バンクシーという男

バンクシー。
最近ではBRUTUSで特集も組まれていたし、個展をやったりと日本でもだいぶ露出が増えてきた。僕は恥ずかしながら、世界一周に行くまでバンクシーという男の存在は知らなかった。が、ひとたびその存在を知るとすぐに心を掴まれた。

今日はバンクシーという男の話。

バンクシーとは

バンクシーとはどんな人物なのか?

バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、英国を拠点とする匿名のアーテ

もっとみる
嬉しいです!読んでいただきありがとうございます(^^)
13

中東和平へ、日本とヨルダン|気になる中東

ここ30年ほどの中東情勢を見てきて私が実感するのは、結局軍事力は何の解決にもならないということだ。サダム・フセインを倒してイラクが平和になっただろうか?ビンラディンを殺してテロが無くなっただろうか?より深刻な状態を生み出しているだけだ。

今も鮮明に覚えている衝撃的な9.11テロ(2001年)。日本人のビジネスマンにも多数の犠牲者が出た最悪のテロ行為は絶対に許せないが、ただこれも長年に渡って米国

もっとみる
スキ、有難うございます!!
1

パレスチナのごはんをいただきます

おばあちゃん、おじいちゃんは知っている、自分のご先祖様が畑を耕したり、山で野草を採ってきて作っていたごはん。忘れたくないその味は――

和食は約7年前にユネスコの無形文化遺産に認定されましたよね。あの時は嬉しかった。なんのかんのと言っても自分の生まれた国の文化が価値を認められて表彰されるのは良い気分。しかも世界規模で褒められるという(∩´∀`)∩

和食の特徴は

①地域ごとに根差している
②季節

もっとみる
ありがとう あなたのスキで 活力チャージ
2

「良い植民地」の夢 -少年が少年らしかった時代

・生きづらい

21世紀の日本は生きづらい。
特に少年にとって。

解放感あふれる大きな夢に、身をゆだねて、どこまでも走っていくことができなくなった。

悪意がないだけではだめで、
関係諸方面への配慮や、諸倫理規定の遵守が、夢よりも先行するようになった。

もはや、
「ぼくはコロンブスみたいに新世界を発見したいです」とは言えない。
「先住民の身になってごらんなさい」と叱られる。

かくして少年は萎

もっとみる
お役に立てれば光栄です。
1

2014年にイスラエルのキブツにいた話①ガザ侵攻

私が初めて使ったSNSは、フェイスブックでした。
2011年から使っているから、もう9年。

好きな機能の一つが「〇年前の今日」の投稿を教えてくれるもの。

それによると、6年前の今日、私はイスラエルにいたらしいのです。

学生の頃、いろんなところを訪れたけど(今思うとあり得ないのですが、Wifiも現地SIMカードもなしで)ちょっとずつ、記憶が薄れてしまう前に、書き留めておこうと思います。

「ガ

もっとみる
ありがとうございます~
6

演劇できらめく子どもたち~ガザだより~

「ガザの小学生めっちゃ英語上手いやん・・・」
が私が今回執筆している子どもたちの第一印象。今回のお話はThe Hands Up Projectの子ども演劇です。

The Hands Up Projectというのはイギリスの英語の先生がパレスチナと繋がって仕事を引き受けているうちにだんだん大きくなっていった(そして世界規模に膨らんだ)プロジェクトなんだそう。今ではガザ・西岸地区とヨルダンにある2か

もっとみる
スキ嬉しいです!マブスータ(アラビア語でハッピー)
3

「テルアビブ・オン・ファイア」

最近DVDで観た、2018年のルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギーのコメディ映画です。 

1960年代の第三次中東戦争前夜を舞台にした人気メロドラマの制作現場を舞台に、複雑なパレスチナ情勢を皮肉とユーモアに包んで描写しています。

個人的には今年観た映画の中で一番面白かったです!

主人公はエルサレムに住むパレスチナ人のサラーム。叔父のコネでパレスチナの人気メロドラマ「テルアビブ・オン

もっとみる
ありがとうございます❗私もスキです!
35

複雑化する中東情勢と現代ヨルダンの課題|気になる中東

ヨルダンは西の国境でイスラエルと接しており、フセイン前国王の時代には、パレスチナ問題への対応が中心だった。ヨルダンに流入したパレスチナ難民とその子孫は、200万人超に及ぶと言われている。

93年のオスロ合意およびパレスチナ暫定自治協定では、パレスチナ問題がその解決に一歩進んだかに見えた。同年9月13日、米国ホワイトハウスでクリントン大統領の仲介のもと、イスラエルのラビン首相とPLO(パレスチナ

もっとみる
スキ、有難うございます!!

ZINE:ちょっと早い?早めが良い?どんな仕上がりにしようか?

昨日ふと発見した藤原印刷さん

何かよくわからないけど熱いものを感じました。
まだ写真選定も文章も終わってないけど、紙とか印刷の諸々を悩んだり選んだりしたい!良いものを作りたい!!という気持ちが湧いてきました。

パレスチナは再びロックダウン。イスラエルは国土四国程度で6日の感染者数は1000人を超え交通機関の制限も発表された。それに伴いパレスチナにあるイスラエルの入植地も都市封鎖。パレスチナ側も

もっとみる
Shukuran!!Thank you!!
16

ガッサーンカナファーニー

本日、7月8日はガッサーン・カナファーニーの命日。

彼の代表作はハイファに戻って

地元はアッカ。地中海沿岸の都市。今はイスラエルになっている。書くと何か変な感じ。

エルサレムではこんな出来事もあった。カナファーニーの存在を知ってるわたしに感動の涙事件!

ガッサーンカナファーニーのファンだったわたしはハイファにもアッカにも出かけた。
アッカでは一人カナファーニーの足跡を辿ってをテーマに歩きに

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
12