酒匂令子(さこうれいこ)@コーチングや無形商材ビジネスサポート

▼コーチングや無形商材ビジネスをマーケティング側面からサポート https://www…

酒匂令子(さこうれいこ)@コーチングや無形商材ビジネスサポート

▼コーチングや無形商材ビジネスをマーケティング側面からサポート https://www.reikosako.com ▼銀座コーチンスクール日本橋校講師 https://www.ginza-coach.com/trainer/rsakou2.html

最近の記事

  • 固定された記事

もしも変化を起こしたいと思ったら…

「職場のコミュニケーション環境を変えたい!」そんな想いから学びを始めたコーチング。実際に学んでみるとその活用方法は私の生き方そのもの、全てのベースとなる考え方でした。 「コーチングとは?」 に関して様々な定義がありますが、私がコーチングを学んだおかげで変えられた事、よかったと思うことを今日はお伝えしたいと思います。 相手の心を開く フリーランスと言う立場で、とある中小企業のプロジェクトに業務委託で関わらせていただいたのですが、チームメンバーがなかなか心を開いてくれない、何

    • どうやってコーチングを学ぶと良いか

      以前セッションをさせていただいたコーチ仲間の方に 「どうやってコーチング学んでいる?れいちゃんみたいにできるようになりたい」という、身に余るお言葉をいただきました。 (↑嬉しすぎて心躍りまくる人…笑) さて、今日はコーチングの学びはどのようにして深めることができるのか、についてちょっと考えてみたいと思っています。 (コーチングの基礎はすでにスクールなどで学び、一通りのセッションができる前提でお話します。) 私の経験談 コーチとしての資格を取得して以来、 私もこれまで色々

      • コーチングセッションの手ごたえについて

        先日Xでとある方とディスカッションさせていただいたのですが、 「コーチングセッションで手ごたえを感じない」という悩みについて色々と思うところがあったので、こちらに考察を出しておきたいと思います。 「手応え」って何? コーチングセッションをやった後に 「あまり手応えを感じなかった…」 「クライアントがどのくらい満足しているか不安」 などといった声を耳にすることが良くあります。 「うん、わかるよ!」 セッションが終った後に、 「今日のセッション満足してくれたかな」 「クラ

        • 認定資格試験 ICF Credentialing Examに合格するためのヒント…

          ICF(国際コーチング連盟)の筆記試験クレデンシャルエグザム(Credentialing Exam)に先日無事合格することができました。2022年の改定以降、試験内容がグッと難しくなった、と言われているこの試験ですが、実は2週間前にも1度不合格になりまして、その時は合格点まで3点足りない…という悔しい思いをした一方、その時は回答していても手応えがありませんでした。その後改めて学び直した結果、2度目の挑戦で合格することができました。 回答の公開がなく、何が正解かの情報がないた

        マガジン

        • コーチング
          9本
        • マーケティングの基本
          11本
        • コミュニケーション
          3本
        • プライベート
          2本
        • 働き方改革
          2本
        • ワーママテク
          1本

        記事

          クライアントは本当の課題を知らない

          クライアントの真の課題は? コーチングの講師をしていると、コーチになりたての方のご相談やお悩みを聞く機会が良くあります。 新たにクライアントを探してみたり、どんなコーチになりたいか、について話をする際に私はいつも、 「あなたはクライアントのどんな課題を解決するコーチですか?」 と尋ねます。 そんな時よく返ってくる答えが、 「自分らしく生きることをサポートしたい」 「もっと自分に自信をもって欲しい」 「生き生きとした毎日を送れるようにしたい」 などの言葉をよく耳にします。

          売上が伸びないなと思ったら…

          売上が伸びないな…、と悩んでいる時、 ついついアイデアとして考えてしまうのがキャンペーンをやってみてはどうか?広告を打ってみるか?はたまた値下げをするか…? などといった「どうする?」をあれこれと考えてしまいがちですね…。 実はこれ、本来問題となっている部分を特定できていないのに、 全く違う対処法を取っているため、せっかく試した試行錯誤がすべて無駄になる可能性がとても高いのです。 (お腹が痛いとお医者さんに行ったら頭痛薬を処方された、みたいなイメージです。) ところが、「

          商品作りは「具体」x「抽象」

          「好き」を仕事にする。という言葉があります。皆さんこの言葉をどんな意味で捉えているでしょうか?私は以前「好き、を仕事にする」という言葉にとても憧れている時期がありました。きっと誰もが一度は憧れる言葉ではないでしょうか?この考え方、確かにそれが出来たら最高なのですが、一方でとても注意が必要な言葉だと思っています。 ニーズがあって初めて成り立つのが仕事 文字通りで考えるのであれば、「好き」を仕事にできれば最高です。歌うことが大好きなので、歌を歌って収入を得る。文章を書くことが

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑧「買ってください」と言わない

          顧客と繋がって一番最初にすること 顧客と接点を探したら、早速ご自身の商品やサービスを顧客に紹介ましょう!と、言いたいところですか、ちょっと待った!ビジネスを始めて一番最初に躓いてしまうのが、この商品を顧客に紹介する場面なのです。 皆さん、是非逆の立場になって考えてみてください。 ある日街を歩いていたら、まったく見ず知らずに人が 「この水、飲むととても健康になる水なのです。1個100円です、まずは話を聞いて買ってください!」と 言われたらどう思いますか?その水買いますか?

