ヒートショック

ヒートショックには本当に注意して。

朝晩の冷え込みがこたえる
季節になってきましたねー。

この時期に、特に高齢者の人に
注意してもらいたいのが
「ヒートショック」
です。

一人暮らしの高齢者の方の
変死の現場、何度も見てきました。

寒くなると増えてくるのが
風呂場
トイレ
で死亡している案件です。

暖かい部屋から
冷え切っている風呂やトイレに
移動することで、
急激に血圧が上昇して
・急性心筋梗塞
・脳梗塞
・くも膜下出血

もっとみる
ありがとうございます!
8

「浴室暖房でヒートショック予防」

こんにちは!藤田商店ガス部、石川です。
11月に入り朝晩寒くなりましたね!早いもので今年も残すところ後2ヵ月となりました。冬に向けた備えはできていますか?我が家は、まだ夏の物さえ片付いておらず、片付けをしなければと思いながらもなかなか進んでいません・・。

さて、今回は前回に引き続き、ガスによる暖房についてお話させて頂きます。
皆さん「ヒートショック」という言葉をご存知ですか?

ヒートショックと

もっとみる

入浴の"ヒートショック"で「長寿か即死」



 入浴の仕方次第で、天国(長寿)か地獄(即死)の分かれ目に。

■入浴の、天国(長寿)編■
---------------------------------------------------------------------

 入浴による「ヒートショックプロティン」の生成による免疫力アップなどの効果で
 高齢者の入浴の頻度が高いほど要介護認定のリスクが少ないことが、日本人約1万4,00

もっとみる
嬉しいです。
4

住宅の断熱性能はZEHでも足りない(?)

とある住宅関連のニュースを読んでいたら、ZEHの規格でも日本の気象状況を考えたら、断熱性能が低いと書いてありました。
そもそも、ZEHはゼロ・エネルギー・ハウスですから、エネルギーの消費と生成のバランスが取れれば良いとも言えます。

そういう意味では、最低限の断熱性能を満たす必要があると言う事だと思います。
注文住宅であれば、ハウスメーカーでも工務店でも、断熱性能は予算次第で性能を高める事が出来ま

もっとみる
また次にスキを頂ける記事を書きます
10

ヒートショックとは・原因・症状・予防・対策

ヒートショックの原因
ヒートショックは、冬場の家の中で入浴中に引き起こすことが最も多いです。

人の体は、暖房やエアコンなどで暖かくなっている部屋から、裸になって寒い浴室に移動すると、体は温度の急激な変化から体温を調節するために、ブルブルと体を震わせて熱を作り出します。

それと同時に血管を細くして、血液の流れる量を減らして体の熱が外に出ないように調整します。

血管が細くなると、当然のことながら

もっとみる

一日の疲れを癒す為に、お風呂の入り方。長風呂する際のリスクなど。

私はお風呂が大好きです。身内で脳梗塞にあった人がいるのですが、お風呂の入り方にすごく気をつけていたのです。なので、若い時からできるお風呂習慣やどのようなリスクがあるかをざっくばらんに調べて、私の経験なども含めてお話できればと思います。

私はよく長風呂をしているのですが、ダイエット目的で長風呂するとき。何か本を持ち込んで長風呂するときが多かったです。その時にうっすら感じたことは、目眩などを起こすの

もっとみる
スキありがとうございます🧡
22

【睡眠コラム87】寝室のヒートショックに注意!

急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで起こるヒートショック。心筋梗塞や脳出血、脳梗塞を引き起こしやすく、最悪の場合は突然死に至ることも。年間1万人以上の人がヒートショックで亡くなっていると言われ、これは交通事故死の2倍以上になるそうです。

ヒートショックが起こりやすいのは、入浴のときというのは、みなさんもよくご存知でしょう。寒い脱衣所と、熱い湯船との温度変化が原因です。意外と知られてい

もっとみる
わぁ~、うれしい!!明日もいい一日でありますように!
1
また聞きにきてねー
23

「油断大敵、備えあれば憂いなし」

まだまだ寒いですな。朝晩は特に冷えます。

暑い夏の時期は、早く冬になって欲しいと思うのですが、
いざ冬になると夏に戻って欲しい時もあるという、わがまま炸裂中です。

ところで、夏派?冬派?という質問がありますが、どうして中間を選ばせてくれないのか、いつも疑問です。

ちなみに僕は、冬派ですが。笑
一番好きなのは、暑くもなく、寒くもない、季節の変わり目の時期です。

極端過ぎず、バランスの良い状態

もっとみる
ありがとうございます!!
31

全室暖房は無駄?

全室暖房の話をするとよく「贅沢だ」「無駄だ」という意見が出ててきます。
これはおそらく多くの方が全室暖房について誤解しているからではないかと思います。

まず、全室暖房するためには高気密高断熱は必須です。

低気密低断熱住宅で全室暖房すれば、非常に暖房費がかかります。
その地域にあった断熱性能があれば、全室暖房にそれほどコストはかかりません。
実際日本で一番寒い北海道で全室暖房が

もっとみる