皐月

2020年の5番目の月があと1週間で終わろうとしています。当研究室はこれから残りの1週間、ある研究施設の現場にこもり、ドミトリーで寝泊まりして過ごしますので、事実上、もう5月は終わったようなものです。日本では旧暦の5月を皐月(さつき)と呼んでいました。田植えをする月でしたので、早苗(さなえ)を植える早苗月(さなへつき)と言っていたということです。それが短くなって「さつき」になりました。今年の5月は

もっとみる
Like して下さったあなたが大好きです。ありがとう!
4

憂い

横浜のとある大学院で、修士課程を修了し、引き続き、博士課程で勉学を積んでいる。……のは良いのだが、研究すればすればするほど、2つの不安が頭の中でぐちゃぐちゃする。

ひとつはポストの問題だ。正直言って、やっている研究はニッチである。ゆえに、果たしてこの研究に価値を見いだして教員として雇ってくれる場所はあるのだろうか……ということである。ポスト争いは熾烈である。なにしろ、旧帝大の強者ども椅子取りゲー

もっとみる

第5回インタビュー「大学研究員(生物学)」2020/5/25

<まえがき>昨夜、26日にも緊急事態宣言が解除されることが発表されました。もちろんだからと言って、感染リスクがなくなったわけでもありませんが、自粛を強いられず外出できるのは喜ばしいことです。しばらくマスク暮らしは避けられなさそうですが…。今回は「ウイルスの新薬開発にも貢献したい」という生物学の研究者にお話をお聞きしました。(舘澤史岳)

―どんなお仕事をされていますか。
国立大学の准教授として、生

もっとみる

ランダムウォーク

イギリスの数理統計学者 Karl Pearson (1857-1936)は、The Grammar of Science (1892)の著作で有名です。この本は、20代前半、いまの時代の日本なら修士課程1年生に相当する年の頃の Albert Einsteinが、自分のアパートで友人たちを集めて行っていた研究会 Olympia Academyで紹介したことでも知られています。運動の相対性、物質とエネ

もっとみる
Like して下さったあなたが大好きです。ありがとう!
17

わたしの「何でもノート」の使い方

こんにちは🕊

わたしは普段、A5のいわゆる「何でもノート」を持ち歩いています。

幅約1.5cmと、やや厚めのノート。
何を書いているの? どうやって使っているの? と周りの人に聞かれることがよくあります。
そこで今日は、わたしのノートの使い方をまとめてみます。
ノートを持ち歩き始めて良かったこと、併用しているツールなどについてもシェアできれば嬉しいです。

実際のノートの内容はあまり公開でき

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
7

会社を辞めたらこうなった〜30日目・最後の日!〜

5月3日、改め5月20日。会社を辞めて30日目、改め47日目。

今日でニート最後の日。
明日からまた新たな一歩を踏み出す。
最後にこの47日間の暮らしのまとめを記しておく。

====================================

『会社を辞めたらこうなった〜Last  day〜』

あっという間に47日が立ってしまった。
今日で有給消化も終わり。大手企業の会社の看板を下ろす

もっとみる
拝読いただきありがとうございます!嬉しいです!
29

学而

「論語」は、今から約2500年前、古代中国(春秋時代)の孔子(B.C.552(または551)~B.C.479)の教えを死後に弟子達が編纂した言行録です。日本には相当昔に伝わっており、武士の教養の基本中の基本の書でした。明治以来、学校でも習います。このため、非常に多くの日本人は内容を知っています。特に冒頭部分は非常に有名です。論語の第1章は「学而」です。学から始まるところがとても印象的ですね。

もっとみる
Like して下さったあなたが大好きです。ありがとう!
14

【観光】観光経済とは?②

こんにちは。新小樽少年です。
フォロワーさんが欲しいです。どなたか紹介してください。

本日は宿泊業に関する観光経済を考察していこうと思います。
その中でも「宿泊業はどのような組織であるのか」、「重要なトレンドとは何か」という点から理解を深めていこうと思います。

参考がてら前回の記事もどうぞ(かれこれ1週間近く更新してなかった)

1.競争が激しい宿泊業

宿泊業は競争が常に激しい状態です。ブッ

もっとみる
応援ありがとうございます!
6

ジェット旅客機"コメット"墜落事故

我々の生活の中に無くてはならない飛行機。
その発展の背景に、ある歴史的大事故が存在したことをご存知でしょうか?

「ジェット旅客機コメットの空中分解事故」

この事故を工学的視点で振り返ってみましょう。 

(※「まず事故を知る」「現象のモデルを掴む」ことを目的にした記事です。<前提知識>の項目は知っていれば飛ばして下さい。)

事故概要

1954年1月10日、世界最初のジェット旅客機”コメット

もっとみる
ヤッター(^O^)
5

研究者から見た、コロナ禍で注目したい2つの論点 〜雇用問題と国際協調〜

こんにちは!研究者せしおです。
2週間ぶりの投稿です。

今日は、新しいモノを生み出そうとする研究者として、コロナ禍で注目したい2つの論点について話します。
1つ目は雇用問題、
2つ目は国際協調です。
(本記事は、世界的歴史学者・哲学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書やコロナ関連記事に影響を受けています)

■雇用問題
コロナ禍で人とモノの移動が著しく停滞する中、サービス業など人が対面で行う仕事の

もっとみる
嬉しいです!今日も最高の一日を!
7