西倉美祝 / MInoryNISHIKURA

建築家 / MinoryArts(建築設計)主宰 / Club Alte. Publicness (CAP=「企業の公共性」デザイン・研究)代表 / 東京大学大学院博士過程在籍 / 以前は坂茂建築設計に勤務 / 聖光学院 / SDレビュー2018入選など
固定された記事

総合芸術としての建築の終わり?「アフターデジタル2 UXと自由」について。(商店建築連載の雑記③)

01. 建築がイニシアチブをとれない時代? 「建築は総合芸術だ」 「様々な物事を統合し、建築のデザインへと昇華することが建築家の職能だ」 他分野からはエゴイスティッ…

その空間は「どの」体験の「どこ」にあるのか(公開:商店建築連載「商業空間は公共性を持つか」2021年3月号)

雑誌「商業空間」の連載「商業空間は公共性を持つか」にて、 これまで10回にわたって商業空間の運営者や設計者、技術者と議論を交わし、 6つの商業空間について「オルタナ…

喫茶ランドリーから公共性と建築論を掘り下げてみる(商店建築連載の雑記②)

5月より雑誌「商店建築」にて、連載「商業空間は公共性を持つか」が始まった。 色々な人にインタビューを行い、商業空間が公共的になる意義と方法を考えていく予定だ。 6月…

コロナ後の住居?地域コミュニティ?公共空間?商業空間?(商店建築連載の雑記①)

商店建築という雑誌で、5月から連載を始めた。 「商業空間の公共性」をテーマに、様々な人にインタビューをしつつ、実際の空間の分析を行う企画で、1年間実施する予定だ。…

300

エッセイ「住居に都市を埋蔵する」解釈

4/25(土)、26(日)に行う「住居に都市を埋蔵する」(著:原広司、以下「本書」)の読書会に向けて、内容を一度整理してみる。 原広司テキストに興味がある!でも読みに…

300

「連続と断絶 ホワイトヘッドの哲学」について -「仮に断絶する」ということ- (前編)

本テキストは飯盛元章氏の「連続と断絶 ホワイトヘッドの哲学」(以下「本書」)の書評のようなものである。 00. 「連続と断絶 ホワイトヘッドの哲学」について 書評・…