喫茶ランドリー

まちで「挨拶」が増えた理由.「コンビニ」「喫茶」「立ち飲み屋」自分の手元で咲きはじめていた「暮らしたいまち」.
+13

まちで「挨拶」が増えた理由.「コンビニ」「喫茶」「立ち飲み屋」自分の手元で咲きはじめていた「暮らしたいまち」.

この文章は、土木学会がnoteで開催する「 #暮らしたい未来のまち 」コンテストの参考作品として主催者の依頼により書いたものです。 生まれてから、大阪、台北、千葉、ロンドン、高円寺と暮らし、ひょんなきっかけで隅田川沿いの東東京に住みはじめて、早17年にもなる。 このまちに暮らしはじめてから、一時期は大学に勤め、またそのあとはフリーランスのように働くことになっていった。暮らすまちでの自分の行動といえば、基本は家と駅の往復、その間に、コンビニやスーパー、ちょっとしたチェーン系

スキ
239
喫茶ランドリーで百聞は一見に如かずを体験してきた!

喫茶ランドリーで百聞は一見に如かずを体験してきた!

🌈🍹喫茶ランドリーへ🍹🌈 「オカジマさんと似ているから読んだ方がいい!」 今思えば恐れ多い!🤣 単に、全頭金髪の田中元子さんと、全頭ピンクのわたしの共通点だけだったかもしれない! それでも、この本に出会えた事は、間違いなく当時のわたしを刺激してくれたし、今、読み返しても、また違う角度からの発見がある! ハンドメイドコミュニティを作るぞ! と決めた時に、街づくりを実践されている方から、一番最初にお勧めされた本📖 ふわいえで、わたしは、 (厳密に言えば、ふわいえと言う名

スキ
15
写真展「PARIS PARIS」中締め

写真展「PARIS PARIS」中締め

喫茶ランドリー本店での写真展「PARIS PARIS」は、当初予定の会期を終了しました…が、すでにお知らせしている通り、お店のご厚意により8/22までそのまま展示します。そのうち少しだけ作品を増やすつもりです。図録はまだ在庫があります。お店は連日11~18時で営業していますが、途中夏休みがあるかもしれません(わかったらお知らせします)。 すでに多くの方々にお越しいただき、写真についての感想もいただきましたが、安心したのはパリを撮っても鹿野節や鹿野調は変わらないですねというの

スキ
6
グランドレベルがまちを変える。

グランドレベルがまちを変える。

今日は、「1階づくりは、まちづくり」を実践する株式会社グランドレベルの田中元子さんの話です。 グランドレベルとは、地面や、1階、軒先など、まちを歩いていて自然に視界に入ってくる風景のことを指していたり、海外では純粋に1階の意味で使われていたりします。 魅力的なまち、活気にあふれているまちは、1階が重要だといいます。 人がまちを歩くにしろ、自転車や車で通り過ぎるにしろ、目にするのは通常、1階です。 「なんか面白そうな店だな。」とか「美味しそうなレストランだな。」とかいう感じで

スキ
7
喫茶ランドリー宮崎台で人として働くことができた幸福と、悲しさ。|閉店まであと15日。わたしはあと2日。

喫茶ランドリー宮崎台で人として働くことができた幸福と、悲しさ。|閉店まであと15日。わたしはあと2日。

悲しくて、やりきれない なんだかコトリンゴさんの『悲しくてやりきれない』を心に染みわたるほどに、ひたすらきいてしまう。 わたしは 怒っている 悲しんでいる もやもやしている 自分に対しても。 それは、わたしが働いていた喫茶ランドリー宮崎台店の閉店の知らせを聞かされてから。4月4日から。 閉店まであと15日、わたしはあと2日。 あと2日しか働けない。 あの場所に帰れない。 あー、えー、悲しい。 本当に、わたしは自分のことばっかり、優先して。 他のみんなに迷惑をかけてば

スキ
6
雑誌「大人の週末」に、喫茶ランドリーのカレーライス!?もだえるほど嬉しいワケ。「普通の主婦」なんて、この世に存在しないのです。

雑誌「大人の週末」に、喫茶ランドリーのカレーライス!?もだえるほど嬉しいワケ。「普通の主婦」なんて、この世に存在しないのです。

日々嬉しいことはたくさんありますが、最近ももだえるほど嬉しかったことは、喫茶ランドリーのカレーライスが、雑誌「大人の週末」に掲載されたことでした! これまで、幾度となくお話してきましたが、喫茶ランドリーのフードメニューの開発は、おそらく一般的なカフェではあり得ないほど、スタッフの皆さんに投げっぱなしです。(良い意味での確信犯?) 今回掲載された、カレーライスの発明者であるさおりさんは、喫茶ランドリー(森下・両国店)の第1号のスタッフです。当初、田中と私でお店に立ちはじめ、

スキ
59
AAU展示「Update01」

AAU展示「Update01」

今回は、私が所属しているグループ「Archi Art Update」についてと、そのグループで現在開催している展示「Update01」での私の展示物について書きたいと思います。 Archi Art Update 現在メンバーは私を含め5人です。メンバー各々が建築の大学を卒業し、建築ジャンルのアップデートを目的に、独自に興味のある内容について研究を進めています。 建築ジャンルといってもその内容は幅広く、姉咲さんは反重力建築について、須田さんは建築写真について、小林さんと門

スキ
2
「たのしい」を真ん中に まちを考える。
~塩尻大門から考える、たのしむための、まちとの関わり方~
イベントレポート

「たのしい」を真ん中に まちを考える。 ~塩尻大門から考える、たのしむための、まちとの関わり方~ イベントレポート

この町になぜ暮らしているのか聞かれたときに「だって楽しいんだよね」 そう言える暮らしができたら・・・。 「みんなの楽しい」が町中に溢れかえっている、そんな未来への入り口となるイベント 「たのしいを真ん中に まちを考える。」を2021年2月21日に開催しました。 時世に合わせてオンラインを併用し、ソーシャルディスタンスを保ちながらの開催です。 第一部は、株式会社グランドレベル代表取締役社長/喫茶ランドリーオーナーである田中元子(たなかもとこ)さんをゲストにお呼びして「喫茶

スキ
6
グラレコ チャレンジ40日目

グラレコ チャレンジ40日目

だいぶ投稿が空いてしまいました…( ; ; )そして、5月。皆さんはどんなGWを過ごしているのでしょうか?? この前のお休みに絵を見てきました最近は、なんだかバタバタしていたのですがこの前友人と一緒に”猫と宇宙展”という絵を喫茶ランドリーさんに見にいってきました^ ^ とっても可愛い絵で癒されました(^ ^)! デザイナーさんに教えてもらったのですが、この喫茶自体がとても素敵なコミュニティを運営されている場所だと知りましてとてもいい空間でした。 可視化カフェそして、入

スキ
6
その空間は「どの」体験の「どこ」にあるのか(公開:商店建築連載「商業空間は公共性を持つか」2021年3月号)

その空間は「どの」体験の「どこ」にあるのか(公開:商店建築連載「商業空間は公共性を持つか」2021年3月号)

雑誌「商業空間」の連載「商業空間は公共性を持つか」にて、 これまで10回にわたって商業空間の運営者や設計者、技術者と議論を交わし、 6つの商業空間について「オルタナティブ・パブリックネス(生活の上で所属する大小さまざまな空間と人間関係のまとまり)」という概念を通して読み解いてきた。 2021年3月号では「体験」をキーワードに、これまでの連載を振り返りつつ、商業空間の公共性を解釈している。 今回はその内容をこのnoteでも公開することとなった。 01. 公共性の個性を読み解こ

スキ
5