堀井 悠@プロチームのパフォーマンスコーチ

アンドア㈱代表取締役 プロスポーツチームのパフォーマンスコーチ|30代社員の共創型リーダー育成|フルオーダーメイドの企業研修講師|スタバ→学習塾→リクルート→研修講師|ミッションは「あきらめを、キッカケに」|働くことを面白くする人財・組織コラムを書きます!|慶應SFC卒

堀井 悠@プロチームのパフォーマンスコーチ

アンドア㈱代表取締役 プロスポーツチームのパフォーマンスコーチ|30代社員の共創型リーダー育成|フルオーダーメイドの企業研修講師|スタバ→学習塾→リクルート→研修講師|ミッションは「あきらめを、キッカケに」|働くことを面白くする人財・組織コラムを書きます!|慶應SFC卒

    マガジン

    • 指示待ちvs.意志待ち【企業組織の人財開発リアル奮闘記】

      スタートアップ経営者で現役研修講師・コーチによる、企業組織のドロドロした問題とスッキリした解決事例をとことんご紹介していきます。 あらゆる人が自分らしさを誇りに、「また明日がんばろう」と思える世の中を目指して。

    • チームの”言葉”を診断するプロジェクト

      人財開発×コーチングの社外コミュニティで、日本初上陸のサービスを開発しています!応援やジョイン歓迎です!

    最近の記事

    固定された記事

    研修のプロがガチで自組織のパーパスをつくって浸透してみた

    こんにちは。アンドア株式会社代表の堀井です。私たちは企業の人材・組織のご支援や、プロアスリートの能力開発を支援しています。皆さんとお会いする機会は、いわゆる「研修」が一番身近でしょう。 最近ではプライム上場企業様の【パーパス浸透】施策を数多く支援させていただいています。私自身、スターバックスやリクルートと言った独自のパーパスやDNAが浸透した企業文化を経験してきました。今ではその経験が企業のパーパス浸透施策に役立っていると感じています。 このレポートではパーパスを設定しよ

    スキ
    4
      • 学べる人/学べない人のシンプルな違い

        年が明けて受験シーズンに入ります。受験生とその関係者の皆様は体調管理には気をつけて、ベストな実力が発揮されることを祈っています。 こんにちは。プロフェッショナル人材の能力開発をご支援する、アンドア代表の堀井です。 さて、私自身は「学ぶ」ということに苦労してきました。高3での全国偏差値は40。”入れる大学は無い”とフィードバックされました。自他ともに認める勉強嫌いでした。 そんな私が今では予備校業界、社会人研修を通じて「学び直す」お手伝いをしています。学ぶことに苦労してき

        スキ
        9
        • 2021年を振り返って

          プロフェッショナル人材の能力開発をご支援する、アンドア代表の堀井です。普段は研修講師として、コーチとして目標設定のお手伝いをしていますが、この場を借りて私自身の振り返りと、2022年のビジョンをお伝えしようと思います。 総括|神は細部に宿る私にとって2021年は、ヘルニア手術に始まった一年でした。 ヘルニア手術の翌日に次女が誕生。つまり、年始は夫婦ともに入院していました。 どうにも歩けず、仕事が続けられない不安を味わいました。 「どうして身体の中の小さな突起に翻弄され

          スキ
          11
          • 伸びる人の条件〜不甲斐ない自分に怒れたらチャンス〜

            幸いにも人材育成を専門にした仕事で13,000人の方と関わらせていただき、OJT担当としては約50名の方と苦楽を共にさせていただきました。 そんな私が最近、多くの人材育成担当者や経営幹部の方と話す話題の一つに、『結局、伸びる人の条件とは?』というものがあります。 この問いに1年くらい向き合いました。OJTで使用したノートやコーチングのログを分析し直し、お客様である人事の方や、実際に“化ける”という表現がふさわしいほど成長を遂げた元部下達と議論をしました。決してアカデミック

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 指示待ちvs.意志待ち【企業組織の人財開発リアル奮闘記】

            • 9本

            スタートアップ経営者で現役研修講師・コーチによる、企業組織のドロドロした問題とスッキリした解決事例をとことんご紹介していきます。 あらゆる人が自分らしさを誇りに、「また明日がんばろう」と思える世の中を目指して。

          • チームの”言葉”を診断するプロジェクト

            • 1本

            人財開発×コーチングの社外コミュニティで、日本初上陸のサービスを開発しています!応援やジョイン歓迎です!