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑧「買ってください」と言わない

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑦ ロールモデルを見つける

          ロールモデルを見つける 皆さんが進めたいビジネスの大枠が出来上がったら、 皆さんが始めたいビジネスに最も近い形でビジネスを展開している競合(いわばライバル)を探してみましょう。 ライバルが見つかったら、まずはそのライバルを分析します。 ・メインの顧客は誰だろう? ・どのようにして顧客と接点をもっているだろう? ・顧客を魅了しているポイントはどんなところだそう? ・このライバルはどのくらい売り上げを上げていて、どこに経費をかけているだろう? ライバルを分析して成功要因を知る

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑦ ロールモデルを見つける

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑥ユーザーと会える場所を考え

          始めの一歩はユーザとの出会いから ユーザーインタビューが終ったら、顧客とはどこで出会うことが出来るのか、を考えましょう。最近は「集客」といえば「SNS」という方法をすぐに考えてしまいがちです。もちろんSNSは強力な集客ツールになりますし、実際に私が立ち上げたビジネスでも集客の95%以上をSNSで成り立たせたものもあります。しかし、一般的にSNSで告知活動をしたからといってすぐに集客ができるか、というとそう簡単なのものではないのも事実です。 「集客=SNS」と考える前に、他に

          成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑥ユーザーと会える場所を考え

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑤】ユーザーインタビューをやってみよう

          「マーケティング」という言葉を聞くと、何だかとても難しい論理のように感じられる方も多いかもしれませんが、マーケティングの基本はとてもシンプルです。それは…「必要な時と場所に、必要な人へ、必要なものを提供する」これがマーケティングの最も基本的な考え方です。 売上を作るビジネスのステップを解説したこれまでのシリーズはこちらよりご確認ください↓  https://note.com/35leyco/m/mdefde4643fc7 「誰のどんな課題をどのように解決する」 ここまでが出

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎⑤】ユーザーインタビューをやってみよう

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎④】お客様から支持される商品を作る

          「マーケティング」という言葉を聞くと、何だかとても難しい論理のように感じられる方も多いかもしれませんが、マーケティングの基本はとてもシンプルです。それは…「必要な時と場所に、必要な人へ、必要なものを提供する」これがマーケティングの最も基本的な考え方です。 これまで「誰のどんな課題(不)を解決し、その人がどのような状態になれることを提供しているのか」について考えていただきました。 過去記事 (お客さんが本当に必要しているもの、わかってる?) (本当に困っている人はだれ?) 早

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎④】お客様から支持される商品を作る

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎③】本当に困っている人はだれ?

          「マーケティング」という言葉を聞くと、何だかとても難しい論理のように感じられる方も多いかもしれませんが、マーケティングの基本はとてもシンプルです。それは… 「必要な時と場所に、必要な人へ、必要なものを提供する」これがマーケティングの最も基本的な考え方です。前回は「顧客が本当に必要としている物は何?」を考えました。今日はそこから一歩踏み込んで、ではその必要としている物を本当に必要だと感じている人はどんな特徴を持っている人なのか?について考えてみましょう。 人によって欲しいもの

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎③】本当に困っている人はだれ?

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎②】お客さんが本当に必要としているものわかってる?

          「マーケティング」という言葉を聞くと、何だかとても難しい論理のように感じられる方も多いかもしれませんが、マーケティングの基本はとてもシンプルです。 それは… 「必要な時と場所に、必要な人へ、必要なものを提供する」これがマーケティングの最も基本的な考え方です。 前回、マーケティンとはなにか?をご理解いただいた皆さん。 今日は早速「必要なもの」は何か?を考えてみましょう。 必要な物を考える 「何かが必要だ」と人が感じている時、その人はどんな状態にあるでしょうか? 最もシ

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎②】お客さんが本当に必要としているものわかってる?

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎①】マーケティングを実践するコツ

          そもそもマーケティングって何? 「マーケティング」という言葉を聞くと、何だかとても難しい論理のように感じられる方も多いかもしれませんが、マーケティングの基本はとてもシンプルです。 それは… 「必要な時と場所に、必要な人へ、必要なものを提供する」これがマーケティングの最も基本的な考え方です。 皆さんもこんな経験ありませんか? 外を歩いていたら急に土砂降りの雨が降り出して、近くのコンビニに駆け込んでビニール傘を買ったこと…。このときビニール側は店の一番入口の見つけやすい所に

          【成功する売り方を考えるマーケティング基礎①】マーケティングを実践するコツ

          「やりたいことが分からない」という悩みについて

          コーチングセッションをやっていると、「やりたいことが分からない」 「目標が見つからない」というお悩みをいただくことが良くあります。 そこで今日はこのお悩みについてちょっと考えてみようと思います。 やりたいことが分からないの正体とは… ①経験不足 やりたいことを見つけるには、そもそもどのような選択肢があるのかを知る必要がありますよね。経験不足やリサーチ不足で、自分にとても狭い選択肢を与えたまま、その中で「見つからない…」と悩んでいる方がいらっしゃるように思います。 私自

          「やりたいことが分からない」という悩みについて