LGBTQの"Q"って?

最近、「LGBTQ」という表現をたまに見かけるような気がします。直近だと、ヤフーニュースで使われていました。その際に"Q"の説明をしていましたが、クエスチョニング(Questioning)のQとして紹介されていました。クエスチョニングとは、「自身の性自認や性的指向を決めかねている人、またはあえて決めていない人」のことをさします。

Qにはもう1つのQがあります。それはクィア(Queer)です。この

もっとみる

トランスジェンダー役を当事者が演じること。映画界のキャスティングをどう思う?|REING NIGHT

Creative Studio REINGでは隔週の火曜日に『REING NIGHT(リング・ナイト)』というイベントを開催しています。主に広告・表現についてジェンダー的観点からお互いの意見や感じ方を対話するオンラインコミュニティです。

💜 REING NIGHTとは?
日本のジェンダーイシューについて視点を掛け合わす場、REING NIGHT。身の回りに溢れるTV番組、雑誌、広告、映画等、コ

もっとみる
ありがとうございます!LOVE!
11

「HIV感染症」、そう言われた僕は

今年8月、ロケ撮影を終えた晩から頭痛と熱を引き起こし、一日中寝込む日々が続いていた。
時期も時期だったので、近くの病院でPCR検査を受け、解熱剤をもらい熱は少し下がったものの、陰性の結果を受けて2日後にはまた熱がではじめた。
頭痛がずっと続くものだから、熱中症かと思い、常に水分を取り休んでいたのだが、状態は一向に良くならず、約2週間続いた8月14日に大きめの病院の予約をなんとか取り(コロナの影響で

もっとみる
ありがとうございます!励みになります👍
18

【LGBTQセクマイゲイが聴く音楽・COLDPLAY】コールド・プレイ The Scientist 2002年

奏でるピアノの音は鬱になってしまいそうな感じさえする。自然と涙や今まで我慢していた感情が溢れ出しそうだ。まるで、音楽で言葉を交わしているようだ。フィーリングというか曲は人の心を動かす、まさに【感動】にふさわしいナンバー。昔亡くなった人や今まで出会った先生、友達、後輩、近所のおじさん、飼っていた犬の元にもし戻れたら言いたいことはいくらでもある。さらには過去の自分にもね。『お前の未来は...ゲイだ!』

もっとみる

各国で違うLGBTの総称

最近、メディアでも「LGBT」(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーといったセクシャルマイノリティの総称)という言葉をよく聞くようになったと思います。

日本において、この「LGBT」という言葉は、2015年東京・渋谷区のパートナーシップ条例が制定されたのをきっかけに主要メディアが使いだし、世間に広まったと言われています。

さて、そのLGBTという言葉ですが、実は各国で総称が若干

もっとみる

『生理は個性』 あなたは共感?それとも違和感?|REING NIGHT

Creative Studio REINGでは隔週の火曜日に『REING NIGHT(リング・ナイト)』というイベントを開催しています。主に広告・表現についてジェンダー的観点からお互いの意見や感じ方を対話するオンラインコミュニティです。

💜 REING NIGHTとは?
日本のジェンダーイシューについて視点を掛け合わす場、REING NIGHT。身の回りに溢れるTV番組、雑誌、広告、映画等、

もっとみる
そんなあなたが、大好きです!
23

質問答えます!

さて、今回はインスタグラムで以前に募集した質問に答える記事です!それではどうぞ〜

Q. ニューヨークに来て何年目で英語がペラペラになりましたか?

日本人からはペラペラと言われますが、アメリカ人の友達にはすごく日本語訛りの強いニューヨークアクセントの英語と言われます。(笑)洋画を字幕なしでそれなりに理解できるようになったのは6年目ぐらい、新聞を読んで政治や経済を理解できるようになったのはつい最近

もっとみる

あのとき思い切って日本を飛び出していなかったら。(その6)

日本に帰国中、私はテーパード式のステロイド治療(少しずつ摂取するステロイドを減らしていく方法)を行った。ステロイド治療をすれば、正直手荒れは治る。しかし治療をやめると、リバウンドといって薬に頼っていた体が自分のシステムを再稼働するのが難しくなり、湿疹やアレルギー反応により敏感になり、再び再発する。

つまり、ステロイドは、体の中の自然治癒能力(副腎皮質ホルモンの分泌)をサボらせてしまう。だからいき

もっとみる

あのとき思い切って日本を飛び出していなかったら。(その5)

VACANCY PROJECTがオープンした2016年の11月、米国大統領選挙が行われた。

8年間のオバマ政権によりアメリカの「自由と平等」の理念が実現されたあとの、露骨な白人主義であるドナルド・トランプ氏が当選。特に支持者の少ないニューヨークでは大統領選挙後、落胆のムードにあった。トランプ氏の政策の議論に結び付かない個人攻撃や、差別的でネガティブな発言が日々問題とされてデモや行進が絶えない毎日

もっとみる