坪田信貴

「こうあるべき」より「自分の好き」
+5

「こうあるべき」より「自分の好き」

『尾原のオンラインサロンハック』での『自分の中のチームビルディング』みたいな話がめちゃくちゃ面白い!!!! このnoteは、『尾原のオンラインサロンハック』に投稿された最近の動画を私なりに考えた記事です。 「なりたい自分」をつくっていく時に、正解主義ではなく、修正主義という考え方が大事だという話です。 1.正解主義での目標設定正解主義とは、物事には必ず正解があるというような考え方です。正解主義の中では、「こうあるべき」と人から求められていることが正解になりやすいと思いま

スキ
11
自分は才能がない?才能という言葉に逃げずに向き合う

自分は才能がない?才能という言葉に逃げずに向き合う

おはようございます。よっすーです。 今日は坪田宣貴さんが書かれた「才能の正体」を読んだので内容と感想を共有したいと思います。 坪田さんといえば、ビリギャルで超絶有名になった塾講師です。高校2年から偏差値を40上げたビリギャルのモデルになったさやかさんはじめ、たくさんの学生と接してきた坪田さんが才能とは何か?について書かれた本になっています。 ビリギャルを観た方はわかると思いますが、坪田さんはめちゃくちゃポジティブな方です。そんな方が書かれた本とあって、本書もかなり前向き

スキ
3
「勉強不足の弱者だと、身内を絶対守れない。」(83日目)
+2

「勉強不足の弱者だと、身内を絶対守れない。」(83日目)

■概要。 「吉本興業を例に、全社員がお金と集客の勉強をしないと確実に詰むお話。」 ※当時の「西野亮廣エンタメ研究所」の記事を、感想を追記して再掲載します。  ■本日の応援者。 この記事は、「ちなみに、吉本興業にもめちゃくちゃ優秀な方が沢山いらっしゃいます。例えば、”ビリギャル”の坪田さん。by中崎雄心」の提供でお送り致します。  ※この記事の”応援枠の差し替え”はこちらで承ります!  ■以下、本文。(2020/03/21)3月21日 ※3月23日以降は『いいね』を押さ

スキ
2
積極的道徳と消極的道徳

積極的道徳と消極的道徳

ビリギャルの先生として有名な坪田信貴さんの著書「人に迷惑をかけるなと言ってはいけない。」 同じ「のぶたか」ということで。 この本、買う人の心理として「ビリギャルの先生なのだから、ダメな子どもや社員をいかに優秀にさせるか、が書かれているんだろう。」という期待値になると思うんですが、そもそも坪田先生が「自分が偉いとか上だとか思ってないところ」がとても重要だなぁと。 「不確実な時代を子どもと一緒に冒険しようという気持ち。」 という最後の文章にすべてが表れています。そんな風に思

スキ
1
“親から子への全ての言葉はI LOVE YOU”坪田信貴が語る『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』。
+3

“親から子への全ての言葉はI LOVE YOU”坪田信貴が語る『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』。

あの“ビリギャル”の生みの親にして 教育、人材育成などさまざまな領域において果敢な発進を続ける 坪田塾塾長、坪田信貴。 その最新刊『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』(SB新書) 子を持つものなら誰もが一度ならず言ってしまう言葉。 「人に迷惑をかけるな」 でも、それは言ってはいけない言葉。 なぜなら 誰にも迷惑をかけず、誰の手も借りずに生きていける人なんていないから・・・ 一事が万事 坪田先生の教育現場での体験、心理学、この時代、社会の捉えなど

スキ
1
蒲田健の収録後記_坪田信貴さん

蒲田健の収録後記_坪田信貴さん

坪田塾塾長、坪田信貴さんにSB新書『「人に迷惑をかけるな」と言ってはいけない』を基に伺いました。

スキ
2
坪田信貴さん「ラジオ版学問ノススメ スペシャルエディション」

坪田信貴さん「ラジオ版学問ノススメ スペシャルエディション」

※試聴版です。オリジナル版(47:52)は購入後に視聴できます。

スキ
5
有料
100
【#コミュラボ】第42回オフ会 坪田信貴先生と語る 「言葉とコミュニティ」
+2

【#コミュラボ】第42回オフ会 坪田信貴先生と語る 「言葉とコミュニティ」

第42回(オンラインでは第24回)のコミュラボオフ会。 今回は坪田信貴先生と 「言葉とコミュニティ」をテーマにお話ししました。 10月発刊の新著の「やりたいことが見つからない君へ」(小学館新書)の再校ゲラの赤入れの締め切りが控えたお忙しい中、2時間超の「坪田信貴先生のオンライントークショー」でした。ありがとうございました! 坪田信貴先生のご紹介とお声かけさせていただいた理由ー坪田信貴先生とは 坪田塾塾長・吉本興業ホールディングス社外取締役。 累計120万部突破の書籍『

スキ
10
私はまだ聴けていなかった(前編)~『LISTEN』を読んで~
+2

私はまだ聴けていなかった(前編)~『LISTEN』を読んで~

もう6年くらい民間の会社のセミナーで学び、コーチングの資格を取得しました。おかげさまで、聴く、承認する、質問することを通して、学校内で効果的なコミュニケーションができている実感があります。 そう思っていたところ…『LISTEN―――知性豊かで創造力がある人になれる』という本と出会いました。 読んでみて、「まだ本当の意味で聴けていなかったなー…」と反省したと同時に、もっと子どもたちの成長のために役立てるように努力しようと思いました。 『LISTEN―――知性豊かで創造力がある

スキ
12
#60 失う恐れのない幸せ

#60 失う恐れのない幸せ

いつどんな時もどんな状況でも人は幸せ。 幸せを感じながら、毎日生きる。 お金があってもなくても、友達が多くてもいなくても、仕事が楽しくても楽しくなくても、家があってもなくても、食べるのに困っても困らなくても、家族に恵まれてても恵まれてなくても。 そのすべてに、ありがたいと感謝できたならそれが幸せ。 それは失う恐れのない永遠の幸せ。 怖いものなど何もない。 どんな状況になろうともすべてを受け入れ、ただ淡々と今できることに集中して生きる。 ビリギャルさやか

スキ
1