「高校野球交流試合」に思うこと=甲子園を守ることはSDGsのバロメータ

やはり夏に甲子園で高校野球がある姿はいいな…でも、誰もいないスタンドには寂しさも。

8月10日から始まった、2020年甲子園高校野球代替大会。中止された春のセンバツ高校野球大会出場校が、1試合ずつ戦う形式で開催される。まずは、この大会の開催の開催にこぎつけた関係各位の方々に敬意を表したい。

ここで感じる2点をまとめると、
・観客を入れることができない寂しさ
・でも、野球が開催できる、見られる環

もっとみる
どうもありがとうございます!
2

地球温暖化

【現象】

⼤気や海洋の平均温度が⻑期的にみて上昇する現象

【原因】

原因は「⼈為起源の温室効果ガスの排出が、温暖化の⽀配的な原因であった可能性が極めて⾼い」としている。

【想定される被害】

短時間降雨や大雨はすでに増加傾向にあり、今後は時間雨量50mmに発生件数が2になると想定されている

総雨量も増加する

降雨・雨量の変化予想は、2°上昇で1.1倍 4°上昇で1.4倍(短時間)

もっとみる

(全文公開)待ったなしの気候危機

今年も九州を中心に日本各地に大雨豪雨、洪水といった水災が起こり、多くの死者をだし、生き延びたとしても居住地を失っていまう住民の方も数多くいた。SDGsの目標に「目標13 気候変動への緊急対策」があるが、この対応への日本の評価は決して高くない。(なお、The 2020 SDGs indexによるとSDGs達成度の世界ランキングで日本は17位となっている)

今回は、気候危機によって将来世代が被るリス

もっとみる

日本のエネルギー問題とは何か

自分の今後の仕事のために、日本や世界が抱えているエネルギー問題を整理してみます。今回は完全な個人的メモですが、同じく学ぶ必要がある方のご参考になれば幸いです。

●日本のエネルギー問題(「エネルギー白書」より)

 日本のエネルギー事情を把握する上で参照すべき資料として、資源エネルギー庁から毎年出されている「エネルギー白書」があります。

 PDF版とHTML版があり、いろいろな省庁から白書が出さ

もっとみる
♡ありがとうございます!(^ー^)
10

【SDGsを知る】「パリ協定」とは?なぜアメリカは離脱するのか?

※1分間で読める600文字以内でお伝えします。

地球温暖化問題を取り扱った映画『不都合な真実』がアカデミー賞を獲得したのは2007年のことでした。それから約13年、温室効果ガスの排出量を削減する動きは、世界的なトレンドになっています。

このトレンドを加速させたのが、2015年に定められた「パリ協定」です。昨年にはアメリカが脱退手続きを開始したこともニュースになりました。

そもそもパリ協定とは

もっとみる
おすすめ本です!ファイナンス本の決定版です!
9

脱石炭、コロナで急加速

前回、日本における脱石炭の動きについて触れましたが、世界(主に欧州)においてはより加速化が進んできているようです。
日本では低効率な石炭火力発電所を休廃止することをようやく目標として定めたに過ぎませんが、欧州各国では基本的に全廃を目標としています。
欧州各国において脱石炭はより現実的なのです。

一方、日本はどうなのでしょうか。
低効率な石炭火力発電所の休廃止を目標として定めたものの、現実的には非

もっとみる
ありがとうございます!
7

エネルギー需要、コロナで「構造変化」

コロナきっかけで脱炭素化の動きが加速化していきそうです。
この「構造変化」という点が非常に重要だと思います。
コロナによる経済活動の停滞により、一時的には世界で17%も減少したCO2ですが、温暖化に対する影響は僅かでしかないそうです。
今までの蓄積により既にCO2濃度が高まっている状態であり、一時的に排出量が減ったとしても、影響は限定的だということです。
上記記事で触れられている「不可逆的な構造変

もっとみる
ありがとうございます!
11

石炭火力発電の削減方針に目新しさはなかった

7月に入って、政府の2030年に向けた石炭火力発電の削減方針が突如発表されたかのように各所で驚きを持って受け止められていますが、実はこの内容には全く目新しさはありません。

7月3日の梶山経済産業大臣の記者会見を見ても、2018年に閣議決定された第5次エネルギー基本計画の内容を踏襲しているだけです。梶山大臣も記者会見の中で、第5次エネルギー基本計画の内容を具体化しただけと述べています。

エネルギ

もっとみる
この話題に関心を持っていただけたら、是非シェアをお願いします。
1

《連続投稿546日目》パリ協定達成のための3つのイノベーション

日経電子版の記事【パリ協定達成には…大規模移動制限、10年継続が必要】には、何と言っても冒頭の次の一節でグッと引き付けられます。

(記事より)新型コロナウイルスの感染拡大で2020年の温暖化ガス排出量は前年比8%減程度と過去最大の減少幅になるとの見方が強まっている。大規模な活動制限が世界に広がったためだ。ただ国際的な気候変動対策「パリ協定」の目標を達成するには今年並みの削減を10年間続ける必要が

もっとみる
スキありがとうございます!
15

2020年6月29日 CO2排出ゼロ技術開発へ!提携の動きあり?

こんにちは。ハッピーくんです。

本日はこの記事です。

CO2排出ゼロ技術 90機関・企業が連携:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60845160W0A620C2TJM000/

東京湾岸をイノベーションを生み出す産業集積地にすることを目指す「東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会」が設立されました。

約90の企業・機関が参画し、温

もっとみる
ありがとうございました!
8