海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦

Ocean Evangelist(海の伝道師)/ #始動6期 #海のDX #SDGs14 海の最新情報・DX・ SDGsなどのネタを掲載しています。日本の海の産業は魅力や可能性に溢れています。そんな海で活動している人たちが業界の枠を越してゆるくつながる世界を目指しています。

海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦

Ocean Evangelist(海の伝道師)/ #始動6期 #海のDX #SDGs14 海の最新情報・DX・ SDGsなどのネタを掲載しています。日本の海の産業は魅力や可能性に溢れています。そんな海で活動している人たちが業界の枠を越してゆるくつながる世界を目指しています。

    マガジン

    • 海の脱炭素

      脱炭素として海の力も見直されてきています。珊瑚によるCO2の石灰化(固形化)や海藻類による海の緑地化など、GHG削減問題についての最強助っ人、海!そんな情報を集めてます。、

    • 日本の海

      海に囲まれた国、日本。そんな世界でも最先端を進んでいる海の文化の未来を追いかけてみます。もっと日本人にとって身近でわくわくするような海を目指して様々な人が思いを乗せています。

    • 造船

      16世紀の船舶技術も世界最高峰であり、1956年~1999年まで世界1位であった造船大国日本。世界の船舶の約3割が日本で生まれた船です。一説によれば日本の船の性能が良く、登録されておらず世界で使われている船の5~6割が日本の船であるという統計もあるほど、お家芸ともいえる造船業。しかし現在では世界3位となり、今後の船のデジタル化などにより、新境地が開けるかどうか非常に瀬戸際の段階です。

    • 世界の海

      海洋面積世界6位、海運業世界2位、造船業世界3位など世界の海事産業をリードする立場にある日本。名実ともに世界の1位を取るためには、自国の海事産業同様、世界の海事の情勢も頭に入れておく必要があると思い、まとめておきました。

    • マリンレジャー

      ヨットやプレジャーボート、サーフィンや釣り、スキンダイビングにクルーズ船。海に囲まれた日本には海のエンターテインメントがたくさんあります。是非あなたの海の楽しみ方を教えてください。

    最近の記事

    固定された記事

    海の魅力を発信する「海のイドバタ会議」次のステージへ

    いつも「海のイドバタ会議」を見ていただき、ありがとうございます。 お礼とご挨拶 note「海のイドバタ会議」も開設して約1年半。掲載記事2900。75000ビュー、2000スキを頂きました。本当にありがとうございます。 日本にとって海は無くてはならない存在です。僕はもともと靴のデザイナーをしていたのですが、海の世界に憧れて、転職して海の業界に入った人種です。そこで触れた海の現場では、本当に素晴らしい活動をしている人や団体、企業がたくさんいました。そんな海の業界に生きる人

    スキ
    5
      • 低炭素の水素製造年9000万トンに、30年目標 閣僚会議

        2022年9月26日 日本経済新聞 経済産業省は2022年9月26日、水素社会への転換をめざすための閣僚会議を開いた。 水素の製造量を2030年までに世界で年9000万トンとする目標を掲げた。国際的なサプライチェーン(供給網)の構築を急ぐ。

        • 大宇造船買収、韓国財閥ハンファが優先交渉 2000億円で

          2022年9月26日 日本経済新聞 韓国財閥ハンファグループが、造船世界3位の大宇造船海洋の買収に名乗りを挙げた。 大宇造船の再建の優先交渉者に防衛装備大手ハンファが選ばれ、2兆ウォン(約2000億円)となる。

          • 日立造船、舶用エンジン事業を分社化 今治造船が出資

            2022年9月26日 日本経済新聞 日立造船は、船舶用エンジン事業を分社化して新会社を設立すると発表した。 新会社は今治造船から35%の出資を受け、エンジンの安定的な供給につなげる。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 海の脱炭素
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
          • 日本の海
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
          • 造船
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
          • 世界の海
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
          • マリンレジャー
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦
          • 魚料理・魚食
            海のイドバタ会議 / Ocean Evangelist 守 雅彦

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【日本最大級ビーチスポーツの祭典!】『千葉市政令指定都市移行30周年JAPAN BEACH  GAMES® Festival CHIBA 2022』を開催します!

            2022年9月26日 PRTIMES 稲毛海浜公園いなげの浜にてビーチゲームズ日本招致プロジェクト 『JAPAN BEACH GAMES Festival CHIBA 2022』が開催決定。 日程は2022年10月22日、23日の2日間、2年に一度開催されているビーチスポーツ・マリンスポーツ・ハイブリッドスポーツの国際大会「アジアビーチゲームズ」の「ワールドビーチゲームズ」を日本に招致する啓発活動の一環として、各種ビーチ・マリンスポーツの公式戦を集結したイベントととなる。

            垂下式カキ漁で世界初「MSC認証」を取得した株式会社マルト水産の「岡山県・邑久町虫明産 蒸し牡蠣 珠せいろ」を取り扱い開始

            2022年9月26日 PRTIMES 豊洲市場ドットコムで、垂下式カキ漁で世界初の「MSC認証」を取得したマルト水産の「岡山県・邑久町虫明産 蒸し牡蠣 珠せいろ」の取り扱いを開始した。 販売についてこちら https://www.tsukijiichiba.com/user/collection/1248

