sukinakototakusan

社会人2年目。アウトプットの練習もかねて、好きなこと(主にバレエや映画)や日記をぽつぽつ書いていこうかなと思います。
固定された記事

はじめます

私には好きなことがたくさんあります。 バレエ、映画、写真、旅行、最近はファッションや音楽にも興味。 個人でとどめておくと、愛があふれて破裂しそうなので、外に出す…

たしかにはそこに”ない”もの ~pennefatherfilmが切り開く、バレエの新たな可能性~

pennefatherfilmの作品は、なんだか曖昧で、もやもやしている。 pennefatherfilmについて  pennefatherfilmはロンドンに拠点を置く、独立系映画会社だ。ダンスに焦点を…

バレエと美しいを考える

バレエはこの世で1番美しい芸術 だと思っている。一度劇場に足を運べば、その美しさに目が眩む。 しかし、その美しさ言葉にして論理的に説明しろと言われるととても難し…

幼く聡明な少女が気づいた「愛する」ということ

『マダム・プティ』(2012〜2018年別冊花とゆめで連載)は簡単に言うと16歳の未亡人が、世界を旅する物語です。 あらすじ 時は1920年代末。16歳の万里子は父の借金を返済…

映画でバレエを観る

ビールも舞台も生がいい! というのは、私の恩師の言葉。 かのブロードウェイスター、ジェイムズ・コーデンも、トニーアワードのオープニングナンバーでこんなことを歌っ…

贅沢な読書

本が読めるようになった。 もっと正確に言うと、この自粛ムードのおかげで、本を味わえるようになった。 文化芸術を修める身でありながら、物語小説が苦手だった。映画や…