次世代リーダー

office SEDA note始めます♪

みなさん、こんにちは!note開設させて頂きましたYo !(^^)/
office SEDA 代表の鈴木寛之(ヒロユキ)です。

今回は初回ということで私の自己紹介からoffice SEDAの事業内容、立上げた経緯をサラッとお伝えします。
ゆる~く読んでいただけたら幸いです。

代表自己紹介・1980年生まれの40歳。静岡県三島市出身。愛知県大府市在住。
・伊豆中央高校卒業、芝浦工業大学工学部卒業

もっとみる

第12回若者力大賞のご案内&受賞者発表!!

こんにちは!若者力大賞学生委員の学生チームです!

今年の若者力大賞も様々な分野で活動をされている方々が受賞されました!おめでとうございます!

【概要】日時:2021年5月11日(火) 18:00-19:30(表彰式) 
場所:オンライン開催(Youtube)
主催:公益財団法人日本ユースリーダー協会
参加費:無料

表彰式では受賞者から詳しい活動内容や背景、生い立ちも聞くことができます。

もっとみる
スキありがとうございます!
6

自己紹介

ご覧いただきありがとうございます!
公益財団法人日本ユースリーダー協会若者力大賞実行委員会です
この度、学生チームが中心となってnoteを始めることになりました!

…と名乗られても、#ユースリーダー #若者力 #学生チーム ?となると思います。
冒頭から、協会に大変お世話になっている学生が言うのもアレですが……当協会は事務局職員4名という事務局の規模だけで言うととても小さい団体なんです。実際、事

もっとみる
スキありがとうございます!
6

デキる人の「時間管理の裏技」とは

「ちゃんと計画しているのに、思うように仕事が進まない」
こんな悩みは、誰しもあるものです。特にコロナ禍によって、この傾向は強くなったといえるでしょう。何故なら、働き方が一変したからです。

働き方の変化として、テレワークを導入する企業が増えた点があります。
”誰かに管理されながら働いていた時代”から
”自分自身で働き方を管理する時代”への変化です
とはいえ!働き方が変わっても、求められる成果には変

もっとみる

次世代リーダー育成塾 第3講 リーダーの持つべき土台(正しい考え方とは)

おはようございます。本日は第3講をお届けします。今回はリーダーの持つべき土台とは何かについてお話し致します。前回も示したリーダー育成モデルを改めて。

上記モデルの通り、リーダーの土台は人間力です。分解すると「正しい考え方(精神・信念の拠りどころ)」「軸としての観性」そして「情熱」です。志の磨き方とも言えます。順番にお伝えして参ります。

1.正しい考え方(精神・信念)とは何か?正しい考え方とは何

もっとみる
望外の喜び
3

次世代リーダー育成塾 第2講 リーダーとは誰のことか?

おはようございます。本日は第2講をお届けします。今回はリーダーって誰の事?について。決して社長や部長といった役職では無いことだけ先に申し上げておきます。

1,リーダーの要件

今年も様々な企業様の次世代リーダー育成に関わらせて頂く予定ですが、どこのお客さま先でも共に追求(或いは追究)する共通したリーダー像があります。過去の記事に書きましたが改めて明示すると以下の4要件となります。

▼私の志向す

もっとみる
有難き幸せ
5

右腕のつくり方

チームをつくっていくにあたり重要なのは「いかに右腕をつくるか」です。
私は、これが最優先課題だと思っています。

右腕 = No.2 とは限らない

右腕は、必ずしも年長者である必要はありません。
また、業務が1番デキる人である必要もありません。

右腕の1番重要な役割は「リーダーにない視点・能力を埋めること」です。
右腕には自分とは違うタイプを置く必要があります。

そのため、リーダーが自身の強

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
63

日系アメリカ人リーダーたちと学ぶ #リーダーシップ に大切なこと

こんにちは!iLEAPスタッフの友香です。わたしの住む東京ではすっかり桜が散り、美しい新緑が広がっているところです。みなさんはいかがお過ごしですか?

iLEAPでは、この度JALD (Japanese American Leadership Delegation Program) 2019年度参加の日系アメリカ人リーダーたちからの後援により、リーダーシップについて学びたいと願う日本の高校生のため

もっとみる

次のステージへ上昇するメンタルプログラム

自分自身そのもので貢献

もっと何かあるんじゃないか。

付け足す意識で行き着くところには限界があります。

もっと出来るはずなのに、でもこれしかない。

経験を積み上げてきて自信がある人ほど

自分にはこれしかない、という強い思いが

自分の持っているいろんなものを見えなくさせています。

どうしても何をやってもうまくいかなくなると

リセットするしかない。

全部捨てたときにわかることは

もっとみる

ルールがあるから、主体的に動ける

・ チームメンバーが指示待ちで、自分から動けない。
・ どこか他人事のような言動が気になる。
・ いっそ自分でやってしまった方が早いのではないか。

自分で仕事を見つけて…自分で目標を立てて達成して…とやれてきた人ほど、メンバーを持った時にこれらを感じてしまうかもしれません。

ルールがあった方が、全体の業務のスピードは速い

自由度が高い環境では、メンバーが能力を最大化できる…というのも事実です

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
31