さよママ@小児科医

■医師免許、日本小児科学会専門医、小児科オンライン(https://syounika.jp/)、IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント、キッズ・マネー・ステーション認定講師 ■2児ボーイズの育児ブログ:http://sayokoshirai.com/

さよママ@小児科医

■医師免許、日本小児科学会専門医、小児科オンライン(https://syounika.jp/)、IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント、キッズ・マネー・ステーション認定講師 ■2児ボーイズの育児ブログ:http://sayokoshirai.com/

    最近の記事

    【86】小児科医ママが解説「熱中症が心配。水分はどれくらい・何をとったらいい?赤ちゃんだけど、麦茶は必要?」

    【ざっくりまとめ】 この記事は「熱中症対策になる、水分のとり方を詳しく知りたい!」という方向けです。 <ポイント> ①適切な水分の量は、体重で決まる。 ②イオン飲料・スポーツドリンクは、飲み過ぎ・飲み方に注意。 ③生後5ヶ月くらいまでのお子さんは、母乳やミルクのみでOK。 「教えて!ドクター」について、前回まで、乳幼児健診のフライヤーにそって解説をしてきました。乳幼児健診の他にも、とても良いフライヤーを掲載くださっていますので、今後それらをご紹介しつつ、補足のご説明をさせて

      • 【85】小児科医ママが解説「赤ちゃんのウンチが、長らく出ていない。でも元気。こんなときどうする?」

        【ざっくりまとめ】 この記事は「生後間もない〜生後4ヶ月くらいで、ウンチが出にくい!というお悩みがある方」向けです。 <ポイント> ①1週間に1回しかウンチが出なくても正常の範囲。 ②飲みがよければ、急ぎの受診や浣腸は必要ない。 ③受診の目安は、1週間全く出ない、飲みが悪い、吐いているなど。 先日「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」に沿った解説シリーズを、完了させていただきました(3~4ヶ月健診・6~8ヶ月健診・1歳半健診・3歳児健診)。 乳幼児

        • 【84】小児科医ママが解説「おうちで健診【vol.37】10~12ヶ月健診の色々、まとめました。」

          「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 3~4ヶ月・6~8ヶ月健診・1歳半健診・3歳時健診について、今までまとめとして掲載してきました。 今回はまとめの最後、10~12ヶ月健診です! ※なお、すべての月齢・年齢の記事に共通した、主な参考文献は以下です。 ●「正常ですで終わらせない! 子どものヘルス・スーパービジョン」 阪下和美、東京医学社、2017年 ●「ベッドサイドの小児神経・発達の

          • 【83】小児科医ママが解説「おうちで健診【vol.36】6~8ヶ月健診の色々、まとめました。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 記事がたまってきたこともあり、1歳半健診・3歳時健診・3~4ヶ月健診については、まとめとして掲載してきました。 今回は6~8ヶ月健診です! ※なお、すべての月齢・年齢の記事に共通した、主な参考文献は以下です。 ●「正常ですで終わらせない! 子どものヘルス・スーパービジョン」 阪下和美、東京医学社、2017年 ●「ベッドサイドの小児神経・発達の診か

            【82】小児科医ママが解説「おうちで健診【vol.35】3~4ヶ月健診の色々、まとめました。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 記事がたまってきたこともあり、1歳半健診・3歳時健診については、まとめとして掲載しました。 ・・・ということで、今までの3~4ヶ月健診、6~8ヶ月健診、9~12ヶ月健診についても、まとめの記事をupすることにしました! 今回は3~4ヶ月健診です。 ※なお、すべての月齢・年齢の記事に共通した、主な参考文献は以下です。 ●「正常ですで終わらせない!

            【81】小児科医ママが解説「おうちで健診【vol.34】3歳児健診の色々、まとめました。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 前回は1歳半健診でしたが、今回は「3歳児健診」です。 いよいよ最後のフライヤーになりましたね。 話す、歩く、食べる、(うんちやおしっこを)出す・・・人として生きるための機能がますます発達してきて、いっちょ前!になってくる時期です。 一方で、言葉の発達や、トイレトレーニング、かんしゃくや落ち着きのなさなど、やっぱり色々と気になりますよね。 今回も過去の

            【80】小児科医ママが解説「おうちで健診【vol.33】1歳半健診の色々、まとめました。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 今回は「1歳半健診」です。 歩き出したり、話し出したり・・・より「人間」らしくなってくるお年頃ですよね。 一方で、まだ歩かない・話さないお子さんもいます。本当に発達は個人差が大きいです。 健診で色々言われて不安になった・・・という親御さんの声もうかがいます。 比べちゃ~いけないとわかっていても、集団の健診で(というか普段の生活でも)他のお子さんを見た

