ブンイチ(文一総合出版)

自然と生きものの魅力と観察や撮影の楽しさを、本を通して伝えるブンイチ(文一総合出版)。…

ブンイチ(文一総合出版)

自然と生きものの魅力と観察や撮影の楽しさを、本を通して伝えるブンイチ(文一総合出版)。生きものについてのさまざまな話題はもちろん、取材・編集・印刷など本づくりにまつわるエピソードも発信します。毎週ほぼ月曜更新。新刊情報はこちら→https://www.bun-ichi.co.jp

マガジン

  • 掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究

    鳥と花とのふれあいを楽しむテーマパーク、掛川花鳥園の鳥たちについて、飼育スタッフが愛情たっぷりにディープな実験をしてみたり、楽しい自由研究をした記録のまとめです。ハシビロコウやへビクイワシ、ペンギンや細くなることで有名なコノハズクなど、人気者大集合!

  • ブンイチTopics

    ブンイチが協力、協賛している書店のフェアや博物館のイベント、著者イベント、オリジナルグッズなどを紹介します。

  • ブンイチ 新刊案内

    図鑑や読み物、児童書など、ブンイチから発売した新刊案内をまとめました。

  • ブンイチの図鑑

    季節ごとにおすすめの図鑑をピックアップ。制作時のこだわりや編集裏話を紹介します。編集スタッフが、実際にフィールドで“使ってみた”記事も公開!

  • 憧れの「宝石」を探す変形菌旅

    「森の宝石」と呼ばれる変形菌。芸術品のようなビジュアルは種によってさまざまで、森を「宝探し」のように歩いて発見する楽しみがあります。身近な場所でもいろいろな種を観察できますが、山のブナ林や亜高山帯の針葉樹林まで足を延ばすと、身のまわりでは観察できない種に出会うことも。そんな憧れの「宝石」に出会うための菌旅のようすをお届けする連載です。ほぼ週1本、全5回を予定。

最近の記事

  • 固定された記事

お手本でわかる! 野鳥撮影術〜カバーのカワセミはどう撮った?〜

新刊『お手本でわかる! 野鳥撮影術』のカバーを飾ったのは、ため息が出るほど美しいカワセミのショット。鮮やかな水面、飛び出しの水飛沫、くっきりとした水鏡と、まさしく「お手本」にしたい作品だ。この写真はどのようにして撮られたのか、撮影者である水中伸浩さんに教えてもらった。 自分だけの、とことん納得できるカワセミ Author:水中伸浩(野鳥写真家)  カワセミと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、都市公園での人馴れした姿だろうか? しかし、人が集まるところで撮影するのを好まない

    • 春の水辺で楽しむ!シギチ探し

      海での水遊びや潮干狩りなどのときにこんな鳥を見かけたことはあるだろうか? 彼らは主に水辺で暮らす、"シギ"の仲間や"チドリ"の仲間の鳥だ。この2つのグループの鳥をまとめて"シギチ"と呼んだりもする。 上の鳥はミユビシギといい、群れで干潟や砂浜を走る姿も相まって人気が高い。 長い旅をする「旅鳥」 シギチが日本でよく見られる時期は、主に春(3月末〜5月中旬ごろ)と秋(8〜10月ごろ)。「なぜ春に日本に来て、夏にはいなくなるのだろう?」と思った人もいるかもしれない。これには、

      • おうちにフジを咲かせましょう

         ホームセンターでフジの鉢植えが売られていました。  ことし(2024年)7月に出る新5000円札は裏の図案がフジの花なので、ここはひとつ縁起をかついで……と思いかけたけど、来年咲かせるのはむずかしいだろうな、そうなったら逆に縁起わるいかなとためらってしまいました。  だって、あたくしの実家の庭にはフジが植わっているけど、何年たっても咲いたことがない。つるは立派に伸びるのだけど、咲きません。つらつら思い出すに、貧弱な花房が間違えたみたいについたことが1、2回あったかな、と

        • 掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究 【匠の業〜三式ANL多重装甲兎〜】

          花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク、掛川花鳥園のスタッフによる、園内の鳥たちのディープな情報や楽しい実験をスタッフブログから集めたよりぬき連載。今回は「スタッフによる工夫あふれる工作」をご紹介! 三式ANL多重装甲兎ラジコンに足に何やら服のようなものを着たウサギを載せたこの「三式ANL多重装甲兎」(以下装甲兎)は、スタッフが手作りしたものです。 一体何に使うのかというと,猛禽類たちの狩りを再現したバードショーやその訓練で使う擬似餌(ルアー)です。背中に餌の肉を取り付け

