紅葉(もみじ)

音楽/邦楽ロック/ライブレポ/映画・アニメ考察/HSP/アセクシャル♀︎/1人暮らし/ハンデ持ち保護猫(全盲) 体内から浮かんできた文字の置き場所。 各種メッセージはTwitterのDMまでお願いします。

紅葉(もみじ)

音楽/邦楽ロック/ライブレポ/映画・アニメ考察/HSP/アセクシャル♀︎/1人暮らし/ハンデ持ち保護猫(全盲) 体内から浮かんできた文字の置き場所。 各種メッセージはTwitterのDMまでお願いします。

    マガジン

    • 映画・ドラマ・アニメのこと

      映画やドラマ、アニメの感想や考察のまとめ。主に日本の作品を好んでいます。

    • 音楽

      主に音楽のこと。バンド紹介、歌詞考察、ディスクレビューなど。

    • ライブレポート

      ライブ、フェスのライブレポートを集めました

    • 読切短編小説/ショートストーリー

      邦楽ロックの曲を題材にストーリーを膨らませた1万字前後の読み切りの創作短編小説をまとめました。音楽の世界観を更に深めるために、暇つぶしのお供に。

    • 猫のこと

      飼い猫の全盲の保護猫「輝翠(きすい)」について書いてます。

    最近の記事

    【永久完全臓器物】TK from 凛として時雨「first death」の考察【チェンソーマン】

    シークレット週替わりエンディング、「チェンソーマン」第8話は大好きなTK from 凛として時雨が担当。 鋭利で刺激的な音楽、チェーンソーのような狂気の悲鳴を上げるギター、作品の抽出力に加えてリリックセンスも抜群なTKが引っ張り出した言葉で紡ぐ「チェンソーマン」に捧げた「first death」について考察したい。 歌詞考察アキは悪魔との契約で皮膚を献上、姫野は右目を、デンジは自身の血をエネルギーに戦っており、カミソリはチェーンソーに比べれば殺傷力は低いもののリストカット

      • 【2022年No.1神アニメ】サマータイムレンダについての考察

        サブスク解禁されて一気見してしまった紛れもなく2022年No.1神アニメ。そんなサマレンを見ていて気になったことがある。 ヒルコ洞のしめ縄が出雲大社と同じなのは何故か このアニメは島に代々継がれるヒルコ伝承が元となっている。 ヒルコはイザナミ・イザナギ夫婦が初めて産んだ神の子だが、ヒルのようにふにゃふにゃの不具な状態で生まれたため、両親の手で島に流されてしまった不遇の神であり、恵比寿さまのルーツである。 慎平らが潜入したヒルコの洞窟に大きなしめ縄があったのだが、これが出

        • スラダンのキャス変に全く動じていない自分がいる

          まさか公式からコメントがあるとはと思うほどキャスト変更が大騒動になっているとは… そんな前々からスラダンの映画化を楽しみにしていた私ですが、マジで1mmもダメージ受けてないことに騒動が肥大化してから気がついた。 それはそうで世代の違いだと思うんですよ。 私は平成生まれでバスケやってた中学生の頃はスラムダンクが既にバスケの教科書と化していて、何ならスラダン連載していた時なんて生まれる前。 単純に漫画派だったので、ぶっちゃけリアルタイムのアニメに思い入れが無い。 だから今

          • 【神席祈願】個人的にチケ運に効果があった(ような気がする)神社を紹介する

            実は趣味にしていないだけで神社やお寺などの仏閣巡りがかなり好きで、出かけたついでによることが多いんだけど、そういえば最近申し込んだチケットの整番がいいんですよ〜! そういえばこんなに推し活ツイてるの、ここ最近頻繁に神社に行ってるからじゃね?神様まじ神じゃね?パワースポットってマジパワーなんじゃね?(霊感ゼロ人間) ってことで、霊感ゼロオタクが全ジャンルのオタクとしては気になる実際に参拝して推し活にご利益があった(ような気がする)神社を個人的に紹介するよ〜! ※効果は個人

