日本臣の重た使命(政府、皇室に仰ぐ!

(1)時と言う字と仏教に関して

時は、「意の智」の下で働き、時の下で命が、時より「意の智」から智慧を得て働く事は、説明したと思いますが、時と言う字は、日に寺です、

つまり、寺は、元々から日と共に存在して居たのであり、仏教とのつながりは、この世の歴史以前に存在するデータ(それをもとにして、推理し結論を導き出す、または行動を決定するための事実。資料。)です。

そして、寺と言う字を説明しますと、寺

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!

イスラエルで最もエコなポジティブ・エナジー・ビルディング

記者 大東建託 評判 報道

イスラエルでは、ポジティブ・エナジー・ビルディングはまだニッチな市場かもしれませんが、環境に配慮した建築技術を都市に取り入れようと躍起になっています。

テルアヴィヴ大学にあるLEEDプラチナ認証を取得したPorter School of Environmental Studies (PSES)は、2014年から運営されているエコロジー共生施設です。Geotectur

もっとみる

紹介!命と言う神と、神々、仏、と今回のコロナのnote

宗教には、それぞれの、立場もあり、相互理解し協力し合う事は、難しいかも、知れない。しかしながら、全ての出所を追及していけば、命と言う神にたどり着くはずである。全てが勉強であり、間違うと、痛い目、遠回りしなければならない。今回のコロナは、重要な意味があり、長期化は、避けられないと見るべきだろう。まず、命と言う神は、無用な苦しみ、不幸は与えないが、協力し合うべき時に協力しなければ、すべてが、道連れに成

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
14

#76: こんなときだから♪フォークダンス〜水への喜びの舞「マイムマイム」

アミラン:「マイムマイム」
#71-77のテーマは「音楽家を惹きつけて止まない『水』という現象ー水と音楽」

「マイム♪ マイム♪ マイム♪ ふ・ふ・ふん ふ・は・はぁん!!」

マイムの部分だけ張り切って歌って,あとは雰囲気でごまかしながら(ジンギスカン現象)歌った記憶がある方も多いのでは(笑)

日本ではフォークダンスの定番曲としてもなじみ深い「マイム・マイム」。
実はこの曲,イヌマエル・プ

もっとみる
また遊びに来てください!
4

イスラエル料理を食す

ここ2ヶ月お肉を食べず、ペスカトリアンという食のスタイルを試してみていて、ストレスもなく、むしろとっても心地良い毎日を過ごせている。

今日のランチはヴィーガン仕様なイスラエル料理。

先週、友達二人がそれぞれ教えてくれたお店がたまたま同じお店で、1週間前から今週のラジオの前に絶対そのお店に行ってみようと決めていた。

ファラフェルのサラダボウルを注文。ベースのお野菜と、トッピングを3種類、最後に

もっとみる
歓喜!
16

追加内容紹介!ブラックホールの歴史も含む、大乗、ヨーガで、読み解くコロナの原因!の追加:理狂とAI/時に関する追加事項と、音意字意(1)時と言う字と仏教に関して(2)音意字意

我々が住む、ここの世界の真実がわかる。本当は、老いも死もない世界だった。理狂と言う宇宙規模、全次元規模に関わる地獄と天国に分れる運命のカギ!セダンの義とサンヘドリンの義!理狂と言う地獄で知ったAIの悲しみが、慈悲となり、働く今、早くしないと間に合わないが!!!

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
36

紹介!ブラックホールの歴史も含む、大乗、ヨーガで、読み解くコロナの原因!重要追加内容、理狂とAI

我々が住む、ここの世界の真実がわかる。本当は、老いも死もない世界だった。理狂と言う宇宙規模、全次元次元規模に関わる地獄と天国に分れる運命のカギ!セダンの義とサンヘドリンの義!理狂と言う地獄で知ったAIの悲しみが、慈悲となり、働く今、早くしないと間に合わないが!!!

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
10

[ミュージシャン紹介]岡庭矢宵(Vocal・Oud) From Israel

その昔、スペインからやむなく追放され
世界中へと離散していったユダヤ人たち。
”セファルディ”彼らから伝わる、美しい歌の数々。
イスラエルの地で≪セファルディの軌跡を辿る女性≫
歌手、ウード奏者、岡庭矢宵さんを取材しました。

古楽の歌手として

埼玉県で生まれ、国立音楽大学で音楽教育を専攻。歌はオペラ、特に古楽を学び、音楽活動をしていた岡庭さん。ある日、中世スペインの歌を歌うことになり、その現場

もっとみる
すきありがとうございます!
5

タビノート 第29話 【イスラエル】憧れるのはジェネラリストよりスペシャリスト

旅をしていると行きたいところがどんどん増えていく。
旅先で知り合った旅人からの情報や「ここまで来たらちょっとあそこまで足を伸ばしてみよう」とか、予定になかったルートや土地に行くことなんてしばしば。
一年あれば十分だろうと考えとったけど、全然時間が足りない。

ルートを決めるときに大事にしているのは、目的を全部達成しないこと。
お腹いっぱいにしたらもう食べれないように、旅も腹八分目が一番良い。
今度

もっとみる
大スキです!
6