産学連携

座談会~ポストコロナ時代の高等教育について~ Part 2

 今回の座談会は、2021年7月に新たに常務理事に就任した先生方にお集まりいただき、コロナ禍での経験を振り返り、今後のポストコロナ時代の高等教育のあり方について様々な観点からお話しいただきました。 ※こちらはPart 1からの続きになります。 【地域や産業界との協力・連携について】――今ちょうど地域創生というお話がありましたが、これに関連して、地域や産業界との協力・連携については、今後どのように進められるのでしょうか?(髙橋) 松尾:地方における大学の存在は、その都市にと

スキ
4

産学連携

 産学連携とは、新技術の研究開発や、新事業の創出を目的として、大学などの教育・研究機関と民間企業が連携することをいいます。また、政府や地方公共団体などの官が加わると、産学官連携や産官学連携ともいいます。  独自の研究機関を持たない民間企業は、新技術の種を持つ大学との連携は魅力的です。また、大学にとっては、新技術の種を育てて商品化できる可能性のある企業との連携は魅力的です。お互いの条件がうまく合えば、Win-Winの関係を構築できます。  大学の経常的な研究経費は微々たるも

スキ
4

アカデミア発のイノベーション

大学や研究機関の研究成果をもとにしたイノベーションについて考える。 研究成果である技術シーズを産業界へ移転することを技術移転(Technology Transfer)と呼ばれるが、アカデミア発のイノベーションには、2通りの方法が考えられる。 一つは、既存の企業にアカデミアの技術シーズを移転する方法と、新しく企業を設立して、そのスタートアップに技術シーズを活用してもらう方法がある。Technology Transferのやり方には2通りの展開あるということだ。Technolo

スキ
1

Python 人気No.1

朝活 4時起き9ヶ月目です。母方の叔父が電子レンジを開発したシャープの社員でした。小さい頃電気製品の開発をしたかった夢が、もしかしたらアプリ開発にいかされるといいなと思っています。 語学とコンピューターのプログラミング言語 【言語】 英語をずっと専攻してうまくいったので一途に1つの言語を専攻しようと思います。 iPhoneのアプリで使うプログラミングの言語は別のため アンドロイドのアプリをしたほうがいいのかなと思っています。 写真にあるようにプログラミング言語の人気が表にあ

スキ
31

異質性を生かす観光の産学連携!

エリアセッション:関東 (インバウンドサミット 2021年6月19日) https://www.youtube.com/watch?v=jyNYqG7w9D4&t=1s ・高井 典子 - 神奈川大学 国際日本学部 教授          https://www.ccj.kanagawa-u.ac.jp ・池尾 健 – 一般社団法人Intellectual Innovations 代表理事 ken ikeo          https://intellectual-

スキ
16

頼もしい味方、もう一つ

ー日本の生食文化を下支え刺身・寿司好きにとって、どうしても気になる寄生虫「アニサキス」。サンマやサバに寄生したアニサキスを誤って食べると、激しい痛みや吐き気を伴うアニサキス症(アニサキスによる食中毒)を発症する。残念なことに、患者数は増加傾向だ。ただ、ここに来て、特効薬としてラッパのマークでお馴染みの「正露丸」がひときわ注目されているほか、産学が連携して開発したアニサキスを感電させて死なせるシステムが話題になっている。日本の安全・安心な生食文化を支えてくれそうな二本柱。実に頼

スキ
5

子どもたちの職業の選択肢を広げたい。千葉ウシノヒロバで高校生の職業体験を実施しました!

今回、千葉ウシノヒロバでは千葉県立泉高等学校の生徒さんを対象に、千葉ウシノヒロバの職業体験を実施しました。 農業・畜産・接客業、3つの仕事を体験する 千葉県立泉高等学校では毎年、希望する学生を対象に職業体験を実施しているそうです。今回、その受け入れ先の1つとして千葉ウシノヒロバにもご相談をいただきました。 職業体験は3日間にわたり行われます。4名の学生が千葉ウシノヒロバを希望してくれ、一生懸命仕事に取り組んでくれました。千葉ウシノヒロバには、農園・牧場・キャンプ場に関わ

スキ
5

「大学生が考えた手帳がカタチになります-その1」伊藤手帳×愛知大学キャリア支援センター産学連携プログラム

手帳製造・OEMを手がけて67年の伊藤手帳株式会社は、愛知大学キャリア支援センター(愛知県名古屋市)の低年次キャリアデザインプログラム~CAREER FIELD~と連携した「CF手帳制作プロジェクトを進めています。このプロジェクトは愛知大学生1・2年生18名が参加し「大学生活4年間を楽しくする手帳」の企画から販売プロモーションを考える内容となっています。 各チームが企画した手帳の中から最優秀賞を選びます。選ばれた企画は伊藤手帳が製品化。 製品化された手帳は伊藤手帳の自社E

スキ
40

アカデミストのこれまでとこれから【後編】 - 企業Vision×研究者Visionで新たな価値を創出する

前編では、学術系クラウドファンディング(CF)の本質とacademistの今後について整理しました。後編では、学術系CFサイト「academist」の運営を通じて見えてきた企業のニーズと、新サービスの「academist Grant」についてお話ししていきます。 academist Grant の誕生academistを運営するなかで、企業の方から「◯◯分野の研究者の力を借りたいのですが、アカデミストさんとつながりのある方いますか?」と聞かれることが増えてきました。研究者と

スキ
7

トマトジェラート販売開始まであと10日!!!

皆さんこんにちは!長崎つなぐっど。のかけるである✨ ついにトマトジェラート販売開始まであと10日になったぞ🍅🍨 10日後を目一杯盛り上げるためにトマトジェラートの詳しい情報を発表していくので最後まで見て欲しいぞ😎 初出し情報も沢山あるから要チェックである! まずは、なぜトマトジェラート完成までの経緯を説明する😆 長崎つなぐっど。は長崎の素敵な素材同士をかけあわせてさらに素敵な商品を生み出すことをコンセプトとしている。 今回は「ご褒美デザート」ということで、大島トマト🍅を

スキ
1