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 映画・ドラマ・アニメのこと
            紅葉(もみじ)
          • 音楽
            紅葉(もみじ)
          • ライブレポート
            紅葉(もみじ)
          • 読切短編小説/ショートストーリー
            紅葉(もみじ)
          • 猫のこと
            紅葉(もみじ)
          • お前はまだ本当のバズバンドを知らない
            紅葉(もみじ)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【ライブ】TK from 凛として時雨 「error for 0 vol.5」東京・EX THEATER ROPPONGI

            今回対バンがSiMだったのだが仕事の都合上、TKしか間に合わなかったのでTKのみ書き記す。 8時頃六本木の到着だったので、久しぶりに後ろの方で鑑賞。意外と後ろの方が見やすかったりする。 ライブ1曲目の「will-ill」は、余白を見せるアレンジで披露。1曲目からいきなりライブアレンジとはいくら自主企画とはいえ尖りすぎだろう。 続いて2曲目、まさかの「unravel」。 百戦錬磨の「unravel」だが、あれだけライブでも見ているし何百回聴いているか分からないぐらいに聞

            【KICK BACK考察】ハチに乗っ取られた米津玄師【チェンソーマン】

            はじめに、この記事を書いた時点ではまだ2話放映後なのだが、あまりにも「チェンソーマン」のアニメ化が楽しみすぎて原作を読んでおらず、現状キャラクターやストーリーなど触りの部分の知識の状態である。 参加アーティストが半分以上好きなアーティストで「チェンソーマン」を見る前から狂わされているが、「KICKBACK」を聴いた瞬間から「ヨネヅケンシテンサイスギマヂパネエ」しか言えなくってしまい、「地獄を知らない状態で主題歌考察を書くのもいいのでは?」と思い、勢いのまま書くことにした。

            【SPY×FAMILY&BUMP OF CHICKEN】「SOUVENIR」の歌詞考察

            大好きなアニメ「SPY×FAMILY」の主題歌に大好きなBUMPと知り、ギャーギャー大騒ぎしてから約1ヶ月程経ったと思うが、いつ記事を書こうかと思い悩んでいたもののこの興奮は早いうちに書いた方がいいと思い、今回書くことにした。 (漫画の映像化だと原作があるので、アニメの最終回を終えてから公開するか毎回悩んでる) 「SOUVENIR」歌詞考察早速考察に入る。 初めに、タイトルの「SOUVENIR(スーベニア)」はお土産という意味である。 心はしまって鍵かけて そんな風に

            【ライブレポ】Suspended4th 「Travel The Galaxy Tour」@渋谷O-Crest 2022.9.25

            初めに感想を述べるなら「バンド好きを公言するならサスフォーを知らないと恥をかく」、そう思うぐらいに今のサスフォーの底力は凄まじいと感じたライブだった。 個人的に最後にサスフォーのライブに行ったの2020年のNCISとの対バンぶりなので2年半ぶり。何よりもサスフォーのワンマンは初めてであり、とても楽しみにしていた。 レポ通常ベースがセンター、ボーカルが下手のサスフォーが今回、ベースが下手、ボーカルがセンターというロックバンドのセオリーな配置。 「97.9Hz」でいきなりむ

            【一人旅】埼玉県民が初めて秩父に行ってきた旅日記(長文)

            毎年秋に誕生日旅行も兼ねて一人旅しているのだけど、今回は埼玉に住んでいるのに行ったことが無かったので秩父方面へ。 今回のメインは三峯神社。 三峰神社に行きたかったのはかなーーーりスピリチュアル的な話にはなるんだけど、好きな人は聞いてくれ。ちなみに私は霊感などなど見えるも感じるも一切無い。あと結構長いから興味ある部分だけ読んでくれ。 きっかけと理由今回は1泊2日のまったりプラン。 埼玉に住んでるならと日帰りでいいと思っていたのだが、ホテルの朝食バイキングが好きなのと(あ

            【チェンソーマン】ED曲週替わりから見る期待値の高さ

            待ちに待った「チェンソーマン」の主題歌が大解禁! 参加アーティストが半分以上好きで未だ興奮が止まらない私ですが、個人的にはやっぱり凛として時雨の大ファンなのでTKのED曲が楽しみ。 毎話曲入れ替わりの前例はある 主題歌予想で盛り上がっていたなか、まさかのエンディング曲が週替わりで度肝抜かれた人は多いはず。私もその1人。 かなり異例ではあるけど、毎回EDが変わったり、複数曲使用したアニメや連続ドラマの前例はある。 まずはドラマ「大豆田とわ子と3人の元夫」。 松たか子さ

