【モネと覚醒】魂のカケラとの遭遇と時空を超えて届いた壮大な愛

箱根3日間の旅。

前半

【九頭龍大神】これからの時代大切な事は神として生きる事

最後に1番お目当ての、ポーラ美術館にて開催していた
「モネとマティス もうひとつの楽園」展
に行ってきました。

自分の本当に1番大事にしている部分は表に出したくない。

私の胸の中だけにそっと秘めておきたい。

軽々しく口に出せないと言えばいいのかな。

そんな想いなので、言葉にするのは初めてで、
まるで自分の

もっとみる
情熱のままに突き進め♪
5

【陰陽】闇を正面から見つめながら光を表現し続けたルノワール

まずは
▶︎綺麗とは一面的な心地よさ、美しいとは多面的な醜さを秘めた美

こちらをおさらいしつつ。。

ルノワールの絵は美しい。

見て分かる通り、
色彩豊かで柔らかく、春の日に踊り出したくなる様な表現が特徴。

私もルノワールは好きな画家の1人。

人はきっと皆、綺麗を好む

醜さがない
マイナスがない
ネガティブがない

ただ陽のエネルギーに満ちた
陽だけの世界

それが「綺麗」の世界

私も

もっとみる
心と心で繋がってる
1

セザンヌの本はセザンヌ・カードで!

最近読んでいるのは、ほとんどが教科書的な本です。「読む」というより「調べる」に近いでしょうか。
気になった絵画作品を見つけると、その作品や作家について知りたいポイントを「調べ」ます。絵画鑑賞が趣味になってまだ日が浅いので、“ロマン主義ってそもそも何⁈” といった基本的なことからスタート。
最適な資料が部屋の本棚にあれば良いのですが、そう都合のよいことばかりではありません。なので出勤前によく本屋さん

もっとみる
ありがとうございます😊
52

ロンドン•ナショナル•ギャラリー展

本物に出会えた。

出来るだけ自分の目で本物を見て、自分の目を豊かにしたかった。
「豊かにしたい」というのは、「見る力」を養いたいということ。

それから、美術作品に触れることによる心の浄化を求めて行ってみようと思った。

あとは、単純にゴッホのひまわりがなんとしてでも見たかった。

なかなか日本であんなにたくさんの名作を拝めることなんてないだろうから、このチャンスを逃すわけには!って感じでチケッ

もっとみる

やさしい日常

辛い事も悲しい事もたくさん溢れているから
わたしは敢えて、自分からそこに触れたくない

だから今日はね
わたしをしあわせにするものだけに囲まれるの

そうすれば、ほら
穏やかに生きていけるから

切なくなる物語も
淋しくなる歌も
わたしを悲しませるもの全部
この部屋から追い出して

大好きな香りに包まれて
大好きなミルクティーを飲んで
美しいものだけ思い出す

わたしが好きな
優しい絵を描くあの人

もっとみる
これからもよろしくおねがいします♡
60

今日見た映画:2020/09/22

先日借りた9本のDVDを全て見終えました~

今日は残りのリチャード・フライシャー『絞殺魔』(1968)、エリック・ロメール『三重スパイ』(2003)、ヴィクトル・エリセ『ミツバチのささやき』(1973)、『ラ・マルセイエーズ』(1938)を見ました。

********

『絞殺魔』は、授業で抜粋を見せてもらってから気になっていた作品だったので、見れて良かったです。

画面が分割されるというのが

もっとみる
ありがとうございます(*´∀`)
11