彼の瞳が語っていたこと -エルサレム旧市街-

ファインダーを通していなければ、その視線に耐えきれなかったろう 数秒ののちにシャッターを切って、その場を立ち去った 彼はそこに残る人で、わたしは立ち去る人だった 立ち去ることができる、人だった 2017年7月、初めてヨルダン川西岸地区を訪れた。 パレスチナを旅することに慣れた友人との、5日…

”私は、人種で区分して、投資してない。人の潜在能力に投資している”

8月27日開催のSAMURAI VISION SUMMITのSESSION 4を"パレスティナ女性エンジニアが壁を超え、変える世界"のタイトルで行います。パレスティナトップVCのibtikarfund Managing General Partner Mr. Habib Hazzanさんと私が登壇します。そのHazzanさんとの出会いのきっかけと、このSESSIONにかける想いを…

パレスチナとスイカ、そして日本

パレスチナの抵抗運動のシンボルとなったスイカ! その起源、というほど古い話ではないがこういった逸話がある。 ジャーナリストのKuvrdさんが簡単に解説している。 どうやってスイカがパレスチナの抵抗のシンボルのたったのか・・・ 1980年から1993年までイスラエル政府はパレスチナ人アー…

世界難民の日

6月20日は父の日であり、世界難民の日でもありました。 父の日に父を思いお線香をあげました。母の今の旦那さんである人にはグラスをあげようと思っていますが発送が遅れていますが、気持ちはあります。 そんな日に難民問題に特化していないイベントでパレスチナの難民キャンプでの思い出をお話し…

ソジャットヘナで支援ができます。今年の売上に一部はガザ地区(パレスチナ)の方々への…

おはようございます。 渋谷区千駄ヶ谷の予約制サロン hair salon sato(u) です。 ソジャットヘナの素晴らしい取り組みの一つに、今年のソジャットヘナの売上の一部がガザ地区(パレスチナ)の方々への支援へと繋がります。 今回は3回目の実施報告(facebookからコピーしました) ↓ 「ガザへの人…

国境ってなんだろう?

日本からパレスチナまで、およそ9000キロ。飛行機で約16時間の道のりで、一体いくつの国境を跨ぐのでしょうか。 不思議ですが、線が引いてあるだけで、距離を遠く感じたり、そこで起きていることを他人事に感じたり、あるいは、そこに同じ時間、今この時人が暮らしている実感が湧かなかったりしますよ…

【中東危機】早くも停戦合意が破られた! ハマスとイスラエル連立新政権 “再燃パレスチ…

中東危機の火種とも言えるパレスチナ問題。先日停戦合意が行われましたが、早くもその合意が破られました。ハマスとイスラエルの対立は再燃。イスラエル連立新政権はどう動くのか? 再燃するパレスチナ問題を取り上げました。 ★【6/26】神戸セミナー「フラット化する世界」参加申込はこちら https://…

エルサレムを巡るアラブ諸国とイスラエルの衝突について(日本語)

エルサレムを巡るアラブ諸国とイスラエルの衝突について 何故40億もの人々が、僅か1キロ平方のエルサレムの土地を巡り抗うのか。 何故世界の半数にも及ぶ人々は古のエルサレムを渇望し、3000年以上にも渡りその衝突が今も続くのか。  まず初めに、エルサレムの歴史的重要性と、全ての一神教での共通…

TBS須賀川記者の勘違いなハマス擁護

以前私に対し、「パレスチナ贔屓で何が悪い」と開き直ったTBSの中東担当なのにロンドンに駐在している須賀川記者のリポートがYouTubeにアップされているとTwitterのフォロワーさんに教えていただいたので、観てみました。 私はこれを観て、須賀川記者のあまりの勘違いぶりに呆れ果てました。 私が気…

300