釣った魚に餌をやらないどころか、つつき回して弱らせるオットのえげつないやり方~トラウマになった新婚旅行

新婚旅行は楽しみだった。

海外にはめったに行けないし、子供が生まれたらしばらくは旅行もできないよ、と周りにも言われていたから。

乗り継ぎの成田に行くための便を待つために、朝早くに地元の空港にいた。

そこで私はやってしまった。

仕方ない、仕方のないことなのだけれども…女子特有のものが来てしまった。

あぁ!結婚式までは、すごく気をつかっていたのに。
旅行までに三日間もあったから、おそらく気が

もっとみる

働くことで困ったことがあればどんどん相談してみよう

いつもありがとうございます。ストレングスコーチのNaotoです。

僕は社会保険労務士資格だけでなく、労働基準監督署に5年、労働局雇用環境均等室に3年勤務という労働法とその運用に関してはプロにも教えていたぐらいなので、プロ中のプロだと思っています。どんどん法律なんて変わっていくので、ある意味ついていくのが大変。そんな中みんな追いつこうと必死でやってます。

今回は、働く上で困ったことが起きた場合の

もっとみる
本当にありがとうございます✨
14

にっき(安心安全のはんたい、憧れの場所、読書など)

猛暑。暑いとやる気が半減する。
涼しい室内でアイスコーヒー飲みながらぼーっとするのは最高だけど。

ビールとか良く冷えた白ワインに手が伸びる。オイルでひたひたにして焼いたズッキーニとかつまみにしつつ。

……
最近、仕事で心理的安全を損なわれる事が非常に多い。

(画像は当該記事にリンク)

現在、この反対の環境にいて、ハラスメントに遭う機会が増えた。

元々自分はHSP気質で、変にナイーブなとこ

もっとみる
ありがとうございます!

あまりにも早すぎた、新婚気分からの目覚め~モラハラは突然に!

オットのモラハラが初めて発動されたのは、なんと結婚一日目だった。

それにしても、もう少し我慢できなかったものか。
憎らしいほどわかりやすいが。

結婚式を無事に終えたあと、新婚旅行までの間が三日間ぐらい空いてしまったので、新居のアパートで引っ越したままになっていた私の段ボールを開ける作業をしていた。
オットは手伝いもしなかった。

そして夕方になって「風呂に入る!」と言うのでお風呂を沸かした。

もっとみる

そのハラスメントは回避できるかもしれません。

世の中には2種類の人間がいる、良い人と悪い人しかいないと言ったら信じられるだろうか(笑)今回は人生での敵味方の見分け方を知る方法を探してみよう。そのハラスメントは回避出来れば楽に生きれるだろう。

「なんか最近調子悪いのよね。」
「シェアしている友人が勝手に私のもの使うのよ」

なんと言うことでしょう。

顔色が優れないようですが何か病気をしましたか?
友人が勝手に物を使う、名前書きますか(^◇^

もっとみる
スキありがとうございます。
10

ハラスメントをやってしまう人はどういう人?自分なりに考えてみたのは、
「忙しい」が口癖の人。

自分に余裕が無いと、相手への気遣いに欠けるコミュニケーションになってしまいがち。
また口癖になるほどだと、強要されている印象を与えてしまうかもしれませんね。

VoicyパーソナリティーNick大西さんがお話されていたテーマ
https://voicy.jp/channel/1186/92677

一緒にわくわくしましょう!

世界一ラッキーなモラハラ男の話

オットは結婚前…確かにおとなしい人だった。

女性とあまり付き合ったことがなかったのだろう、最初に待ち合わせをした時に、遠くから様子を伺っているだけでなかなか声をかけてくれなかった。

そのあと喫茶店で向かい合って座っていても、ソワソワしていて、まともに目を合わせようとすらしない。
おとなしすぎて、話もはずまない。

素朴でシャイと言えばそうとも言えるが。

私が一方的に話すのを、少しひきつったよ

もっとみる

気づきとnote

突き刺さるワードを知りました💦💦💦

趣味ハラスメント

ホントこれ、しそうだし、されそう。

私なりに説明すると、自分の好きなものだから、楽しいはずという気持ちと安心感と理解して欲しい気持ちで、一緒にする事を押し付けてしまうこと。らしいです。

(簡単に説明しすぎで意味不だよ!!!と思った方申し訳ない)

noteって時々グサッとくるテーマオススメしてくる!凄いよ!助かる!!自己反省してま

もっとみる
またのお越しをお待ちしてまーす(^-^)/
3

脱・相手の世界観 銀座ホステス流マウンティング受け流し術

(2020年8月11日東京新聞に掲載)

 職場などで「パワハラ」や「セクハラ」が横行し、何かと人間関係に悩まされる現代社会。最近は「マウンティング」という耳慣れない言葉まで聞く機会が増えてきた。いったい、どんな行為なのか。東京・銀座のクラブの元ホステスで、臨床心理士・公認心理師という異色の経歴を持つ塚越友子氏(46)に、その本質と対策について聞いた。 (石井紀代美)

あらゆる場面で起こります

もっとみる
ありがとうございます! 書いた記者に伝えます!
1

傍を楽にする働き方改革 私たちの最良の部分は自然の中にある

ストレングスコーチのNAOTOです。

僕は20年以上テレビの世界で取材をしたり、社会保険労務士という法律の資格を取って開業したりしてる人間です。労働基準監督署というお役所にも5年勤務し、公務員も経験。そんな観点からお話させていただいております。

皆さんは、今、心の不調を抱えながら仕事をしている人ってどれぐらいいるかってご存知でしょうか?

平成29年の調査では58.3%、過半数の人がなんか違う

もっとみる
神様✨仏様✨あなた様✨✨
6