Большое спасибо!
2

「希望の郷 東村山」でのダンスクラス日記200706

梅雨らしい日々が続いてますね。

こんにちは。Co.山田うんダンサーのヤンです。

少し遅くなりましたが、希望の郷 東村山日記を。

7月最初の東村山。

パートナーは川合ロンくんです。

ロンくんは私よりもカンパニー歴も東村山歴も長いので、たびたびこの日記にもでてくる古参のAちゃんとは本当に長い付き合いになります。

会えばずっと積もる話を積もらせずに花を咲かせています。

この日はまさに梅雨っ

もっとみる

飯森沙百合:即興で踊ること

飯森沙百合

早稲⽥⼤学スポーツ科学部卒。山田うん、三東瑠璃 、平原慎太郎 、⻘⽊尚哉などの作品にダンサーとして参加 。⾳楽家・画家とのセッションやライブのバックダンサー、更に最近は絵本の朗読を務めるなど幅広く活動を展開。2018年に⻄⼭友貴とダンスユニット 「Atachitachi」を結成。精⼒的に活動している。

HP
twitter
instagram

「CONTART」
毎週金曜 21:

もっとみる
Большое спасибо!
2

Dancing at Dusk-A moment with Pina Bausch's The Rite of Spring

ピナ・バウシュ振付「春の祭典」をアフリカ諸国出身の38人のダンサーたちがセネガルの海岸で踊る「Dancing at Dusk-A moment with Pina Bausch's The Rite of Spring」の有料配信。初めてVimeoの課金コンテンツ観た。

ありがとうございます!
2

ソーシャルディスタンスの客席/Audience seat with social distance

タイトル写真引用:SankeiBiz 6月1日の記事

English below.

4カ月ぶりに、劇場の客席で、お芝居を観ました。
写真の通り、ソーシャルディスタンスを保った一つ飛ばしの配席。

行くまでは、ギュウギュウ詰めじゃない客席で過ごすのはなんだかもの悲しいのかな、と思っていたけど、そんなことはなかった!

時間と場所と感覚の「身体的」共有

上演中ふと周りを見ると、同じときに同じもの

もっとみる

モダンダンスとコンテンポラリーダンス① ~ざっと特徴&知る意義~

「モダンダンスって、ちょっとカジュアルにしたバレエでしょ?」

「モダンダンスとコンテンポラリーダンスって一緒じゃないの?色々あるコンテの中の一つがモダンか、色々あるモダンの中の一つがコンテみたいな。」

「なんか違うらしいのは知ってるけど、よくは分からない。聞かれるといつも上手く答えられない。。。何が違うの?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダンスをされている方でも、

もっとみる
ありがとうございます!本当に励みになります!
16

神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第9回定期公演(2015.3.)

今回は島崎徹教授の作品が4点、客員教授のオーウェン・モンタギュー氏の作品が1点。

 最初の「Here we are!」は、第1回からずっと上演されている、この専攻の定番となっている作品。若干の改変はあるようだが、すべての出身者がこの作品を踊れる、というスウィートホーム的な作品になっているのがすばらしい。少女らしい愛らしさと共に、その限度というものを知らない激越さが見てとれる、多面的な作品だ。1

もっとみる

メディアまたは通底器としての寺田みさこ ~ その前後

石井潤追悼公演で『カルミナ・ブラーナ』を観た(2018年2月10日、京都府立府民ホール アルティ)。運命の女神・石川真理子(Kバレエスタジオ)は、肌色のレオタードに紅蓮の炎が巻き付いているような大胆な衣裳で、晴れやかにかつ野生と世俗のエネルギーを感じさせるダイナミックな表現の強い演技を見せた。

 この作品は以前にも観ている(2008年11月「秋の合同バレエ祭‐創作バレエの夕べ」、京都会館)。運

もっとみる