ビール工場

1950年代生まれの母がよくかけていたユーミンのアルバム。「右に見える競馬場、左はビール工場」を実際に見たときは「これが~っ!!✨」って大人になった気分ですごく興奮したものだ😆今日久々に通ったら、懐かしさがよみがえった。あ~いしてるって言ってもきこえない、風が強くて~🚗🌃

賢治先生の北海道修学旅行 4日目 5月21日午前 ビール工場で農業文明論

宮沢賢治の花巻農学校教師時代の北海道修学旅行復命書を読み解いています。 復命書はこちらです。 https://plaza.rakuten.co.jp/kenjitonou/diary/202102150000/ 一行31名は、1924(大正13)年5月18日夜に花巻を出発。鉄道と青函連絡船を使い、途中函館、小樽を見学しながら、車中泊2日の強行軍で5月20…

ビールの製造工程の内側をお見せします【外資系バルブメーカー事例紹介】

ビール好きなら、一度は参加したことがあるであろう「ビール工場見学会」 昨今の状況を踏まえて、ほとんどの工場見学はまだまだ休止を強いられています。 それでも季節の巡りは止まることはなく、だんだんと春に近づきつつあり、ビールがより美味しく感じる季節の到来をひしひしと感じます。 そこで…

起業物語 酒チューブ ビール工場

はい 大好きなビール工場 この頃から 酒チューブを休みたいと言っていた代表 でも 撮影していました💦 結局好きなんです 笑 でも 酒チューブ部門に関しては ビジネスにはならない そんな葛藤をしていたころ でも すごく楽しめました!(^^)! この頃は 空中分解2の手前 正直私はびくびくして…

完敗に乾杯!

私と夫は歩いていた。 遮二無二、歩いていた。 季節は夏、歩けば歩くほど、汗が噴き出す。 その歩行に効果音を付けるとしたら ズンズンズンズン その歩みは力強い。 向かう先は、ビール工場のすぐそばにある、ビアレストラン。 出来たてのビールとともに、和・洋・中のバイキング形式の食事を楽しめる…

「工場の科学」から広がる日本ならではのクラフトビールの未来とは。キリンビール仙台工…

ビール工場とクラフトブルワリー。規模や設備は違うものの、ビールを造る者同士として共に創造していける未来はあるのか? そんな問いと向き合うことから、キリンビール仙台工場と『いわて蔵ビール』の協力関係はスタートしました。 これまで交わることのなかった両者が手を組むことで、日本のビール…

農家と一体になっておいしいビールを。キリンビール仙台工場とホップ生産者の歩み

日本随一の日本産ホップ生産地(栽培面積全国一位)として知られる岩手県遠野市。その歩みは、今から57年前にキリンビールと共にスタートしました。 ビールの消費量が右肩上がりだった1960年代、キリンビールは良質な日本産ホップを調達するため遠野で契約栽培を開始。生産拡大や品質向上を目指し、地…

ビール工場の役割とは?132年の歴史を誇るキリンビール横浜工場がつくってきた「美味し…

目の前にある1杯のビール。その背景には、表立ってあまり語られることのない造り手たちの熱い想いや地域との関わりから生まれるストーリーが秘められています。「 #造る人たち 」では、ビール造りの拠点である工場に密着。全国のキリンビール工場を舞台に発信していきます。 全国に9箇所ある生産工場…

無料でビールを楽しむ方法

ビールが好きすぎて、聖地札幌に年に2回は行っている平澤彰悟です お酒が飲めるようになって、ビールの美味しさに気づいた俺氏。 ビール美味い!!けど結構いい値段するんだよな。 居酒屋に行っても、ビールだけ値段が高かったりするんだよね。 お金の無い俺は、少ない脳みそを使って 『どうやった…

オンラインビール醸造所見学会に参加してみた2

こんな時期ならではイベント「オンラインビール醸造所見学」に参加してみて大変楽しかったので、再び参加した 前回の感想はこちら 今回参加したのは、静岡県のブルワリー ベアードブルーイング 東京都内(高田馬場、原宿、中目黒、吉祥寺)や横浜にも専門のビアバーがあり、全国的に知名度は結構高いと…