感情、思考の癖

昨日の夜、旦那さんと北極の氷がとけてしまったら、海の水位があがるかどうか?という話で、揉めてた。

旦那さんは、北極の氷が溶けても海の水位は上がらないという。旦那さんはネットにそう書いてあったと言う。疑問に思った私がうるさく質問したもんだから、言葉で答えてくれるわけではなくて、「自分もあんまりうまく説明できないから、これ読んで」っとiPadを渡された。すごく、イラっとした。

結局私は、話の内容の

もっとみる

思考の癖

今日も自分の思考の癖に苦しめられた、、
自分で気づかないうちに、
まだまだ思い込みに寄っていってしまう。
客観的な目線から指摘してもらって、
気づくってことが大事だって実感した。

視力も思考もド近眼

細かいこと、気にしなくていいことを気にしすぎる。

昨日の定量・定性の話でもそうだけれど、どうにも見る場所がずれてる。っぽい。ずれてるし一点集中しすぎて、他がみえなくなってる。木をみて森見ず。思考の癖みたいなもんだろうか。

この前「人生(仕事だったか)勝たなくていい、負けなければいい」って話になって。負けってなんだろうと考えてしまう。その場で総ツッコミを受ける。そこは考えるところじゃない、と。み

もっとみる
最後まで読んでくれてありがとうございます!
19

わたしのキャラのお話

わたしは今の自分が大好きである。
年々好きになっていっている。
おそらく、それは非常に幸せなことなんだろう。

以前、「マリエンヌの昔話」という記事で
『学生時代「意図的に」とあるあだ名で自分のことを呼ばせていた』
そんなことを少し書いていた。

今日はそれについて
もう少しだけ書きたいと思う。

------

わたしの名前は「まりえ」という。
今はこの名前が大好きである。

ただ昔は何故か

もっとみる

#17 修羅場と成長

一週間ぶりのnote~~❤❤❤
洗濯物を待ちながら、書きます🖋

この一週間は勉強・研究・就活・遊びを入れ過ぎたあ、主に遊びすぎ説あるな(笑)

よし!
簡単な振り返り
11/12(火)
午前中に就活相談に乗ってもらって、ガクチカについて話してた
ガクチカって人と話すと発見されることなのかもしれない、そっちの方が面白い話じゃない??とかいろいろアドバイスをもらえて確かにって感じだった

人生で一

もっとみる

「ギリギリセーフ」という生き方

その刹那、一呼吸分のセーフ。

野球の世界では、少しでも先に
ベースに届けば、それでいい。

しかし、社会は違う。

10時始業のはずなのに、
きちんと5分前なのに、

「もうちょい早く来れるんちゃう?」

おかしいと思う。
けれど、そう言ったところで
何も変わらない。

だから、

「ギリギリ癖」に対策を。

僕は時間の感覚がゆるく、
あいまいなものの認識が苦手だ。
わかっているから、電車に乗る

もっとみる
いつもありがとうございます!
3

#15 思考の癖

振り返り

また洗濯物待ちの間に書くぞ。
noteはパソコンで書きたいと思っているんだけど、意外と夜にノーパソを開く時間がある日って少ないんだなって実感する。

まずは振り返り。

11/7(木)
APIに苦戦する、私は一生プロキシで悩んでいるのでは??と錯覚することがある、、。
あとはゼミに出た、それ以外の記憶がない、、、。あ、最近スケジュールの管理方法を変えたくてGoogleカレンダーにした

もっとみる

過食・癖 2019.11.5

朝起きるとウエストに手を回す
その感覚で、今日一日の気分が決まる

帰宅後、洗濯機の横でズボンを脱ぐとき、ウエストのむくみで締めくくりの気分が決まる

※身体的に夕方はむくみやすい

何も知らない

※2015年に書いた掘り起こし記事です。割といいこと言ってんなわたし

何かを教えると言う立場になっても

むしろその立場にたったからなのか

わたしは何にも知らないのだなあと感じることがとてもとても多くなった。

—–

本を読んで

なんとなくわかった気になって

そのなんとなくわかった気のまま勢いで勉強会などにいくと

当たり前だけれどもわたしよりも更にいろいろ勉強している人たちがいて

もっとみる

くだらない話

※2015年に書いていた掘り起こし日記です

ものすごくくだらなくて

一見するとまったくもってためにならない話を

ものすごく真剣にするのが大好きだ。

一心不乱に

ただただくだらないトークを繰り広げる。



昔、ミドルネームをつけるならば何がいいかという

聞いただけでどうでもいい感満載の話を

長時間ひっぱった記憶がある。

△山・マーガレット・花子とか…
◯田・フランソワーズ・太郎と

もっとみる