リアルタイム・フリーランス日記 #12日目 「現実ではありえない? そう『あなたの現実』ではね」

こんにちは、はじめまして。

イラストレーター&エロ同人作家&ゲームクリエイターのKENTOです。

フリーランスになって12日目。

僕が「創作に関しての記事」を多く描いている理由は、「フリーランスとしての営業」のためでもある。

僕が、どんな思いで創作活動と向き合っているかを伝えることができれば、それもアピールの一つになるからだ。

僕たちはなぜ、「フィクション」に魅了されるのか。

漫画、ア

もっとみる
ありがとうございます!とっても嬉しいです! フォローもお願いします!
1

#11 キミが分かってた訳じゃないと思うけどね。偶然が忘れかけていた過去を思い出させてくれたの。本当にありがとう。なんだか貰い泣きしそうだ。練習したメッセージは僕の記憶から完全に消えていた。気づいた時、僕は彼女の手を握っていた。強い気持ちで握りしめていた彼女のハンカチと共に。

今日の運勢....吉
5

今後のオリジナルストーリーの連載について

今年の5月から、更新をスタートしたオリジナルストーリー『おねえちゃんからの手紙』ですが、誠に勝手ながらですが、今月で更新をお休みしようと思います。

※物語はフィクションです。
※無断使用、無断転載は禁止です。

朱色に染まった夕日が建物の窓を照らしていた。透明なガラスは、部屋の中に光を届けた。エリカはその様子を、少し目を細めながら眺めた。

朝は爽やかな青色の空
昼は少し眩しくて
夕方になると、

もっとみる
その気持ちが嬉しいです✨
3

プロローグを経て

どこかで誰かが号泣必死の映画を観て泣く

「今日から人に優しくしよう」とSNSで決意した誰かは数日後、クラスメイトに平気な顔して罵詈雑言を浴びせる

物語は届かないの?
言葉は届かないの?
思いは届かないの?

私はそっと目を閉じた
私は部屋に閉じ籠った
私は前髪をより伸ばした

現実から逃げたくて
私は藍色の空を撮り始めた

明日なんて来るな
金輪際、夜は空けるな

祈りが通じるはずもなくて

もっとみる
嬉しいです😭
17

コスパ重視の社会であえて伝統工芸品や高級品を用いる意味 ~ひとそれぞれを超えられるか~

高校生のとき、食器のことで同級生のM君と喧嘩をした。それは、僕が「漆塗りのお椀でお汁を飲んだほうが、美味しいように感じる」という考え(以下「伝統工芸派」という。)だったのに対し、M君は「器など使えれば何でもよい。100均のプラスチックのお椀で十分。わざわざ漆塗りの器を使うなどコスパが悪く無意味」という考え(以下「コスパ派」という。)であった。結局、どちらも決定的な論理を構築することはできず、平行線

もっとみる

想いと約束したこと

上がったり落ちたり

ストーリーに振り回されるだけじゃ

なんか悔しくて

訪れを待つばかりじゃなく

こっちから向かっていく

そんな風に在れたらな

                                                     
時々

信じてた自分が固すぎて

運命にあっさり砕かれて

深めの痛み植え付けられて

止まってしまう

                

もっとみる
(*´∀`)σツンツン
124

物語とは

物語がないと、人は「理解できない」

物語とは、世界を理解するためのもの

- 川村元気(ほぼ日「33の悩み、33の答え。」より)

共感ありがとうございます!

#10 彼女は食後のコーヒーを飲み終えるまで泣いていた。彼女が深呼吸をして口を開いた。好きだったんだ、お母さん。いつも優しくて私の夢を応援してくれて、ずっと私の味方でいてくれた。私の喜ぶ顔を見たいが為にアイデア料理を考案したりして。その中でもミートソースが一番好きだった。

何か一言でも心に届きましたら幸いです。
12

ブルーアワーを撮り続けて

君が撮ったブルーアワーが
コンテストで大賞を受賞して
第三者に評価された それは喜ばしい

でも実際のところは

君の辛さや願いが込められた
その写真が誰かに届いたこと

君が早く起きて撮り納め
努力が報われたこと

その背景に僕は心打たれるんだ

君が切り取る世界は
白昼に空を仰ぐことを躊躇う人に
きっと届くだろうね

明るくない空でも
日が出づる前の空でも
夜明けを望む空は綺麗だって

想いは

もっとみる
ありがとう このnoteで僕のこと見つけてくれて♬
29

善から分泌される悪。

福岡・博多湾を臨む米軍ハウスに暮らす哲学者、古賀徹さん。

理性がときに暴力性を帯びる問題を、日本社会の事象や自身の人生から考察した「理性の暴力 日本社会の病理学」の著者です。

古賀さんは、「多数派の人たちが『これが善だ』と思っているところから『悪』は汗のように分泌されてくる」といいます。

「労働も、生産も、医療も、防災も、防衛も、ありとあらゆるものが高度に理性化されている。にもかかわらずそこ

もっとみる