田中一村終焉の家 @4

田中一村の絵は僕にはよくわからない。ただ、一村記念美術館にあったあの写真だけがなぜか心に残っている。

その一村の終焉の家は有屋の端の山の麓にあった。屋敷はそうとう古いが広い庭はきれいに手入れがされていて、小ぶりだが見事なガジュマルと、蘇鉄やバッシャやタンカンの木が立ち並んでいた。

屋敷の入口の戸が・・なぜか開いていたのでおそるおそる入っていった。戸が開いているので中は真っ暗ではない。薄暗い部屋

もっとみる
あなたが幸せになりますように!
1

今井権現 @3

車一台がやっと通れるような山道を進んでいくと、真っ赤で派手な鳥居にたどりついた。そしてその奥には今井権現へとつながる長い階段が続いている。その赤すぎる鳥居と長い階段にしばし唖然とする。

今井崎からは東シナ海と笠利湾の両方が見わたせ、その海域の監視役をしていた今井権田大夫が、この権現に祀られている。1692年(元禄5年)、上国した奄美の与人が階段用の石を持ちかえり権現に寄進した。153段 628個

もっとみる
あなたが幸せになりますように!
1

キャンプギアを一新する羽目になった理由

こんばんは、40代で南の島に移住したFamloloです。GWの奄美横断キャンプツアーを決めた私達。

キャンプサイトの確定や各スポットごとの情報収集も済んで、次はキャンピングスタイルを決めてどんなギアを持っていくかを決める段階となりました。

キャンピングスタイルを決めるというのは、要は食事は外食だけにするのか、それとも作るのか、作るとしたら炭を使うのか、はたまたガスクッカーだけか、調理器具は何を

もっとみる
スキありがとうございます💕

島のあちこちに自生しているツバシャ(つわぶき)が、一斉に黄色い花を咲かせている。島っちゅたちはこれを摘み、茎を煮込んで「ツバシャヤッセ」にして島料理に添える。決して主役ではないが島料理には欠かせない名バイプレーヤーだ。

あなたが幸せになりますように!
1

秋名の琉球石垣 @2

国指定の重要無形民俗文化財の「ショチョガマ」「平瀬マンカイ」が行われる地として知られる秋名。でも、秋名の隠れた名所として僕が大好きなのがこの琉球石垣だ。

麻福演志という旧家の屋敷で、1852年(嘉永5年)に造られたもので珊瑚石で出来ている。これだけの量の珊瑚石、秋名周辺だけではなくたぶん奄美中からかき集めてきたのだろう。そしてわざわざ沖縄から石工を呼んで積み上げられたそうだ。ペリーが来航したのが

もっとみる
あなたが幸せになりますように!
1

移住最大の難敵は、離島への引っ越し…?【移住、そのとき。-8-】

住居が決まったら、いよいよ引っ越しです。

が。住居が決まったとて油断はできません。なんにしてもお金がかかる離島への引っ越しは、そのことが移住自体の最大の問題となる場合も少なくありません。

そこで今回は、離島への引っ越しが普通にイメージされる引っ越しとどう違うのか、横浜→奄美大島の引っ越しと東京界隈で近距離の引っ越しを経験した立場からご紹介します!

離島への引っ越し方法、主な選択肢は2つ

もっとみる
今日もハッピーでありますように!
5

月ノ光命ヲ照ラス

月は
今夜も天空にあって
この地上世界を
その青白い光でやさしく
あまねく照らしている
誠心なるものも
唾棄すべきものも
静かに
ただあいまいに

タンザニア
ルアハ国立公園
広大な草原の一角にそれは横たわっていた
昼間自動小銃で穴だらけにされた
いくつもの象の亡骸
牙を根元から抜くために
顔は削ぎ落とされてない
すでに何を見ることもなくなった
顔のない生命の殻をも
月はやさしく照らし出す

奄美

もっとみる
読んでくださってありがとうございました!
1

ハナシュクシャ

なんだか舌を噛みそうな名前だ。葉っぱはサネンバナやクマタケランに似ているが、調べてみたらやっぱりこれも同じショウガ科の仲間だった。

ほんのりと甘い匂いがしてくる。

↓は仲間のサネンバナ(月桃)とクマタケランの実。

もっとみる
あなたが幸せになりますように!
1

【与路島/喜界島/与論島】オオヤドカリを見つけた!

今日の朝、散歩をしている道中で動く貝殻を見つけた。
『なんだ?なんで動いてるのかな??』と止まって見てみると。。

どうやら、ヤドカリみたいです。
うん?紫色で毒々しい色をしていて本島で見るヤドカリよりも大きく感じます。

例えるなら、外来種のクモのようなタランチュラぽい感じでした。

こうやって見ると、しっかりとしたヤドカリですね。
ちなみに生息地域は、というと。

オカヤドカリは熱帯の気候に適

もっとみる