東京暮らし

東京での暮らし

ふたり暮らし 東京へ来たが、なかなか職が決まらず気持ちが沈む。

地元から一緒にこっちに来た大学院生の同居人は、あっけらかんで少しネジが抜けているところがある。

東京へ来て1ヶ月、浮浪人の俺はあまりに余った時間を潰すため、ある日の夕方、カレーを作っていた。そこに帰宅した同居人が

「何か作ってるの?」

ときた。

「カレー作ってんだ。」

そしてルーを入れる前の鍋を覗き、煮込まれている具材達を

もっとみる

2ヶ月ぶりに実家に帰った話。|ゆる暮らし手帖 p.2

3連休は友人の結婚式に参列するため帰省していました。

2ヶ月ぶりの実家。家の様子は、私が上京してきた2ヶ月前とさほど変わりないけれど、

私の中の気持ちに少し変化があることに気がつきました。

***

それは私の、父親に対する気持ち。

都会の生活に憧れて上京したことは本当なのですが、”父親への嫌悪感”も上京の理由のひとつです。

父親の何かが私の中で気に入らなくて、私がよく噛みつくものだから

もっとみる

将来と今、そして生きること

今年は台風による被害が多く、自然の脅威をまざまざと感じました。

日頃は美しい自然も、時として牙を剥き、我らがコントロールできるようなものではないということを教えられるような出来事でした。地球の上で生かされている生物種のひとつとして、なすべき行動があるのかもしれません。

自然や環境問題は一度さておき、

人間に生まれて、今ある社会を生きる上で、多くの人はお仕事をしています。

その中で、何人が自

もっとみる

台風19号

只今東京付近を通過中の台風19号に震え上がっている私です。

お水やカセットコンロ、非常食の蓄えは大丈夫だろうけど、建物がなんせ築年数60年...。窓を補強する養生テープ買いに行こうと思ったら、昨日の時点で全て売り切れ😭💔

とりあえずガムテープと段ボールで心を落ち着けています。

「あ〜、大雨になると窓が木枠だから、少し雨がはいってくる〜」なんて、情緒あふれるお家に住んでます。強風で家が揺れ

もっとみる

27歳にして。

noteをはじめてみました。

なぜはじめたかって、よくある20代後半の人生の迷走が故にです。

将来は何をしたいんだろうという、小学生からの難問にいつもぶち当たります。
保育園の時も卒園文集で「将来の夢」を書く欄があり、特になりたくもないけど、ないって言われても先生が困ると思ったから「おもちゃ屋さん」と書きました。ポケモン世代の私はカビゴンの絵を描いたのを覚えてます。

27歳独身女性。

とて

もっとみる

人生がすごい速さで動く

おはようございます!

久しぶりに「おはよう」の時間帯にnoteを書くことができています。

いつも寝坊助だからな…

やはり朝ちゃんと早く起きて支度できるとうれしいですね。

お腹は空かないので、紅茶を用意して、きのう人にいただいたお菓子をつまんでいます。朝ごはんはこれでいいや。

最近、自炊のレベルを意識して下げてみたのですが、すこぶる良いですね。

「頑張って作らなきゃ」から解放されて、心の

もっとみる
ありがたや。
10

最強の武器を磨け

新会社での出社2日目を終えたkatoです。

・・・なんというか、やはり自分の無力さを感じます。

前職では、社内SNSをやり続けていたこともあり
言ってしまえば、かなりの有名人でした。

前職最後の投稿では「最も有名な2年目営業マン」と称していただけるほどにはなっていました。

ただ、“SNS”内で有名なだけで実際の実力はやはり2年目、
ですが、数字もそこまで悪くなかったので浮かれていたんでしょ

もっとみる
今日もポジティブ全開!
17

恐ろしいスピード感と情報のシャワー【これがベンチャーか】

10月1日、初出社を終えたkatoです。

いよいよ始まったベンチャー企業生活、
一言でまとめると

「すげぇ!」

隣の島ではエンジニアの皆さんがルビーだの、ジャバだの
横文字全開で会話しているかと思えば、
営業でもネットだのグロスだのセグメンテーションだの横文字オンパレード。

言ってしまえば業界も未経験、
何もかもが手探り状態。

もう笑うしかないです。

ははははは…。
(笑えてない自分が

もっとみる
メチャクチャ嬉しい!
22

「静かな」環境はお金をかけるに値すると気付いた件

おはようございます。

10月1日です。
増税です。
私同様新しい生活を始める方、頑張りましょう。

さて、東京暮らしもまもなく1週間、
気付いたことがあります。

「ここ最近、眠れねぇ!!!」

というのも、私の物件は首都高近くにあることもあり、
昼間は勿論夜間だろうとビュンビュン車が走っています。

しかもJCTから離れている為か飛ばしていると思われる車も多い!

自分が大好きだったマフラー弄

もっとみる
今日も楽しみましょう!
21

公家イヌ東京で暮らすノ巻 第十話

Weekly Original manga "Kugeinu" (10)
A cactus plant "Sabochan" and I
第10話 「サボちゃんとボク。」

★あらすじ★
京都旅の帰りからずっと気にかけていた「サボちゃん」の水やりを
すっかり忘れていた青ちゃん。
公家イヌに水やりをまかせて会社へ出かけてしまいます。
公家イヌは、トゲトゲが大の苦手。
トゲトゲサボテンのサボちゃんに近

もっとみる
ありがとうございます♡
3