        • 固定された記事

        お手本でわかる! 野鳥撮影術〜カバーのカワセミはどう撮った?〜

        マガジン

        • 掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究
          23本
        • ブンイチTopics
          61本
        • ブンイチ 新刊案内
          37本
        • ブンイチの図鑑
          8本
        • 憧れの「宝石」を探す変形菌旅
          7本
        • 今月のBIRDER
          19本

        記事

          BIRDER4月号の見どころ

          特集【徹底解説!基本12種+チャレンジ4種 シギチのパレード】ここがおもしろい!干潟ウォッチングレポ シギチとは「シギ・チドリ類」の鳥をまとめた通称。たまに野球場に群れで侵入してゲームを止める珍事を引き起こしてニュースになったり、波に追われるように海岸を走り回る様子がSNSで不定期に“バズ”っているのを見かけますが、詳しくは 知らない、という人が多い印象です。地味で見分けがつかないのがいけないのか、干潟がないと観察しづらいのがいけないのか、なんだかちょっと影が薄い……。企画

          (3月開催)ブンイチ関連イベントまとめ(3/12更新)

          二人展「それぞれの視点 戸塚学×福田幸広の見た世界」(3/1〜)期間 2024年3月1日㈮〜3月30日㈯ 入場無料 時間 10:00〜18:00(火・木定休、最終日15:00まで) 会場 Leofoto GALLERY(Leofoto JAPANショールーム内)    埼玉県川口市西川口3-33-29 NWビル2F 詳細 レオフォトショールーム 山田芳文写真展「αとG Masterで描く日本の野鳥」(3/9〜)期間 2024年3月9日㈯~3月22日㈮ 入場無料 時間 11

          (3月開催)ブンイチ関連イベントまとめ(3/12更新)

          憧れの鳥探しに挑戦! 第5回《赤い鳥3種盛り》

          Author:髙野丈(編集部) こんにちは、文一総合出版編集部の髙野丈です。プロバードガイド・石田光史さんの著書『旬の鳥、憧れの鳥の探し方(以降、探し方本)』のテーマに合わせ、憧れの鳥探しを実践するこの企画。前回は北海道へ遠征し、大人気のシマエナガをたっぷり堪能しました。今回は冬の寒さや雪景色に映える憧れの赤い鳥たち、オオマシコとイスカを探しに行きたいと思います。 *参照: 憧れの鳥探しに挑戦! 第1回《ムギマキに会いたい》 憧れの鳥探しに挑戦! 第2回《アオシギを見つけ出

          憧れの鳥探しに挑戦! 第5回《赤い鳥3種盛り》

          あなたの“推しアリ“がきっと見つかる! 「アリハンドブック増補改訂第2版」の楽しみ方 

           「アリ」という虫を知らない人はいないと思います。教科書にも出てくるし,キャラクターのモチーフになることも多いし,アリをテーマにした物語や映像作品も少なくありません。  だいたいの人がもつアリのイメージは「黒くて,小さくて,たくさんいる」でしょう。でもアリの世界は驚くほど多様です。そんなアリの世界の扉を開けてくれるのが『アリハンドブック』です。”小さなアリを大きく見せる”をコンセプトにしたこの本は,たくさんの支持を受け「初版」→「増補改訂版」→「増補改訂2版」と刷を重ねるたび

          あなたの“推しアリ“がきっと見つかる! 「アリハンドブック増補改訂第2版」の楽しみ方 

          掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究 【青い天使の恋?】

          花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク、掛川花鳥園のスタッフによる、園内の鳥たちのディープな情報や楽しい実験をスタッフブログから集めたよりぬき連載。今回はかわいさ抜群の「ツキノワテリムク」をご紹介! ツキノワテリムクってどんな鳥?ツキノワテリムクは感じで書くと月輪照椋。胸に月の輪がありますね。「照」は美しい青い羽から名前でしょう。ムクドリ(椋鳥)の仲間ですが、日本に野生では暮らしていません。アフリカのエリトリアやタンザニア、ケニアなどに暮らしている鳥で、都市や庭などにも訪

          掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究 【青い天使の恋?】

          BIRDER3月号の見どころ

          特集【鳥のプロポーズ大作戦】観察してみよう!鳥の求愛ディスプレイ 〜身近な鳥編〜 「ディスプレイ」とは聞きなれない言葉かもしれませんが、威嚇や求愛のためのアピールのことで、例えばクジャクが大きく羽を広げる行動は「求愛ディスプレイ」にあたります。そして鳥たちの求愛ディスプレイは春先にたくさん見られます。身近なキジやヒバリなどのほかに、カモ類など観察しやすい種や、一度は見てみたい有名な求愛のしぐさを集めて紹介したので、観察に挑戦してみませんか?特にキジバトは公園などでも求愛ディ

