「争う」=「強さ比べ」

fujiokaさんがこの記事について何か書いてたので、OoAさんが何を書いているのか読んでみて少し気になったこと。

「リベラリズム」というのは民主主義的で先駆的でもある、「寛容」を旨とする思想はいかなることを排除しない、素晴らしいと思いますよホント  しかし、「強さ」という部分はないんですよ、「寛容」はイコール「争わない」という事ですから、なので「強さ」求めたがる傾向の人間が行きつくところは大抵

もっとみる

OoAはリベラルじゃねえよ??リベラルを気取ったら「ネトウヨ」とも「レイシスト」とも仲良くしなきゃならねえだろ?

こんばんわ OoAの中の人です、とりあえず「OoA」という団体を立ち上げた本当の理由というのは「ネトウヨとか右寄りとかレイシストとかが死ぬほど嫌い!!!」という誠に「大人げない」と「ネットの人間が考えそうな」理由であります、そもそも「人権理念」の無い人間とはおつきあいを持たないほうが人生において「損」をしない事だという人生哲学に基づいてます そのように「人権理念のかけらの無い人間」から身を護るには

もっとみる

「OoA」はなぜ「ヨ」に賛同できないのか?

こんばんは、「OoA」の中の人です 実はこの「OoA」も2020年で「満十周年」になりました、「オタクとして差別に反対する」と誤解されているようですが、「OoA」の本来の目的は「オタク内部の排外差別主義と闘う」と言う事です、理由は「オタクとして反差別」なんてやっても意味がないからです ハイ

それでは本題

ここ最近「∃xist」という単語を付けて所詮「表現の自由戦士」なオタクと敵対するオタクがT

もっとみる

誰しも差別をしているかもというはなし

こんにちは。今日は、「自分は差別などしない」と考えている人ほど差別をしてしまっていることがある、という話をしたいと思います。良ければ今日もお付き合いください。

 差別は、現代においてしばしば人々の論争テーマとなる話題である。人種や性別、宗教や国籍などの「生まれ」に対する差別や、特定の病気や障害に対する差別、性的指向や性同一性に対する差別など、その要因は多岐にわたる。
 差別とは「自分の理解できな

もっとみる
あなたに良いことがありますように

「我らは愛と正義を否定する」OoAの思想の骨となったコトバ

「我らは愛と正義を否定する」

この言葉を初めて聞いたとき、自分の心に「雷鳴」の轟きを感じた

「青い芝の会」という身障者団体は自分が福祉の従事者とならんとしているときに知った団体でその時、青二才のガキだった自分はよく考えもせずそういう団体があるんだという風に過ごしてきたが改めてこの名前を再び知ることになったのは福祉の現場からドロップアウトして反差別運動に入れ込んでからだった、「川崎バス闘争」とい

もっとみる

「声を上げたって無駄。差別は無くらない。」という似非現実主義

治安の良さを0か100で語る人はいないと思う。差別が突然消えるとは思ってないが、完全になくすことを目的にしようが、現実的に減らすことを目的にしようが方向さえ正しければ、目的までの距離はどうでも良い。差別と戦うことは、マイノリティに属してる人を支える意味でも重要なことである。

「声を上げたって無駄。差別は無くらない。」という主張をする本人にとって「声を上げたって無駄。差別は無くらない。」は何が有用

もっとみる
ありがとうございます!
28

信じられない「いろいろ」に圧倒され続けた1時間半。

あこがれの「ゼミ」への階段を上って

「ゼミ、ゼミ、ゼミだー!」と楽しみにしながら階段を上った。Yさんが「一回生の女の子もひとり来てるからいいと思うよ」と言った。

けれどわたしのテンションは少し落ちた。軽い嫉妬のようなものを感じたのだと思う。あるいは、先を越されたという気持ちだったのかもしれない。

正体不明の人を見て

4階の教室に着いた。

広い空間に細長い机が会議室のようにぐるりと置かれて

もっとみる
ありがとうございます♪
2

戦争体験者の生の声を弾圧する自称リベラル。

NHKが運用するTwitterアカウント企画「1945ひろしまタイムライン」が、「朝鮮人」という言葉を使って、終戦直後の朝鮮半島出身者の行動を非難するツイートをし批判を浴びている。

「ひろしまタイムライン」は、戦中戦後の広島に生きた実在する3人が「もし75年前にTwitterを使っていたら」との設定。

「自分たちの言葉でつぶやきます」として、日記やインタビューを元に創作した文章を、2020年3

もっとみる

李信恵さんのこと

李信恵さんについて

 最初に申し上げておきますが、私は李信恵さんと面識がありません。ウェブサイトや書籍の印象だけで述べていることを予めご理解ください。ただ、李信恵さんの書籍すべてに目を通したうえでこの記事を書いています。したがって、「鶴橋安寧-アンチ・ヘイト・クロニカル」に折り込まれた「反ヘイトスピーチ裁判」に関するお知らせとカンパ募集のお知らせが記載されたチラシにも目を通しています。
 李信恵

もっとみる