            川崎近海汽船・ユーグレナ・鈴与商事、内航ROROにバイオ燃料。26日に導入式典

            2022年9月27日 日本海事新聞 川崎近海汽船、ユーグレナ、鈴与商事は、バイオ燃料「サステオ」の実証試験を開始する。 川崎近海汽船の内航RORO船「豊王丸」で、ユーグレナが製造するバイオディーゼル燃料「サステオ」を利用した実証実験となる。

            服の大量生産、日本で1日520万着ゴミに 欧州は規制強化

            2022年9月27日 日本経済新聞 日本では1日に平均1300トン、約520万着が捨てられている衣類。世界では衣服の大量生産に歯止めをかけようとする動きが活発になってきた。 世界の排水の約20%は染色の際に使われた後の水となっている今、欧州では規制が始まった。新しい経済システムが必要とされている。

            スキ
            1

            カーボン・クレジット市場の実証を開始しました

            2022年9月22日 環境省 報道発表 経済産業省は、東京証券取引所と、カーボン・クレジットの市場取引に関するJ-クレジットでの取引実証を開始した。 カーボン・クレジット市場特設サイトトップページ外部リンク https://www.jpx.co.jp/equities/carbon-credit/index.html GXリーグ設立準備公式Webサイト  https://gx-league.go.jp/

            災害時に人命を守る「命のみなとネットワーク」を形成します~“みなと”を活用した災害対応支援~

            2022年9月22日 国土交通省 報道発表 国土交通省は、各地域で、船舶を活用した防災訓練の実施など「命のみなとネットワーク」の形成に向けた取組を開始した。 災害時の陸路分断等を想定して、“みなと”の機能を最大限活用して海上輸送による救助・救援や物資輸送等の災害対応支援を行う。

            スキ
            1

            カニと寒ブリ、新ブランド誕生 石川県漁協

            2022年9月22日 日本経済新聞 石川県漁業協同組合は、カニと寒ブリの新ブランドを発表した。 加納カニの「輝」に加え、メスのズワイガニを「輝姫(かがやきひめ)」、ブリは「煌(きらめき)」と名付けた。

            スキ
            2

            【海の豊かさと環境配慮型消費 意識調査】 環境配慮が消費行動に変化を与えているものの、SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の達成には認知と行動が不十分

            2022年9月22日 PRTIMES 世界自然保護基金ジャパン(通称、WWFジャパン)は、全国の一般消費者2,876名を対象に「海の豊かさと環境配慮型の消費」に関する意識調査を実施し、SDGs週間に合わせてその結果を発表した。 約7割の人が「海の豊かさが失われている」と感じ、その要因に「乱獲などによる海洋資源の枯渇」を挙げた人が半数以上いる一方で、水産物の持続可能性を証明する国際認証の認知度は約1割であり、かつ「海の豊かさを守るために必要な行動」として「持続可能な水産物の

            東京夢の島マリーナで「魚の魅力」体験型イベント開催

            2022年9月25日 PRTIMES 東京夢の島マリーナで、食と遊び、釣りをテーマにした「エンジョイ魚まつり」が開催される。 「食:魚を食べる」「遊:魚と遊ぶ」「釣:釣り」の3つのテーマで、家族揃って「海の魅力」を一日満喫できる体験型イベント。 日時:2022年10月1、2日10:00~16:00 入場料:無料 イベントURL https://sakana-talk1002.peatix.com

            「海を守ろう!」のメッセージ入り リユースカップ お目見え!【べアレン醸造所】盛岡名物「よ市」特設ビール売り場にて提供開始!

            2022年9月22日 PRTIMES いわて海ごみなくし隊実行委員会は、岩手の地ビールメーカー「べアレン醸造所」と共同で「ごみを減らして、海の環境を守ろう!」オリジナルリユースカップの提供を開始した。 グリーンシーズンの毎週土曜日に盛岡市中心部の材木町商店街で開催される「よ市」提供。 日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環です。

            スキ
            1

            優勝賞金100万円!!アングラーズ公式、巨大魚トーナメント「ANGLERS DREAM CUP」開催決定!

            2022年9月22日 PRTIMES 釣りSNS「ANGLERS」ではトーナメント期間中、対象釣船で一番大きな『マダイ』を釣行して投稿した人に優勝賞金100万円を授与する「ANGLERS DREAM CUP」を開催する。 くわしくは https://corp.anglers.jp/dreamcup/1

            全国アマモサミット2022 in 館山開催決定

            全国アマモサミットが今年は館山で開催される。 全国の環境活動家が一堂に会して行われる全国アマモサミット。今メディアで取り上げられているブルーカーボンの立役者「アマモ」。正式名称「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」。そのアマモを舞台に日本全国のブルーカーボンの取り組みを知ることができる。 配信などもされる予定。是非、日本の世界最先端のブルーカーボンの取り組みをご堪能ください。 1日目 2022年10月28日(金曜日)13:30~16:50 ジョイントシンポジウム

            スキ
            1