          • 指示待ちvs.意志待ち【企業組織の人財開発リアル奮闘記】

            • 9本

            スタートアップ経営者で現役研修講師・コーチによる、企業組織のドロドロした問題とスッキリした解決事例をとことんご紹介していきます。 あらゆる人が自分らしさを誇りに、「また明日がんばろう」と思える世の中を目指して。

          • チームの”言葉”を診断するプロジェクト

            • 1本

            人財開発×コーチングの社外コミュニティで、日本初上陸のサービスを開発しています!応援やジョイン歓迎です!

          記事

          記事をすべて見る
            • 人財・組織開発で三菱電不正問題から学びとること

              乱数を用いて検査成績書を自動生成する 85年から2021年まで鉄道会社93社7万3986台が出荷された ショッキングなニュースでした。一つの会社の不正問題ではなく、世界に向けてこれまで積み上げてきた”日本の鉄道”というブランドやプライドが崩れかねない意味を有します。 日経新聞でも大々的に論考されています。そこで、私なりに調査報告書を読み込んで、人財・組織開発の視点から問題を切り取って考察してみました。 三菱電機の信用回復はもちろんのこと、多くの健全な企業組織においてこ

              スキ
              6
              • #1 社外コミュニティが「総当り全力ほめワーク」でチームをつくる

                こんにちは。人財開発トレーナーの堀井です。 日本初上陸のコミュニケーションツールで誰もがチームの状態が簡単にわかり、自分のキャラが発揮しやすいチームをつくれるようにする。そんなサービスをつくっています。 このnoteではプロジェクトの進捗や、応援いただいている皆さんへのHRDこぼれ話などを紹介していきます。 チームづくりに能力は関係ない??ところで、「きみはリーダーシップがないなー」と言われて嬉しいですか? 普通、むかつきますよね。 でも、そんなマイナスフィードバッ

                スキ
                5
                • そうだ 無駄話を、しよう【アイディアを生み出す“愛すべき無駄”のつくりかた】

                  ところで、皆さんは無駄を愛していますか? 私はとても矛盾した人間なので、研修講師やコンサルの立場では無駄を厳しく指摘させていただいていますが、私の人生や価値観は「無駄」でできています。 愛車のミニクーパーで夜な夜な6万Km走り回った20代前半。その歴史を「無駄」と言われればぐうの音も出ません。しかし、私の仕事も家族も無駄から始まっているのも事実。 今日のテーマは「無駄」。それも「愛すべき無駄」がいかに大切かについて考えていきます。 1.無駄がイノベーションを生むコワー

                  スキ
                  19
                  • そうだ ビジョンを、話そう。〜キャラ変マネジメントのすゝめ〜

                    先日22日の日経新聞にこのような記事がありました。 インパクトに欠ける人材投資提言 浸透は未知数 今年6月、内閣府は中長期の経済政策を展望する報告書「選択する未来2.0」を公表した。様々な施策が盛り込まれたが、最大のテーマは「ヒューマン・ニューディール」だった。市場ニーズに対応できていない日本のリカレント教育や女性労働者の処遇の低さといった問題を指摘。人材への投資を徹底し、多様な人材の発想や能力を発揮させることが肝心だと結論づけ、幅広い分野での改革の必然性を訴えた。 と

                    スキ
                    35
                    • 『私たちに厳しく指摘をしてください』と言う時点で成長は止まっている

                      指示待ちvs.意志待ち第2弾は会社幹部が言う「厳しい指摘」のお話。 これは書くか書かないか迷いました。なぜなら私自身、仕事柄「他の方が指摘しないような厳しいことを言ってください」という要請によってお仕事になっていることが多いのです。ただ、私自身も講師、コーチ、コンサルとして新たな成長を重ねていきたいので、甘えから脱しようと思い、あえて書き記します。 厳しい指摘がほしい=成長していない結論、『厳しく指摘してください』と言う時点で、その人や組織は成長していません。 特に会社

                      スキ
                      18
                      • 若手社員は意志がないのではない!『最適解を探している』:指示待ちvs.意志待ち#1