            【ライブレポート】鋭利な轟音と照明の音楽芸術「凛として時雨 竜巻いて延命」ツアーファイナル Zepp Haneda 2022.8.26

            個人的に凛として時雨のライブは前回ツアー「Perfake Perfect Tour」の横浜公演以来のため、実に約1年8ヶ月ぶりである。 今回の「竜巻いて延命」は「DEAD IS ALIVE」ツアーの追加公演。私はこのライブが最初で最後のツアー参戦なので、ただの絶体絶命ライブである。 ライブレポート登場するなり「abnormalize」「laser beamer」とPSYCHO-PASSへの祝詞で開幕。いきなり世間的に知名度をドカンと上げた「abnormalize」とはさす

            りゅうちぇるとぺこ夫婦の在り方に思うこと

            まず初めに、私は身体も性自認も女性のアロマンティック・アセクシャルだ。簡単に言うと恋愛感情が無い人のことである。 20数年これなので、今更人を好きになることが難しいとは自分でも思うが、単純にみんながしている恋愛を羨ましいしく思うことは多い。 今回、りゅうちぇるが夫という括りにされるのが辛い、そしてずっとゲイであることを隠していたが、もう我慢の限界だったことを気に、この形に至ったのだろうと推測する。 当事者として言いたいのは「性的嗜好は変わる」。 例えば男性が女性を好き

            今後は気が向いた時に更新するます

            noteは週1ペースを目標に更新していて、最高86週?ぐらいで連続更新してたんですけど、2ヶ月前に転職してからエンタメに触れる機会が無く更新止まりっぱなしでして。 noteは自分にとってアウトプットするに最適なツールなんだけど、Twitterで「Z世代はSNSのために遊ぶ」というツイートを見かけてグサっと刺さりまして。 私も元はバンドが好きで「行ったライブのレポを書きたい」と思ってnote始めたんですよ。 でも続けるうちに数字だけ追うようになってしまって、そうなると「い

            2022年春クールでドハマりしたドラマは「明日カノ」でした

            ドラマは気になるものがあれば見る程度なんだけど、MIU以来毎週楽しみに待つほどどっぷりハマったのがまさかの「明日カノ」でした。 登場人物の再現度がはるぴ以外高いし、ホストもバーも実在する店舗だったり舞台だけでなく生身の人間が演じるからこそ感情が生々しく、外側から内側までとにかくリアル。アニメを挟まず直で実写化したのは大当たりだと思う。 . 明日カノの登場人物で私は価値観は雪、劣等感は萌に一番近いと思う。 雪のレンタル彼女を仕事として「手っ取り早く多く稼げる」と割り切っ

            【ライブ】ペルシカリア主催「青すぎる青春をこの街に賭けて 」w/yodomi 2022.6.20 越谷EASYGOING

            つい最近転職活動が終了したためこのライブに行けることが判明したのがつい昨日だったのだが、今まで通りライブレポを書くメンタルではなく「10分遅れだけど間に合うし行くか」とかなり急な参戦である。 個人的にもライブ自体が4ヶ月ぶりとコロナ以前は毎月のようにライブに通っていた私としてはかなり久しぶりだったのだが、あまりにもライブが良すぎたので感想だけでも書くことにした。 . 今回のライブは2年ペルシカリアのサポートベースを務めたyodomiのよしはらくんがペルシカリアのサポート

            【犬王】アヴちゃんは犬王に求められていたと思う 舞台挨拶と映画の感想@新宿バルト9 2022.6.8

            映画「犬王」を一言で表すなら”新感覚歴史エンターテイメント”、感想は「魂が揺さぶられるとはこのことか…」と痛感するほど「物凄い映画を見た」と言うことだ。 この記事で舞台挨拶でお話しされていたことと、「犬王」の感想をまとめて話す。 . 犬王と友有(いくつか名はあるが自身が名乗った名前なので私は友有と呼ばせてもらう)がパフォーマンスをしているシーンの臨場感は物凄く、映画館にいるはずなのにまるでライブ会場にいるかのようだった。 アヴちゃんと森山未来さんの歌声は琴線に触れるを