明け暮れたけど。

さてさて、タイトルに戻すけど、これは、まだ僕が20代前

もっとみる

TeenAgeDream 【fiction】

ロックスターが画面の中で足元から照らしつけるライトをにらみつけている。痩せすぎの体は上半身が裸で彼はその貧相な線を隠そうともせずにただライトのまぶしさに顔をゆがめながら光の射す方を見ていた。
 イエスの磔を描いた絵画を思い出す。

 枕元に転がったコンドームを包んだティッシュ。
 私はベッドに浅く腰かけて手鏡を覗き込んだ。ちょうどさっき見たロックスターがしていたように、憎々しげにこちらを覗いている

もっとみる
嬉しいです!
10

はずかしい

「ないた」という絵本がある。僕も子供の頃よく泣いていた。母と姉と3人で暮らしていて体も弱くきっととても甘えん坊だった。自家中毒という病気でよく吐いて、そして入院していた。母は僕を背負い、姉は着替えなどを持って病院まで歩く。そんな夜のシーンを想像するだけで胸が痛む。

色も白くて細く、体の弱い自分がいつも情けなくはずかしいと思っていた。なので学生時代は常に運動部を選んだ。日にも焼けて力も強くなると思

もっとみる

幼稚園児が見抜いた格差。

昭和と平成の境目の。
昭和63年に生まれました。
父が19歳、母が21歳のときにできた子供。
若い両親です。
3歳まで父方の実家で育ちました。
大自然に囲まれた山の中でした。
おばあちゃん子な私は、
いつもおばあちゃんに抱かれ、
それはそれは大切に育てられました。
統合失調症だったおばあちゃんの具合は、
わたしが生まれたことをきっかけに、
みるみる寛解していったみたいです。

それから3つ離れた妹

もっとみる