わたしが食器を洗う横で、妻が炊飯器の釜に残った米の最後の一粒まで丁寧に容器に移していた。その様子を見ながら、「この人と結婚してよかったなあ」とぼんやり思った。なぜだろうとあれこれ考えてみたけれど、理由はよく分からないままだ。

母という女

母は昔から男に依存しないといけない女性だった。
本人は、依存しているとは思ってもいないのかも知れないが、自分が母と過ごした17年間は、男男男とマキホルの爪爪爪みたいな言い方をしたが、本当に男男男だった。
母も彼氏を絶やしたことはなくて、出会い系アプリに登録して、同じ男に結婚詐欺を2回もされた。
それでも母は学習しないようで、次は結婚相談所に登録した。
当時のことはよく覚えていて、自分が高校1年生の

もっとみる
ありがとう!
2

愛の言葉はお経とおなじ

「君のことは大好きだけれど、人の気持ちは変化するから、いつか君のことを好きでなくなってしまうかもしれないよね。」

彼女の表情が凍り付く。

初めて付き合った人との、初めてのデート。
小田原城址公園のウメ子(アジアゾウ)の前で、僕は意を決して、一番大事なことを伝えようとした。

「だから、僕は全力で、君を好きでい続けるために、何ができるか考える。
そしてそれを実行することを誓うよ。」

彼女の眼は

もっとみる

結婚して良かったか、4ヶ月評価

結婚なんかしてもねぇー良い男いないもんねー、と全力で独身を謳歌していた私だが、今年の2月にしれっと婚姻届を出してきた。もうすぐ4ヶ月。これ、独身仲間からしたら結構な裏切りだったかも、と内心ハラハラしているのだが、コロナ騒動でそれどころではなくなり、良い感じにこっそり新婚生活が送れている。勿論今でも“結婚してもしなくてもどっちでも良い”という基本的なスタンスは変わらないが(変わらないでいたい!)、こ

もっとみる
ありがとございます
4

田舎すぎて電波がよわい。

田舎暮らしをはじめてすぐに問題に直面した。

電波がよわい…

僕らはここに来る前にポケットWi-Fiを借りようと思っていたんやけど、

コロナさんの影響でどこも品切れの為、借りることが出来なかった。

なのでソフトバンクのSIMを50ギガ使えるようにして、余っていたiPhoneでデザリングしてポケットWi-Fiの代わりにしている。

しかしこの街はソフトバンクの電波が弱かった…

部屋の中をウロ

もっとみる

がんばった妻へのご褒美に

先日、10万円給付の封筒が届いたので、すぐ書いてすぐ出した。

その疾きこと風の如し。

ポストで見つけてから出すまで、10分とかからなかっただろう。

申請書順次発送のニュースを見てからというもの、もう届くのが待ち遠しすぎて、毎日3回くらいポストを見に行き、まだかなまだかな言っていた。

僕は社会人2年目のサラリーマン。
妻は妊娠9ヶ月の専業主婦。

我が家は夫婦二人暮らしなので合計20万円が給

もっとみる
またいい記事書きます!
12

【アニメ】コバエな彼氏(カップルの日常)

【カップルのアニメ:マリーヌさん家のヤバい同棲生活】
時々、彼氏/彼女がコバエみたいに粘着してくると感じませんか?
特に料理を作ってるとき、
リョウが「いい匂い〜」と
クンクンしてきて邪魔してきます。
最近、そう思うことが増えてきてるので、アニメにしてみました。
コバエな彼氏(カップルの日常)

少しでも「いいね」と思っていただけたなら、
「高評価」、コメント、シェアお願いします!

よろしければシェアとフォローもお願いします!
1

「春になったら苺を摘みに」

周りに「理解できない人」はいますか?どのように付き合っていますか?私が折に触れ読み返す本から、印象に残る一節をご紹介します。

梨木香歩さんが英国に下宿していた日々の記録

「西の魔女が死んだ」「裏庭」で知られる梨木香歩さんのエッセイです。表紙の写真が素敵すぎて内容は見ずにジャケ買いしました。

タイトルと写真から、軽く読めるゆるい本なのかと思いきや、予想は良いほうに裏切られます。

梨木さん

もっとみる
スキありがとうございます!素敵な一日になりますように♪
7