あたらしい×なつかしい なにわブルースフェスティバル2020“配信”観戦記 その2

9月13日(日)

https://livelovers.jp/list/lltv/1529/

有山じゅんじ | 上田正樹 R&B BAND(有山じゅんじ、樋沢達彦、Kenny Mosley、堺敦生、Yoshie.N) | 大上留利子&ジェニファー’s Band(スガタアヤコ、前田邦衛、三夜陽一郎、仲豊夫、井上尚大、Shirayuries<片山ミキ、Angieチョチョ、荒木千枝⼦、Kitty吉べ

もっとみる

Yank Rachell – Mandolin Blues (1963)

個性派がひしめくカントリー・ブルースの歴史の中で、マンドリンを武器に活躍したYank Rachellほど独自の地位を保ち続けた男はいない。Sonny Boy Williamson Iのキャリアを語る上で欠かすことのできない役割を果たし、盟友Sleepy John Estesとは戦前はもちろん、約20年の空白の後に戦後も活動を共にするなど、その長いブルース人生の中で重要な録音を数多く残している。

もっとみる

The Aces – The Aces And Their Guests (1975)

ブルース史上もっとも有名なバックバンドThe Acesは、本作録音の前年にRobert Jr. Lockwoodとともに来日し、名盤『Blues Live!』を残している。はるか極東のコンサートホールで、演者より観客のほうがむしろ緊張していたようにさえ思えた録音だったが、この『The Aces And Their Guests』では打って変わって地元シカゴのクラブ「マ・ビーズ」においてラフでリラッ

もっとみる

BBキングの思い出

このブログは主にエステの話、料理の話、そして音楽とギターについてのお話で構成されています。

アーユルヴェーダの哲学に沿ってボディ、マインド、スピリットこの3つをバランスよく満たしてあげる様な生活、人生を私が理想としているからなんです。

話題がコロコロ変わっている様で、実は一つの哲学に沿って書かれていますのでそちらをご理解いただけたら、、と思います。

音楽、ギターってもう20年以上関わっていて

もっとみる
スキありがとございます!
2

【目印を見つけるノート】170. FREEというバンド=ブルースロック=不思議にさびしい

きのうは、歩きました。
ラーメンを食べてから、神社に行って、ホームセンターに行って、祖父母と母の墓参をしてきました。
意識していませんでしたが、もうお彼岸になっているのですね。ああ、よかった。

秋はいつもりんどう。
つぼみからあれほど綺麗な花ってあまりないように思います。

ホームセンターで珍しく、CDやDVDを売っている一画を見ていました。安価な編集盤があるところですね。そうしたら、『FREE

もっとみる
スキありがとうございます!
35

「ガンスリンガーストラトス」を知らない人が「ガンスリンガーストラトス」について語らず「ガンスリンガーストラトス」以外のことについて語る間違いなく雑談な話。

「ガンスリンガーストラトス」、フレーズは聞いたことあるし、ゲームセンターで遊べることは知っている。『ゲームセンターあらし』ばりに「ガンスリンガーストラトス」をゲームセンターで遊んでいる人を「個人的に?」見かけたこともないし、人気なんだろうけれど(ガンスリンガーストラトス)そもそも最近、ゲームセンターに行ってない。

本題は『本気!アニラブ』がエモい存在になった。ということですよ。もう本放送は、全て

もっとみる
スキ、有難うございます!!
21

「ライブ」と言っても、そんな大袈裟なもんじゃございません。3年前から、とあるロックグループのライブで知り合った音楽仲間が年に1度集結し、上野のスタジオで演奏会を開いています。今年で4回目になるはずでしたが、例のアレのせいで延期。私としては、オリンピックよりも気になっております。・・・曲は、2年前に弾き語りした憂歌団(ご存知ないですよね、きっと。)の「シカゴバウンド」。今度はブルースでございます。な

もっとみる
ありがとうございます!
8

これがブルースだ(と思う)

確かジョン・リー・フッカーはクラプトンはディープ・ブルースじゃないと言っていた、オールラウンド・プレイヤーだと。
その意味はワンコードでブルースできるか?みたいなことだったと思う。
で、例に当てはまるかは不明だが、多分こういうことでしょー。

ライ・クーダーと一緒でもこんな感じ。

沢山弾くからブルースじゃないんだと。

もっとみる

Faces – A Nod's As Good As A Wink... To A Blind Horse (1971)

生まれもってのスターRod Stewartと、職人気質のRonnie Laneが引き合わせられ、さらにそこにThe Rolling Stones加入前夜のRon Woodがいる。果たしてSteve Marriottと決別した一介のモッズバンドSmall Facesは、最もルーズかつアーシーなロックバンドへと変貌した。

Stewartというシンガーを擁しながらも、Laneの筆による「You're

もっとみる

【なぜ人はブルースを歌うのか?〜モチベーション問題〜】

「モチベーションを
 保たなきゃだめだ!」

こう言われて

モチベーションを
保てた人を
見たことがありません。

ところが!

ほとんどの現代人が
モチベーションを
欲しているし

なんなら

何も考えなくても
体の奥からフツフツと
やる気が湧いてくる!

モチベーション?なにそれ?
そんなもの無くても
生きるのが楽しくて仕方ないよ!

という状態になりたいと
思っているんじゃ
ないでしょうか

もっとみる
スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
46