パレスチナの被占領地ヨルダン川西岸地区のビルゼイト大学を訪問し、学生たちと話した 1983年10月12日 ー その 2

前回投稿でも書いたように、写真は当時訪れたビルゼイト大学の学生評議会の部屋。実情を話してくれたパレスチナ人学生たちのうちの 3人。壁には左からジョージ・ハバシュ(非宗教・世俗主義の左派パレスチナ解放組織「パレスチナ解放人民戦線」 PFLP の創立者)、パレスチナの旗(彼らにとってのパレスチナ国旗)を挟んで、ヤセル・アラファト(「パレスチナ解放機構」 PLO 執行委員会議長、パレスチナ自治政府初代大

もっとみる

パレスチナの被占領地ヨルダン川西岸地区のビルゼイト大学を訪問し、学生たちと話した 1983年10月12日 ー その 1

写真は当時訪れたビルゼイト大学の学生評議会の部屋。実情を話してくれたパレスチナ人学生たちのうちの 3人。壁には左からジョージ・ハバシュ(非宗教・世俗主義の左派パレスチナ解放組織「パレスチナ解放人民戦線」 PFLP の創立者)、パレスチナの旗(彼らにとってのパレスチナ国旗)を挟んで、ヤセル・アラファト(「パレスチナ解放機構」 PLO 執行委員会議長、パレスチナ自治政府初代大統領)、ライラ・カリド(ま

もっとみる

1983年10月7日、イスラエルのテルアビヴで、パレスチナのガザから来たパレスチナ人一家と出会った時のこと

先月11日、2019年9月11日に note に新規登録、これまで 911 アメリカ同時多発テロに関わって 3本、「ボブ・ディランの不都合な真実」(パレスチナ・イスラエル問題に絡むもの)について 2本を投稿し、ディランについては続編を予定していますが、前回は 1983年10月4日にイスラエルのハイファを訪れた時の自分の日記を転載しました。今日は、それから 3日後の 1983年10月7日に、同じくイ

もっとみる

パレスチナ問題って、なんだっけ

イスラエル人の友達が、この投稿をストーリーズでシェアした。

パレスチナ人じゃない人にもこの投稿を見てほしいからシェアします。
ムスリム教の祝日に起こったことです。この日には通常、特別な衣装を着て、モスクへお祈りへ行きます。

そして、これが起こったことです。

このビデオを見て、自分自身でジャッジしてください。
これはリアルの話。
現在進行形で起こっていること。
見過ごすことはできない。

銃声

もっとみる
嬉しいです💓
1

善き隣り人

●新約聖書の話
●善きパレスチナ人

新約聖書の話

イスラエルと言えば聖書の舞台バイブルランドです。 イエスキリストのたとえ話に“善きサマリア人”と言うお話があります。 このお話は新約聖書「ルカによる福音書10章25節から37節」に出てきます。

エルサレムからエリコに行く途中、強盗に襲われた人が道に倒れていて、3人の人が通りかかります。
一人目はユダヤ教の祭司。しかし、倒れてる人を見ると向こう

もっとみる

シリーズ 「アラブナショナリズムとエジプトとスエズ危機」第3回敗戦後のエジプト、王政の末路

はじめに

中東戦争に敗北したエジプト王国は最早余命いくばくもない状態でした。一方混乱するエジプトを牽引できる政治家や指導者はエジプト政界には存在しませんでした。そのような情勢からついにエジプトは旧態依然とした王政から新たな革命へと脱皮をはたすのです。

エジプト王国   

 この項⽬では、エジプト王国の歴史をエジプトの視点から述べていく。
 エジプト王国の成り⽴ちは 1805 年のムハンマド

もっとみる
ありがとうございます!ほかの記事も良かったら読んでみてください
6

本好きのわたしが本屋さんでイベントをした!

和歌山県の本屋プラグさんに行ってきました。

https://www.books-plug.com/

紛争地の素敵な食卓

いいタイトルじゃないですか?きっとみんな紛争地って思ってるでしょ?
自分でつけるタイトルと、つけてもらうタイトルってこうも違うのね!って思いましたよ。

わたしは

紛争地じゃないのよ! それだけじゃないのよ!

って思っているけど知ってるからそうなのであって、行ったことな

もっとみる
Shukuran!!Thank you!!
6

現実に反するイスラエルにおける右傾化の歴史(2016)

現実に反するイスラエルにおける右傾化の歴史
Saven Satow
Jun. 05, 2016

「勇気とは恐れるべきことをどのように恐れるか、 恐れるべきでないことをどのように恐れるべきでないかを知ることである」。
ダヴィド・ベン・グリオン

 2016年5月30日、イスラエル国会は極右政党「イスラエル我が家」の党首アヴィグドール・リーベルマンを国防相に選出する。彼は対パレスチナ強硬派として知ら

もっとみる

【英日対訳】あの『ピンク・フロイド』のロジャー・ウォーターズが語る「他のミュージシャンがイスラエルに物を言えない理由」|英紙インディペンデント(2016.2.19)

Roger Waters: Pink Floyd star on why his fellow musicians are terrified to speak out against Israel

By Paul Gallagher

訳・編 Office BALÉS

本編

パレスチナ住民たちの権利を巡るイスラエルに対するボイコット運動。運動に賛同しながらも声に出せないアメリカのミュージ

もっとみる
Thanks for liking!
7

文化に政治を持ち込むのはアリかナシか #アートと抵抗

ユーロビジョンとグローバルビジョンで心がざわざわしていた5月終わり。 今回のユーロビジョンはテルアビブでの開催、去年の優勝者がイスラエル人ミュージシャンだったから。

でも待って!ヨーロッパの(だけじゃないけど)ミュージシャンたちよ!いいのか?それで!

パレスチナ人ミュージシャン、バシャールムラドがユーロビジョンとパレスチナの今、そしてグローバルビジョンの意味を語っている。

https://w

もっとみる
ありがとう!
6