          (2月開催)ブンイチ関連イベントまとめ - CP+2024スペシャル

          2月22日㈭よりパシフィコ横浜にて開催の、カメラと映像のワールドプレミアショー「CP+2024」では、文一総合出版、月刊誌BIRDERの著者の皆さまが多数、出演されます。この機会にぜひご来場ください。 *掲載の情報は変更になる場合があります。最新情報ならびにイベントの詳細は、CP+2024のオフィシャルサイトでご確認ください。 カメラと映像のワールドプレミアショー「CP+2024」期間 2024年2月22日㈭〜25日㈰ 詳細 https://www.cpplus.jp/(

          (2月開催)ブンイチ関連イベントまとめ - CP+2024スペシャル

          憧れの鳥探しに挑戦! 第4回《シマエナガをかわいく撮りたい》

          Author:髙野丈(編集部) こんにちは、文一総合出版編集部の髙野丈です。プロバードガイド・石田光史さんの新刊『旬の鳥、憧れの鳥の探し方(以降、探し方本)』のテーマに合わせ、憧れの鳥探しを実践する本企画。前回はトラツグミ探しに成功しましたが、じっくり観察することはできずやや不完全燃焼でした。それでも、自然度の高い郊外の公園を散策しながら多くの鳥を見つけることができ、楽しい鳥見となりました。さて、4回目となる今回狙うのは、巷で大人気の「雪の妖精」シマエナガ。大好きな鳥で30

          憧れの鳥探しに挑戦! 第4回《シマエナガをかわいく撮りたい》

          カメラの祭典CP+2024出展&『お手本でわかる野鳥撮影術』会場先行販売

          2024年2月22日(木)〜25日(日)に、パシフィコ横浜にて,カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2024」が開催されます。 会期 2024年2月22日(木)~ 25(日) 時間 10:00~18:00 最終日のみ17:00まで。※2月22日(木)のみ、12:00まではプレス・VIP招待者の入場時間帯。一般来場者の方は12:00〜18:00の間に来場可能。 会場 パシフィコ横浜 主催 一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA) このイベ

          カメラの祭典CP+2024出展&『お手本でわかる野鳥撮影術』会場先行販売

          掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究 【恐竜っぽい鳥】

          花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク、掛川花鳥園のスタッフによる、園内の鳥たちのディープな情報や楽しい実験をスタッフブログから集めたよりぬき連載。今回は辰年にひっかけて、ちょっと恐竜みたいとお客さんから評判の「アカガシラエボシドリ」と「チュウハシ」をご紹介! こんな恐竜いそうまずはアカガシラエボシドリはどんな鳥か見ていきましょう。 どのアングルから見てもかわいいアカガシラエボシドリ。真正面からのモヒカン具合が絶妙です。お客さんから「ちょっと恐竜みたい」といわれることも

          掛川花鳥園スタッフのゆるゆる自由研究 【恐竜っぽい鳥】

          (2月開催)ブンイチ関連イベントまとめ - 申込締切は1月中です

          2023年度 日本山岳遺産サミット(2/3 1/31締切)【ツキノワグマのすべて】の著者、東京農工大学大学院教授・小池伸介先生の特別講演。事前申込が必要、締切は1月31日㈬。定員になり次第受付終了。 日時 2024年2月3日㈯ 13:30~16:00(開催30分前から開場、受付開始) 会場 インプレスグループ セミナールーム  東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 23F  神保町駅 A9出口徒歩1分 Google Map 費用 参加費500円 定員

          (2月開催)ブンイチ関連イベントまとめ - 申込締切は1月中です

          (1月26日更新)ブンイチ関連イベントまとめ

          MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店|冬の野鳥フェア(〜2/10)文一総合出版の野鳥関連書籍を多数、ご覧いただけるフェア。 期間 開催中〜2024年2月10日㈯ 場所 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店    大阪府大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 6F(理工書売り場) 時間 10:00~22:00 湘南 蔦屋書店|小松 貴『陸の深海生物 日本の地下に住む生き物』パネル展(〜2/29)昨年11月に発売、発売2週間で即重版となった人気の新刊【陸の深海生物】。

          (1月26日更新)ブンイチ関連イベントまとめ