                        こんにちは。働くことを面白くする「おもしろ仕事コーチ」の堀井です。 私がこれまでにご支援したり、対話をして気づいた、企業組織にある【指示待ちvs.意志待ち】の構造を、あらゆる角度から紹介していこうと思います。 この【指示待ちvs.意志待ち】はあらゆるシーンで登場します。 指示待ち新人/意志待ち上司 指示待ち営業/意志待ち顧客 指示待ち現場/意志待ち本部 指示待ち中間管理職/意志待ち経営幹部 今回第1回目は若手・新人にフォーカスしてみます。特に提案したいのは、若手社員が

                        スキ
                        10
                        • 【セミナー開催決定!】目標管理の8大疾患と実現を引き出すコーチング

                          こんにちは。おもしろ仕事コーチの堀井です。 イベントの開催が決まりましたのでお知らせします!ゆるくも熱い、ユーモラスなイベントになる予感です。 7/16(金)13:00-14:00 オンラインにて https://andor-mbos.peatix.com/ ■出演 五十嵐英憲(『目標管理の教科書』著者) 浅井元規(コーチングスクール代表) 堀井悠(人財開発トレーナー) ▶このような方に ・中小企業の事業責任者、人財育成担当者 ・現役のマネジャー ▶こんな問題ありま

                          スキ
                          3
                          • 上司先輩への相談が増える合言葉:『上司は道具』

                            こんにちは。おもしろ仕事コーチのホーリーです。 今回は ◯上司とのコミュニケーションに悩む若手社員の方 ◯部下から相談されることが減ってきたと感じるマネジャーの方 にオススメします。 私が研修会社のマネジャーとして、部下に送ったメッセージを紹介します。最初は驚かれましたが、今まで関わりが少なかったメンバーや新入社員が心置きなく先輩を頼る姿が増えました。嬉しく思います。 以下のメッセージがそのキッカケになったかはわかりませんが、私達上司チームがメンバーに発信した1つの考え

                            スキ
                            6
                            • 「組織に敵も味方もない。」組織と前向きにつき合い始める3つのことば

                              またひとつ、企業の組織と教育をご支援する仕事に関わらせていただきました。やりきった経営陣の清々しい表情や、声を絞り出すかのように会社の未来を語った次世代社員の顔が思い出されます。 組織運営がうまく行かない日々は誰もが苦しい思いをします。思いや方向が一致せず、やるせない日や、眠れない夜もあったことでしょう。 そんなドラマにお付き合いさせていただきながら、「お互い様だったね」「明日から気を取り直してよろしくね」こんな声を聞けると、組織開発冥利に尽きます。 そこで、今回は組織

                              スキ
                              5
                              • トンガリ社員は異業種交流でイキイキする!メリット3つと頓挫の3パターン

                                ”働き続ける”おもしろさを引き出す、おもしろ仕事コーチの堀井です。 今週21日(金)20:00よりオンラインイベントに出講します。コーチングの師匠の浅井さんと、コミュニティ界の著名なファシリテーター河原あずさんとのコラボレーション。とても楽しみです。 ■「問い」で業界の固定概念を超えていく異業種交流会トークイベント 聴講は無料。CAMさんのライン登録からどうぞ↓ さて、イベントの予習に、異業種交流について触れたいと思います。 「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、

                                スキ
                                5
                                • 2021年度新入社員750人を研修してわかった強み3つ課題2つ

                                  こんにちは。人財開発コーチング「アンドア」代表の堀井(Holly)です。2021年度の新入社員研修で約750名の方とお会いすることができました。約半数は対面研修。もう半数はオンライン研修です。 2021年度の新入社員は、史上初めてオンラインでの就職活動、オンラインでの卒論・学位授与を経験した世代と言えるでしょう。 そんな方々の気付きや学びを通して、これまでの年度と違う強み3点と、課題2点を共有させていただきます。是非多くの人事やマネジャーのみなさんにとって、新入社員の多彩

                                  スキ
                                  6
                                  • 企業内or副業向け研修講師養成コースをはじめます

                                    こんにちは。アンドアの堀井です。 新しい事業を始めます。題して「研修講師になろう」です。 企業研修の仕事をしている我々にとっては、自分で自分の首を絞めるような企画です。しかし、やる意味があると決断しました。 ■養成コースを開講した背景私たちアンドアのビジョンは「種を蒔く人を増やす」です。 社会人教育には、まだまだ質と機会の格差があります。 ▲社会人教育-機会の格差 まず機会の格差です。 都心の中央に位置する企業は、社会人教育の機会が豊富にある場合が多いです。※豊富すぎ

                                    スキ
                                    1