The old music notebook

友なので 協和音でも 休符でも 不協和音でも 友であります

ありがとうございます。♪ 大きいスキです。☆
13

ポジ込み

そうなんかなぁ🤔🤔
えらい、ポジ込み(ポジティブな取り込み)してもらった気がします😂
ありがとう🌼

わたしは、人に恵まれているという自慢をよくします(笑)
でも、本当に恵まれているのです。
ポジこみも、その一つです!

たとえば、
えとちゃんが前ページで書いてくれたこと。
わたしは、とても嬉しかったです☺️
わたしが読んだ限りでは、わたしの良い面を言ってもらったみたいで、とても嬉しかった

もっとみる

【日記】2021年1月23日

今日は雪…
けっこう降ってた。

でも、これが心地よい。

冬だしね。

札幌市は緊急事態宣言中ではないが
街はけっこう人が出てる。

友人に数ヶ月ぶりに会った。

生活環境がコロナの影響で
いろいろ変化しているようだった。

元気そうで何よりだ。

YouTuberを目指すようで
色々話をされた。

かくゆう私もYouTuberだった…

…もう6年も前の話だが…

…続けていればね〜笑

頑張

もっとみる

有朋自遠方来

友が無いブログに記すその夜の夢に現る亡き友笑いて

友が無いブログに記すその夜の夢で出かける亡き友との旅

またひとり近しき人がいなくなる世の喧騒が静まる一瞬

憂きことも嬉しきことも悉く十年経てば只笑い事

はっきりした夢だった。あるいは夢を見た直後に目覚めたというだけのことかも知れない。自分はバリ島で遊び、現地にあるゲームメーカーで新作のゲームとかアミューズメントパークの体験をして何事か意見を

もっとみる
ありがとうございます。
2

高校の頃。東寺の弘法さん(蚤の市)で買ったピラミッドの置物は、髭髭怪しゲ中東系ガイジンから。「…エジプトノスナ…ハイテルヨ」――。海の京都、丹後琴引浜を歩きゃ砂が鳴く。キュ、キュ…と、まるで幼児靴。鳥取砂丘や甲子園も、砂が自己アピ。その最たるや!やっぱ沖縄、星の砂?――友の土産。

Kindle『游文綺譚』シリーズ第①弾!1話読み切り!
18

#わたしたちの人生会議

夫や私の実家に顔を出すことなく、恒例の旅行にも行かず、ひたすらステイホームをした今回の年末年始。とはいえ、時間が足りない普段の生活でやりきれていない事があれこれと積みあがっているし、大掃除もせねばならない。例年は結構頑張れるのだが、今年は何だろう、力が全くわかない。

ここ数ヶ月多忙だった仕事からの疲れと、どうやっても一向にあがらないモチベーションのせいにして、全て最低限にと片目をつぶりさらに目を

もっとみる
とちぎ県庁最上階はいちご階🍓
11

竜の恩返し Voice letters from Dragon

鶴の恩返し ならぬ 竜の恩返し。

竜 の 声 が 手紙となって 届いた。

私の箪笥に 10年も 眠っていた 二つの物語が
Dragon の 声で 目覚め 
そして 声と なった。

短い時間ですが
どうぞ、
竜の声に 共に 耳を澄まして 頂けたら。。。

『一本の木』

一本の木 は
ある日 友達の猫のオリバーの死によって、倒れた。
その時 初めて 
幹は 根を 
根は 幹と 出会う。

そし

もっとみる
ありがとうございます!また寄って読んで頂けると嬉しいです。
81

危ない橋

何度も危ない橋を渡ってきて
命あるのが奇跡のように
突っ立ってる私がいる
這い上がる足を
引きずりおろす
一秒前までは友と呼べる者達が
悪どくのざばっていた
キレイなことを望まれても
おかどちがいと言っておく
平凡すぎて退屈なほどの日々が
いつか描いてた私の夢だった
じわじわと滲んでくる痛みなら
ひと思いに殺してくれと
あばれた時もある
隙間からは他人事だから
笑って暮らせる影が揺れる
人の世はそ

もっとみる
心からとても嬉しいです。ありがとうございます。感謝します。
4

自分という友人
・自分を友人と思って、客観視してみる
・どういう言葉をかけられたら、心の琴線に触れるか
・長所の最大化と短所の最小化、その中間、どの状態を望んでいるか
・奮い立つ無言の声かけをすることで、自分への友情は深まっていく
・それは人との境界を薄めて、つながりを強くさせる

あなたがより良い流れになりますように。
51

私は死神 【小学五年私は特別な友を亡くした】

私はいつも心のどこか片隅で貴方が死にませんようにと本気で思っている
全てが始まったのは小学5年生の時。
私は一人の男の子と仲良くなった
その男の子は内気で友達と呼べる友達を持っていなかった
私が彼の初めての友達、唯一の友達だったのだ
私にとっては一人の友達にしかすぎなかったが彼にとって私は特別な存在である事は知っていた
彼のクラスにいくと他の誰にも見せない控えめな笑顔を私に向けてくれた
それはたと

もっとみる