熊本熊

1962年、埼玉県蕨市生まれ 今思うことのあれこれの備忘録
    • 2022年4-6月

      2022年4-6月に投稿した記事

    • 帯に短し襷に短歌

      素朴に歌を詠むということへの憧れがある。素朴に詠めるようになりたいと思うのである。とにかく詠んでみないことにははじまらない。「こんなものは短歌とはいいません」なんて言われたっていいじゃないか。

    • 句集苦笑

      短歌の上の句を発句として切り離し、下の句があってもなくても、それらしく見えるようにしたら俳句になるかも、と性懲りも無く安直なことを考えた。そういえば、昔、職場の後輩に「熊本さん、人生ナメてますよね」とよく言われた。

    • 読んだ・観た

      本や雑誌などを読んで思いついたこと。書評とか感想は上手にまとめる人がたくさんいるので、そういうものはそういう人たちにお任せする。本の内容とは全く関係なく見えることも少なくないが、自分の中でつながっていることに間違いはない。たまに観る映画のことも同様に。

    • 2022年1-3月

      2022年1-3月に投稿した記事

    • すべてのマガジンを表示

月例落選 短歌編

このところ落選ばかりだ。神仏に縋ったほうがいいかもしれない。というわけで、見出しの写真はお地蔵さまにした。詩歌のことは担当外だ、などと役人のようなことは言うまい…

2日前

月例落選 俳句編

このところ落選ばかりだ。これは非常事態だ。というわけで、見出しの写真は消防署にした。最後に入選か佳作で作品が掲載されたのが、『短歌』の2021年11月号だった。 さて…

3日前

比嘉春潮・霜多正次・新里恵二 『沖縄』 岩波新書

青版の限定復刻。初版は1963年1月25日発行なので、執筆されたのは私が生まれた1962年だろう。予て「岩波書店の新刊」の5月号に5月20日発売との広告が出ていて読みたいと思…

6日前

岡野弘彦 『折口信夫の晩年』 慶應義塾大学出版会

本は積んでしまうと行方不明になる。この連休に家の中の整理をしていたら出てきた。先日、同じ著者の『折口信夫伝』の文庫版を読んだ。読んで思いついたことをこのnoteに書…

2週間前

蛇足 『お楽しみはこれからだ 映画の名セリフ PART4』

前回書いたように、PART3までとは違って、本書には個々の作品だけでなく、監督や俳優を取り上げて、その人のセリフではない言葉についても語っている。あとがきにある「映…

4週間前

和田誠 『お楽しみはこれからだ 映画の名セリフ PART4』 国書刊行会

『PART3』を読んだときに、もういいかなと思ったのだが、既に本書を予約注文した後だったので手にすることになった。予約しておいてよかったと思った。尤も、予約しなくて…

4週間前