            【79】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.32】歯みがき”以外”の乳歯ケア。夜間授乳は、虫歯の原因になる?歯に関する受診の目安。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 前回は、歯の生える時期や生え方のバリエーション、また歯みがきやフッ素について見てきました。 今回は、歯みがき「以外」の歯のケアについて。また夜間授乳と虫歯の関係。そしてまとめとして、歯に関する受診の目安を書きたいと思います。 主な参考文献はこちら。 ●「正常ですで終わらせない! 子どものヘルス・スーパービジョン」 (阪下和美、東京医学社、2017年

            【78】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.31】歯のあれこれ。生えてこない・生え方が気になる。歯みがきのフッ素はどうしたらいい?」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 今回は「歯」について。 「教えて!ドクター」のフライヤーにも書かれている「歯が生えてこない」からはじまり、歯みがきってどうしたらいいの?歯の生え方が変じゃない?・・・などなど、こちらも細かいお悩みがつきないですよね。 本当は小児歯科の先生方のご専門になりますが、小児科医としてもお伝えできる範囲で、文献や清書の情報をもとに、見ていきますね。 主な参考

            【77】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.30】言葉の遅れに、言葉”以外の”遊びが大切なワケ。ご自宅でできること。受診の目安。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 言葉シリーズとしては今回がラスト。 今までは、言葉の典型的な発達や・言葉の発達が遅れる原因、また、「様子を見て」と言っている小児科医が実は頭の中で考えていることなどを、書いてきました。 今回は、言葉の発達という視点からみたときに、ご自宅でお子さんと関わるときのポイント・心がけ、また言葉の遅れで「受診する目安」を、まとめとして挙げてみたいと思います。

            【76】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.29】言葉の遅れ。"様子を見て"って言いながら、小児科医の頭の中で考えていること。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 前回は、喃語(なんご)や言葉の典型的な発達について、また言葉の発達が遅れる原因などを見てきました。 今回は、言葉の遅れについて「様子を見て」と言われたけど、そんなときに小児科医が頭の中で考えていることをご紹介します。 言葉の相談をされたときに、言葉「以外の」発達を大切に見ているワケ。そんなことも伝われば幸いです。 主な参考文献はこちら。 ●言葉の

            【75】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.28】いつまでにどんな言葉を話せば・理解できていればいいの?言葉が遅れる原因は何?」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 前回(ハイハイ、つかまり立ち)から10~12ヶ月健診にうつっておりますが、今回からは「ことば」についてです。 教えて!ドクターのフライヤーでは「喃語(なんご)を話す」「ダメ、おいで、だっこなどの意味が分かる」とあります。 早いお子さんだと、生後10ヶ月前後ですでに「マンマンマン・・・」などと喃語が炸裂していたり、言葉だけで親御さんとちょっとした意思疎通

            【74】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.27】ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩き。いつまでにすればOK?受診の目安は?」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 今回からは10~12ヶ月健診のフライヤーにうつっていきます。 喃語(なんご)をしゃべりだしたり、歩き出したり・・・色んなお子さんを見ていると「あれ?!うちの子、遅れてる?!」と心配がますます尽きない時期です。 今回は「ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩き」についてです。 ハイハイしない・つかまり立ちしない。移動のしかたがなんか変。そんな相談、実はよくいた

            【73】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.26】泣きやまないときに、医学的に考えられる原因。自宅で見られるポイント。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 夜泣き対策として、お昼寝もふくめて睡眠時間をしっかりとること、「完全に寝落ちるする前に」ベッドに置くこと、ほかにもどんな寝んトレにも共通する「成功させるためのポイント」を書いてきました。 今回は(夜にかぎらず)ずっと泣き止まない・不機嫌なときに、考えられる「医学的な原因」について見ていきます。 実は外来でも、オンラインの医療相談でも、よくいただくご相

            【72】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.25】どんな寝んトレにも共通する”成功させるためのポイント”。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 夜泣き対策には、月齢・年齢ごとにベストな睡眠時間・お昼寝の目安やタイミングを知ること、また「完全に寝落ちるする前に」ベッドに置くことが、色んな寝んトレに共通した大事なポイントであることを見てきました。 今回は「完全に寝落ちする前に」ベッドに置く、ということ以外にも、「どんな寝んトレにも共通する、成功させるためのポイント」をまとめます。 どうしても医学

            【71】小児科医ママが解説「おうちで健診【Vol.24】夜泣き対策で”完全に寝落ちする前”にベッドに置くのが大切なワケ。」

            「教えて!ドクター プロジェクト」の「乳幼児健診を知ろう!」にそって、解説させていただいている「おうちで健診」シリーズ。 前回は睡眠時間・お昼寝の目安やタイミングについて、とりあげました。 今回は、「抱っこでしか寝ない」(あるいは授乳でしか寝ない)「置いたら起きる(背中スイッチ」こんなときどうしたらいいのか。その対策としてなぜ「完全に寝落ちする前にベッドに置くことが大切なのか」を解説していきます。 赤ちゃんといえど一人の人間、そんなに簡単に「一人でコロっと寝る」のはむず