起業、経営者のみなさまへ伝えたいこと

ふと、感じたことを書いています。

私自身 女性で娘で妻で嫁で母親であり

いつもの投稿は 『心のうちのこと』について

シェアさせて貰ったり 感じたことを書いたりしているので自分でも 『女性』目線で『女性』に向けて

感じたことや記憶に残したい、知っていただきたい事を書いているようになんとなく感じていますが

ふと、

今 自分を創っているものをよく見ると👀

しごと人としての部分もあり、

もっとみる
ありがとうございます😊嬉しいです❤️
1

どうしたものかなぁ

自分には過去の失敗を振り返る癖がある。いつでもフッと思い出して、心が締め付けられる。あの時ああしていれば、こうしていればと後悔する。あの時もっと勉強していれば、私立の中学に進学していたら。過去を振り返ってああしていたらと考えることは意味がない。しかし、どうしても振り返ってしまう。

振り返ってしまうのは、今が不満、嫌だからだ。おそらく自分の意志でこの場に居ないからだ。どこか人任せ、流されてきた感じ

もっとみる
好き、ありがとうございます。
1

久々の家族との再会、独立は正解だった?

どーも祖父の代から続く家業を辞めて、独立したハムです。
先日久々に実家に行きました。
独立した6月からほぼ行ってなくて、両親とちゃんと話をしたのは独立を相談してモメる前だったので、半年以上前な様な気がします。
独立した後は向こうも会いたくないだろうなと思って避けていた部分もありました。
応援はされていなかったので、仕事が安定するまでは行くのをやめようとか、独立したてで自分がキツい時は会いたくないな

もっとみる

家業を継ぐ、ということ。

半年前、noteで自己紹介しました。

新型コロナウィルスの混乱の中、2月に代表を交代して、バタバタと日々の業務に対応して迎えた4月。自分が家業の質店を手伝い始めるところまでを文字にしたら、なんだか妙に気持ちがスッキリしてしまって、その後何を書いたらいいのやら迷ってるうちに、半年が経ってしまいました。

昔のことを思い出して、当時何を考えていたのか書き留めておきたいのだけれど、なにせもう10年以上

もっとみる
ありがとうございます!
11

後継者の後継者

一週間ほど前から、我が家の木々や草木を剪定しに来てくださっている方がいます。
今日の午前ですべての作業を終え、帰られました。

今日は早朝より来てくださり、私が出かける前にお茶を飲みながら少しお話させていただく時間がありました。
茶がうめえ。

話は後継者についてでした。
その庭師さんは、庭師の仕事だけでなく、ぶどう園もやられているそうです。
息子さんはいますが、すでに独り立ちされており今はご夫婦

もっとみる
note読ませていただきますね🕺
45

当たり前だけど、ちゃんと実行するのは難しい事。

どーも家業から独立して、5ヶ月目突入のハムです。
近況としては、有難い事でお仕事のご依頼を沢山頂いておりまして、ひとつひとつ慎重に対応させて頂いております。
自分としては特に営業に力を入れたりとかはしていないのですが、空いてる日にちょうどお仕事のご依頼を頂くといった様な、自分以外の力に助けられている様な気もする程偶然にスケジュールがキレイに埋まっていってます。

本来ならこのブログでも仕事を紹介し

もっとみる

「タコ」は、重たい鏡やガラスを運ぶ優秀なパートナー

おーい!タコ!

現場デビューを飾った日、鏡の交換作業中に
義父に放たれた衝撃の言葉でした。

・・・ん?  タコ?

何か間違えてしまった?!
初日とはいえ、お客様に関係ないからミスは許されない
私は一体何を間違えてしまったのだろう。。

でも、お客様にも聞こえるような大きな声で私を「タコ」呼ばわりするなんて
ちょっとお義父さん酷いな〜と内心ベソをかいていたのですが、

まごついていた私を横目に

もっとみる
Thank you♪
8

正しい親父(社長)との話し方。

家業経営者のあわずです。
ボクが「家業」や「事業承継」をテーマにSNSの発信を始めて早2年が経過しました。

今まで100件以上のお悩み相談を受けてきましたが、
家業や事業承継にまつわる悩みランク1位って…
何だかわかりますか?

「親(社長)とコミュニケーションがうまく取れない」
これが圧倒的に多いです。むしろ、ほとんどかもしれません。

そこで大抵の後継者(若者)はこう言います。
「これ以上、

もっとみる

漬物屋を家業に持つ、中野 百合子さん

家業があって、それを自分に合った形でサポートしたり、進化させたりしている人のことを、僕らはグラフトプレナーと呼んでいる。いったいみんな、どんな活動をして、どんな毎日を送っているんだろう。今回は漬物製造業を家業に持つ、中野 百合子さんを紹介。

プロフィール
名前:中野 百合子(なかの・ゆりこ)
年齢 :27歳
家業:漬物製造業
何代目:父が11代目
事業承継:未定
現在:家業に入りながら、漬物を作

もっとみる
(勝手に占い)明日は小さな夢が叶いますよ!
2

実家の和菓子屋で働き始めて3か月。一番の学びは、「無駄に焦るな」ということ。

①はじめに

こんばんは。市丸です。
家業の和菓子屋 菓心まるいちで働き始めて3か月が経過したので、
棚卸のために簡単にですが、この3か月間を纏めようと思います。

~簡単な流れ~
2015年4月 ソウルドアウト株式会社 入社
2020年4月 退職
2020年5月 実家で働き始める(コロナのためリモートワーク)
2020年7月 帰省
2020年10月 現在

※転職の背景、想い等、詳細については、

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
4