day-19:人生について考えさせられる曲

ギルト/BUMP OF CHICKEN

BUMPはほぼそうだけど、特にギルトの胸のグザグザレベルは違うな。人間という仕事ってだるいっすね。

Run Away/[Alexandros]

ドロスも多いけど、RunAwayのメッセージ性と人生観がとても好きで選びました。

青年ナイフ/ニトロデイ

思春期ならではの荒々しさというのが思春期をすぎた人間からしてハッとさせられる。これ高校生で作ったのは

もっとみる
チケットをご用意いたしました

【レコ記㉟】アルバムタイトル決定!

前日分の日誌を翌日の夜に投稿するというリズムが続いておりますが、いっそ割り切って、基本的に前回の記事から今回の記事までに起きたことを日誌にするというルールでやっていこうと思います。

アルバムタイトル決定!

 4日間にわたる投票の結果、アルバムタイトルは「モッズビートに憧れて」となりました!投票期間、4日は長かったですね。次やるときは2日か3日にしようと思います。

投票結果ですが、まあ~意外で

もっとみる
大吉!あなたに良いことがありますように。
2

2010年代ベストアルバム 30

半年がかりで続けてきた、僕の独断でしかない2010年代ベスト。ソング、映画、ドラマに続くベストアルバム編。完結作、50音順30本。2020年が初っ端からこういう状況で、じゃあどういう作品がこれから生まれていくのか。この世界線を生きる以上、そこを楽しみに過ごしていくことができるのです。

The Mirraz『言いたいことはなくなった』

ミイラズのどの時期を最高だったと考えるか、において普通にこの

もっとみる
スキスキスー
21

この歳でヘドバンするなんて

「怒髪天」との出会いは数年前、その頃の俺は生活の為だけに仕事をし、同じような毎日の繰り返し、だんだん出不精にもなり、新しい場所、新たな出会い、などもう面倒くさいと感じていた。

そんなある朝の情報番組で怒髪天が紹介されすぐにビビッと来て即CDを買った。忌野清志郎が亡くなった時から「俺の聞く音楽はもうない」と思っていたのに「こんな素晴らしいバンドがいたのか」とまさに目からうろこだった。

それからと

もっとみる

day-18:生まれ年の曲

チェリー/スピッツ

そばかす/JUDY AND MARY

ガッツだぜ!!/ウルフルズ

青いイナズマ/SMAP

1996年生まれで知ってる曲でした!ウルフルズだけフェスで見たことあるよ〜

もっとみる
整番・席運爆上がり!
2

怒髪天

怒髪天は北海道出身の4人組ロックバンド、4人とも50代前半でボーカルの増子さんは自分と同い年。結成35周年の息の長いバンドだ。怒髪天は増子さんが高校時代に結成し北海道でしばらく活動した後上京した。まったく売れない時代が長く続き、3年ほど活動停止した時もあった。1999年に再結成しメンバーが40を越えた頃にやっとバンドだけで食えるようになったという。決して売れ筋のメジャーなバンドではないが今も全国の

もっとみる

【レコ記㉞】ライブ動画Coming Soon

レコ記㉙の時に撮影した動画の完成版が届いたので、そのチェックをしておりました。撮影内容はこちらから↓

フィーフィーは動きの少ないバンドです。というのも間奏は短く、コーラスは多いので、マイクの前に釘付けにならざるを得ないんですよね。しかしながら、巧みなカメラワークにより、30分間、飽きずに見ることのできる映像になっておりました。

高い画質と音質により、細かな表情もミスも全く隠れず収録されておりま

もっとみる
中吉!そこそこ良いことがありますように。
2

day-17:カラオケで誰かとデュエットしたくなる曲

青春アミーゴ/修二と彰

え!!???小学生のとき流行ったから亀パートも山Pパートも歌えるよ!??!

打上花火/DAOKO×米津玄師

ちなみに2人で歌ったことはない

Love Forever/加藤ミリヤ×清水翔太

え!!??中学生のときめちゃくちゃ流行ったから歌えますよ!??!

AM11:00/HY

え!???これも中学生の時流行ったから歌えますよ!??「366日」も好き

ハッピーウ

もっとみる
今日は目玉焼きには醤油をかけよう
1

正しい夜明け/樹海の車窓から-2 #崖っぷちロックバンドHAUSNAILS

「でな、会いに来てもらえねぇならこっちから会いに行くしかねえのヨ、もち物理的には無理よ? だったら電線伝って家まで会いに行けばいいワケ! こないだナンバガだって演ったっしょ、無観客で」

ホワイトボードに絶妙にクラッシュした文字で書かれた「インターネット配信ライブの意義とは?」との文字列を背景に、折り畳みテーブルにマックを置いて「インターネット配信ライブの意義とは?」をややしゃがれ気味のシブい声で

もっとみる
ありがとうございます!
4

二〇一五年四月 壱

Scene 33

その後数日を、入籍の挨拶で東京以外の五分家をはじめとする親戚を回ったり、引越し荷物の細々とした片付けなどに費やし、四月一日になった。初めて寒河江中央学院高校へ出勤する日だ。
髪型は軽い七三分けにし、メガネは昨年暮れに雪江に新調してもらった縁無しタイプ。スーツは、双方の両親に出してもらった金の一部でもう一着新調させてもらった。黒に近い紺色の、ステージ衣装だったマオカラーを思い出さ

もっとみる